成蹊教育のモノコト

校歌(成蹊の歌)

1927(昭和2)年、浅野孝之旧制成蹊高等学校長が東京音楽学校に作曲を依頼し、志田義秀作詞、信時潔作曲による「成蹊の歌」ができあがりました。その後この歌は式典その他の席上で歌われるようになり、校歌となりました。原譜は現在、学園史料館に保存されています。
信時潔は有名な「海ゆかば」などの日本歌曲の作曲家で、1923(大正9)年作曲法研究のためドイツに渡り、帰国後、1923(大正12)年には東京音楽学校教授に就任し、多数の有能な音楽家を育てあげました。
志田義秀(素琴)は松尾芭蕉の研究家で、成蹊学園の創立者中村春二の東大国文科時代の親しい友人でした。1925(大正14)年旧制成蹊高等学校創設と同時に教授として就任しました。素琴の句碑がキャンパス内にありますが、これは氏の学徳を慕う人々が発起人となって1941(昭和16)年に建てられたものです。

成蹊校歌 作詞 志田義秀/作曲 信時潔

  • 1 土の育くむ 武蔵原野の林 空を限りて 秩父連峰走る 聞けよ吾等が 心力歌の生命 この地この歌 吾等讃えん その名 おお成蹊
  • 2 昨日の吾を 超えし輝き尊し 吾が野に萌ゆる 草の語るに聞かずや 白光の空 高くそそる筑波と 共に向上の 吾等の姿 その名 おお成蹊
  • 3 宇(いえ)は大なり 母校成蹊の宇(いえ) 一つに集ふ 族(うから)吾等の園の 愛の象徴 井の頭の泉よ 陽は野の上に 吾等の上に その名 おお成蹊

CD成蹊のうた

曲  目
:チャイム・校歌・太陽の子・箱根寮の歌・山の友によせて・若草薫る・波佐間のうた・膚を濡らす・校歌(演奏)・こころの力第1章
演  奏
:成蹊大学管弦楽団
合  唱
:成蹊大学グリークラブ・成蹊大学混声合唱団
頒布価格
:卒業生 1,000円 その他 1,500円(送料とも)
申し込み
:100円切手または200円切手1,000円(1,500円)分を一般社団法人成蹊会宛に送付 (〒180-8633 武蔵野市吉祥寺北町3-3-1)
問合せ先
:0422-51-2244(成蹊会)
URL
http://www.seikei-alumnet.jp/

メニューページへ戻る

page top