創立100周年記念について

創立100周年記念イベント 2012年5⽉12⽇ 東京国際フォーラム(有楽町)

100周年を祝う会(ホールA)

開会前に全員で凝念

小学校・大場繁校長が登場し、「皆さんの力で、すばらしい会にしてゆくために、凝念で⼼をひとつにしましょう」という掛け声の後、全員で凝念しました。

司会

小学校、中学・高等学校、大学の在校⽣代表と中学・高等学校の跡部清教頭が協力して担当しました。少し緊張しながらも、堂々とした司会で会を盛り上げました。

成蹊太鼓

オープニングは小学校児童と、成蹊小学校を卒業した中高生、⼤学生、社会人で構成されたメンバーによる「成蹊太⿎」。100周年記念オリジナル曲を迫力⼀杯に演奏しました。

未来宣言

中学・高等学校の演劇部が制作・出演した「未来宣言」は、百年後の世界(未来)と百年前の世界(現代)が交差した情景が舞台。小学校の児童、大学の学生、各学校長も出演し、混迷した時代であっても成蹊学園で⼀人ひとりが成長していくというメッセージを込めました。

メニューページへ戻る

page top