成蹊学園には、ハラスメント相談員がいます。

お子さんがいじめや差別、ハラスメントなどの被害にあっている可能性に気づいた時には、まず担任の先生に相談してみることをすすめてあげるとよいでしょう。ただし、それが難しい場合や望ましくないと感じられた場合には、できるだけお子さんの了承を得た上で、親御さんから担任の先生もしくはハラスメント相談員に相談していただくことができます。ハラスメント相談員には、専門相談員と学内相談員がいます。最も相談しやすいと思う相談員に相談してください。

  • 専門相談員

    成蹊学園が委託する専門のカウンセラーが相談員となります。

    • 高山直子(たかやま なおこ): 火曜日
    • 海原 由佳(かいばら ゆか): 木曜日
    • 受付方法:電話、電子メールで受け付け、面談の日時を決めます。
    • 相談室開室日時:毎週 火曜日、木曜日 11時~18時
    • 電話:0422-37-3985(上記時間帯のみ)
    • E-mail:専門相談員アドレス
      • ※相談については面談を原則とします。
      • ※匿名でも相談できます。ただし、具体的な解決手続をとることが必要となった段階では、氏名、所属等の確認が必要となります。
      • ※被害を受けた当事者だけでなく、その当事者から相談を受けた人、ハラスメント行為を目撃した人も相談することができます。
  • 学内相談員(ハラスメント防止委員会委員)

    専門相談員への取次ぎを行います。小学校、中学校、高等学校の先生にも1名ずつ担っていただいていますので、その先生に相談することもできます。

    相談者の希望などにより、学内相談員が相談員となることもあります。

  • 上記の相談員が不在等で連絡がつかない場合、以下の窓口にて取次ぎを依頼することができます。

    > 相談受付窓口
    小学校、中学・高等学校、大学の各保健室、総務部総務課、健康支援センター、学生相談室
    > 利用方法
    氏名、連絡先等を記載したものを封筒に入れて窓口に提出してください。
    窓口から相談員に迅速に取り次ぎます。
  • プライバシー保護・不利益取扱いの防止について

    相談や問題解決に関して、相談員及びハラスメント防止委員会が知った内容は漏れることがないよう厳重に取り扱うとともに、当事者のプライバシー及び名誉を守ります。また、相談者や証言者が報復、脅迫、その他の不利益な取扱いを受けないように配慮します。これらの不利益な取扱いが行われた場合には、厳格に対処します。

  • 問題解決のために第三者の方にヒアリングすることがあります。

    問題解決に向けて、具体的な措置をとる場合には、事実確認に際し第三者の方に事情を伺うことがあります。ヒアリングによってハラスメント防止委員会が知り得た情報は漏れることがないよう厳重に取り扱うとともに、証言者のプライバシーを守ります。また、証言者が報復、脅迫、その他の不利益な取扱いを受けないように配慮します。

お問合せ先
成蹊学園総務部総務課 ハラスメント防止委員会事務局
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

戻る

page top