成蹊学園史料館

大正自由教育 -新教育運動- 『新教育』 大正6年

雑誌名 コーナー タイトル 筆者
新教育 大正6 1 3 1 三色版口絵。揮畫三葉 相田直彦
新教育 大正6 1 3 1 論説 新年の辞 中村春二
新教育 大正6 1 3 1 論説 成蹊の教育主義と林子平の「父兄訓」 松居松葉
新教育 大正6 1 3 1 論説 ○と行 三浦修吾
新教育 大正6 1 3 1 論説 教育と暗示 小瀬松次郎
新教育 大正6 1 3 1 論説 家庭教育の重要と女子教育 東京高商専攻科 YM生
新教育 大正6 1 3 1 論説 強き国強き民 小林一郎
新教育 大正6 1 3 1 寄書 尊き小学校の教育 江見節男
新教育 大正6 1 3 1 寄書 所謂教育の革新に就て 高野薫
新教育 大正6 1 3 1 研究 尋常一年の綴方 桂田金造
新教育 大正6 1 3 1 家庭 食卓修養 芦笛山人
新教育 大正6 1 3 1 家庭 保元物語 かつら
新教育 大正6 1 3 1 家庭 意気込と結果 漢人幸政
新教育 大正6 1 3 1 雑録 千々岩瀬 三浦修吾
新教育 大正6 1 3 1 雑録 喜劇の一幕 北川
新教育 大正6 1 3 1 雑録 「女子作文への考え方、作り方及文例」を読む 栢野ヒサ
新教育 大正6 1 3 1 こんな事実    
新教育 大正6 1 3 1 日記 寄宿舎日記  
新教育 大正6 1 3 1 子供の心    
新教育 大正6 1 3 1 雁の便り    
新教育 大正6 1 3 1 広告    
新教育 大正6 1 3 1 付録 どう育てる? 中村春二
新教育 大正6 2 3 2 揮畫三葉 田中一良
新教育 大正6 2 3 2 論説 自立論 三浦修吾
新教育 大正6 2 3 2 寄書 共鳴録 執行助太郎
新教育 大正6 2 3 2 寄書 因襲模倣より脱せよ 望月○吉
新教育 大正6 2 3 2 研究 尋常一年の綴方 桂田金造
新教育 大正6 2 3 2 家庭 保元物語 かつら
新教育 大正6 2 3 2 家庭 玉王 漢人幸政
新教育 大正6 2 3 2 雑録 信濃の旅 北川
新教育 大正6 2 3 2 雑録 信濃紀行 藤井秋夫
新教育 大正6 2 3 2 子供の心 冬のやすみ  
新教育 大正6 2 3 2 雁の便り 信濃の空を憧れて 渋谷生
新教育 大正6 2 3 2 新刊紹介 「成蹊小学校の一年間」を読むご挨拶 三浦修吾
新教育 大正6 2 3 2 付録 旅の家苞 小瀬松次郎
新教育 大正6 3 3 3 揮畫三葉 相田直彦
新教育 大正6 3 3 3 論説 僧堂教育について 中村春二
新教育 大正6 3 3 3 論説 教育と宗教 三浦修吾
新教育 大正6 3 3 3 論説 ノート制度廃止論 村川堅固 平生○三郎 丸山秀三
新教育 大正6 3 3 3 論説 ノート廃止と教授法の改善 石坂○四郎
新教育 大正6 3 3 3 論説 ノート廃止とその先決問題 上田○二郎
新教育 大正6 3 3 3 論説 精神上より見たるノート制度 中村春二
新教育 大正6 3 3 3 研究 尋常一年の綴方 桂田金造
新教育 大正6 3 3 3 家庭 保元物語 かつら
新教育 大正6 3 3 3 雑録 徹底!徹底!徹底! 小瀬松次郎
新教育 大正6 3 3 3 雑録 信濃紀行 藤井秋夫
新教育 大正6 3 3 3 子供の心 冬のやすみ  
新教育 大正6 3 3 3 新刊紹介 「成蹊小学校の一年間」を読む 三浦修吾
新教育 大正6 3 3 3 新刊紹介 三浦修吾氏の「学校教師論」を読む 桂田金造
新教育 大正6 4 3 4 揮畫二葉 相田直彦
新教育 大正6 4 3 4 同 二葉 田代二見
新教育 大正6 4 3 4 論説 人と事業 三浦修吾
新教育 大正6 4 3 4 論説 心霊現象と教育 栗原古城
新教育 大正6 4 3 4 研究 心霊現象の研究 高島平三郎
新教育 大正6 4 3 4 研究 心霊雑話 村井弦斎
新教育 大正6 4 3 4 研究 心霊的教育について 松居松葉
新教育 大正6 4 3 4 研究 教育上より見たる精神療法 小瀬松次郎
新教育 大正6 4 3 4 研究 霊と教育 桂田金造
新教育 大正6 4 3 4 寄書 一息の感激を 田淵巌
新教育 大正6 4 3 4 寄書 予の憧憬せる学郷へ 萩原頼平
新教育 大正6 4 3 4 寄書 教育の悲劇 執行助太郎
新教育 大正6 4 3 4 寄書 如何に被教育者を愛し得るか 江見節男
新教育 大正6 4 3 4 寄書 教育者の目指す所 高野薫
新教育 大正6 4 3 4 家庭 保元物語 かつら
新教育 大正6 4 3 4 家庭 玉王 漢人幸政
新教育 大正6 4 3 4 雑録 此くの如き境遇にあるものは此際如何なる処置を取るべきか 秋田県冬期修養会 徳坊
新教育 大正6 4 3 4 雑録 小瀬先生に 未至磨大洲
新教育 大正6 4 3 4 雑録 一日生活の習慣  
新教育 大正6 4 3 4 新刊紹介    
新教育 大正6 5 3 5 表紙絵並口絵 相田直彦
新教育 大正6 5 3 5 揮畫一葉 田中一郎
新教育 大正6 5 3 5 論説 参観謝絶に就て 中村春二
新教育 大正6 5 3 5 論説 徹底と真実 三浦修吾
新教育 大正6 5 3 5 研究 幼児の教育 中川華舟
新教育 大正6 5 3 5 研究 教育上より見たる精神治療 小瀬松次郎
新教育 大正6 5 3 5 研究 生活の準備のための学校  
新教育 大正6 5 3 5 家庭 保元物語 かつら
新教育 大正6 5 3 5 家庭 玉王 漢人幸政
新教育 大正6 5 3 5 家庭 セシウスの話  
新教育 大正6 5 3 5 雑録 ざつろく ふくろう
新教育 大正6 5 3 5 雑録 近江に帰る記 北川
新教育 大正6 5 3 5 雑録 精神の勤務を精勤せよ 萩原頼平
新教育 大正6 5 3 5 雑録 別れた人々に 執行助太郎
新教育 大正6 5 3 5 子供の心    
新教育 大正6 5 3 5 雁の便り    
新教育 大正6 5 3 5 新刊紹介    
新教育 大正6 6 3 6 表紙絵 相田直彦
新教育 大正6 6 3 6 口絵藤の花 相田直彦
新教育 大正6 6 3 6 論説 人と職業 三浦修吾
新教育 大正6 6 3 6 研究 教育上より見たる精神治療 小瀬松次郎
新教育 大正6 6 3 6 研究 新しき試み 桂田金造
新教育 大正6 6 3 6 研究 エミールの教育法  
新教育 大正6 6 3 6 家庭 するが長者 漢人幸政
新教育 大正6 6 3 6 家庭 大きな石の顔  
新教育 大正6 6 3 6 家庭 学校より家庭へ 小瀬松次郎
新教育 大正6 6 3 6 雑録 西部戦線に於ける英軍 米田寛
新教育 大正6 6 3 6 雑録 悲しき個性 桂田金造
新教育 大正6 6 3 6 雑録 自己を誤ること 高野薫
新教育 大正6 6 3 6 雑録 自己の力を自ら発見せしめよ 朝比奈巴江
新教育 大正6 6 3 6 雑録 若葉の陰 栢野ヒサ
新教育 大正6 6 3 6 雑録 ヒル○ 中村春二
新教育 大正6 6 3 6 雁の便り    
新教育 大正6 6 3 6 新刊紹介    
新教育 大正6 7 3 7 口絵  
新教育 大正6 7 3 7 故興元文学士遺影  
新教育 大正6 7 3 7 興元文学士を弔ふ 宮本覚純
新教育 大正6 7 3 7 論説 教育者の資格 三浦修吾
新教育 大正6 7 3 7 研究 新しき試み 桂田金造
新教育 大正6 7 3 7 研究 精神治療 小瀬松次郎
新教育 大正6 7 3 7 研究 習字の授業に就て 中村春二
新教育 大正6 7 3 7 研究 エミールの教育法 田淵巌
新教育 大正6 7 3 7 家庭 学校より家庭へ 小瀬
新教育 大正6 7 3 7 家庭 睨みあへる家庭と学校 北川
新教育 大正6 7 3 7 家庭 セシウスの話 つづき
新教育 大正6 7 3 7 雑録 碧巌提唱より参観謝絶論に及ぶ 厚見純明
新教育 大正6 7 3 7 雑録 教育の煩悶 原口潮花
新教育 大正6 7 3 7 雑録 小鳥の死 かつら
新教育 大正6 7 3 7 雑録 最も警戒を要する時 三浦修吾
新教育 大正6 7 3 7 雑録 バリーより  
新教育 大正6 7 3 7 新刊紹介 付録 興元文学士を弔ふ  諸氏
新教育 大正6 7 3 7 新刊紹介 甲斐紀行 藤井秋夫
新教育 大正6 8 3 8   口絵 塔 相田直彦
新教育 大正6 8 3 8   揮畫二葉 田中一郎
新教育 大正6 8 3 8 論説 如何なる人間を教養すべきか 中村春二
新教育 大正6 8 3 8 研究 新しき試み(続) 桂田金造
新教育 大正6 8 3 8 研究 暗示の大要 中川華舟
新教育 大正6 8 3 8 家庭 面白き植物の話 細野浩三
新教育 大正6 8 3 8 家庭 寝太郎物語 かつら
新教育 大正6 8 3 8 家庭 学校より家庭へ 小瀬松次郎
新教育 大正6 8 3 8 寄書 愛と教育 富田照
新教育 大正6 8 3 8 寄書 教育か教殺か 萩原頼平
新教育 大正6 8 3 8 雑録 督見録 三浦修吾
新教育 大正6 8 3 8 雑録 夏の二題 あつみ
新教育 大正6 8 3 8 雑録 我観録  執行助太郎
新教育 大正6 8 3 8 雑録 汝の運命を喜べ 諸氏
新教育 大正6 8 3 8 雑録 成蹊学校だより ふくろう
新教育 大正6 8 3 8 雑録 成蹊女学校日誌  
新教育 大正6 8 3 8 雑録 箱根だより  
新教育 大正6 8 3 8 雑録 新刊紹介  
新教育 大正6 9 3 9   口絵  
新教育 大正6 9 3 9   揮畫三葉 田中一良
新教育 大正6 9 3 9 論説 照顧脚下 中村春二
新教育 大正6 9 3 9 寄書 教育者変人論 埋木庵主人
新教育 大正6 9 3 9 寄書 無の教育 那須時夫
新教育 大正6 9 3 9 寄書 今の教育者の態度 望月○吉
新教育 大正6 9 3 9 研究 新しき試み(続) 桂田金造
新教育 大正6 9 3 9 研究 孔央子の教育 内野台嶺
新教育 大正6 9 3 9 家庭 学校より家庭へ 小瀬松次郎
新教育 大正6 9 3 9 家庭 面白き植物の話 細野浩三
新教育 大正6 9 3 9 家庭 セシウスの話  
新教育 大正6 9 3 9 雑録 箱根行き 北川
新教育 大正6 9 3 9 雑録 風教上の一問題 厚見
新教育 大正6 9 3 9 雑録 新教育七月号を読みて 石河覚○
新教育 大正6 9 3 9 雑録 心霊号を読みて 竹下辰次郎
新教育 大正6 9 3 9 雑録 思い出と感謝 流光生
新教育 大正6 9 3 9 雑録 成蹊教育会記事  
新教育 大正6 10 3 10 口絵  
新教育 大正6 10 3 10 夕づづ 相田直彦
新教育 大正6 10 3 10 論説 中学校当事者に寄す 流光生
新教育 大正6 10 3 10 論説 忠君の念 渋谷光長
新教育 大正6 10 3 10 研究 新しき試み(続) 桂田金造
新教育 大正6 10 3 10 研究 子供と芝居 松居松葉
新教育 大正6 10 3 10 家庭 学校より家庭へ 小瀬松次郎
新教育 大正6 10 3 10 家庭 面白き植物の話 細野浩三
新教育 大正6 10 3 10 家庭 喜びの帰郷 四方文吉
新教育 大正6 10 3 10 家庭 セシウスの話  
新教育 大正6 10 3 10 雑録 成蹊小学校の作業に加わりて 大石啓作
新教育 大正6 10 3 10 雑録 四日間の僧堂生活 芦笛
新教育 大正6 10 3 10 雑録 ○原ゆき 北川
新教育 大正6 10 3 10 雑録 死問活答 あつみ
新教育 大正6 10 3 10 雑録 夏の学校行事  
新教育 大正6 10 3 10 雑録 成蹊女学校日誌 栢野ヒサ
新教育 大正6 11 3 11 表紙畫 田中一良
新教育 大正6 11 3 11 揮畫(暴風過く) 松野芳雄
新教育 大正6 11 3 11 論説 我等の態度 中村春二
新教育 大正6 11 3 11 論説 教育者としての努力 三浦修吾
新教育 大正6 11 3 11 研究 新しき試み  桂田金造
新教育 大正6 11 3 11 研究 暴風雨のたまもの 小瀬松次郎
新教育 大正6 11 3 11 研究 子供の心 執行助太郎
新教育 大正6 11 3 11 研究 芝居と子供 松居松葉
新教育 大正6 11 3 11 家庭 ○原夜話 あしぶえ
新教育 大正6 11 3 11 家庭 お姫様の生い立ち 筑紫二郎
新教育 大正6 11 3 11 雑録 そのおりおり 北川
新教育 大正6 11 3 11 雑録 家の教師として 田淵巌
新教育 大正6 11 3 11 雑録 停学処分に就きて 流光生
新教育 大正6 11 3 11 雑録 死問葛藤 アツミ
新教育 大正6 11 3 11 雑録 暴風雨の後に なかむら
新教育 大正6 11 3 11 雑録 暴風雨の前後 ふくらう
新教育 大正6 11 3 11 雑録 東八代郡支部会記 同人
新教育 大正6 11 3 11 雑録 鹿野山二十紀 ○如石
新教育 大正6 11 3 11 雑録 断食の感想 専門学校
新教育 大正6 11 3 11 雑録 新刊紹介 三浦
新教育 大正6 11 3 11 雑録 成蹊女学校日誌 栢野ヒサ
新教育 大正6 11 3 11 付録 思あまりて 中村春二
新教育 大正6 12 3 12 表紙口絵 田中一良
新教育 大正6 12 3 12 揮畫 松野芳雄
新教育 大正6 12 3 12 論説 教ふる人学ぶ人 三浦修吾
新教育 大正6 12 3 12 研究 新しき試み 桂田金造
新教育 大正6 12 3 12 研究 子供の心 丸山鋭雄
新教育 大正6 12 3 12 研究 児童と芝居 松居松葉
新教育 大正6 12 3 12 家庭 好き嫌い 三浦修吾
新教育 大正6 12 3 12 家庭 お猿とお爺と娘 かつら
新教育 大正6 12 3 12 寄書 女教師のこの一語 二宮鷹峰
新教育 大正6 12 3 12 寄書 厳格と束縛と 那須時夫
新教育 大正6 12 3 12 雑録 教育者の楽しみ 小瀬松次郎
新教育 大正6 12 3 12 雑録 夏の学校で教わった事 高野董
新教育 大正6 12 3 12 雑録 箱根行き 栢野ヒサ
新教育 大正6 12 3 12 雑録 新刊書のはなし  

【お問い合わせ先】
成蹊学園史料館
住所:〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422-37-3994 MAIL:archives@jim.seikei.ac.jp

戻る

page top