• 成蹊学園のハラスメントに関する取り組み
  • 大学生・院生の皆様へ
  • 中学生・高校生の皆様へ
  • 小学校から高校までの保護者の皆様へ
  • 教職員の皆様へ
  • ハラスメントに関する資料

ハラスメントに関するQ&A

大学生・院生の皆様へ

Q1 セクシュアル・ハラスメントとは?

相手方の意に反する性的言動により、相手方に不快感や不利益を与え、または教育・研究及び学習環境を悪化させることをいいます。
例えば、以下のようなケースが問題になることがあります。

  • ・指導教員が卒論指導で研究室に呼び、特別に指導するからと性的な関係を迫る。断わったらゼミで個人攻撃をする
  • ・クラブの顧問が、デートに応じれば試合に出場させると言う
  • ・コンパの席で男性(女性)の横に女性(男性)を座らせ、お酌をさせる
  • ・授業中、教員が授業の内容と関係のない性的な話をする
  • ・女性である(男性である)という理由だけで、仕事や研究学習上の実績を不当に低く(高く)評価し、役割分担を決める
  • ・「異性関係がだらしない」などの噂を流す
  • ・性的な内容の電話をかけたり、手紙やE-mailを送りつける
  • ・挨拶代わりに肩をたたく
  • ・「女(男)らしくない」「男(女)のくせに」という
  • ・「ミニスカートが似合うね」と言う
  • ・相手の気持ちも考えずに「恋人はいるの?」などとたずねる
  • ・イベント(レガッタ等)などで女性にお弁当づくりをさせる
  • ・クラブやサークルなどで、周りのことを気にせずに性的な冗談や話をする
  • ・「胸が大きい」など身体に関することを言ったり、個人的な性体験をきく
  • ・名前を呼ばないで「おじさん」、「おばさん」と呼ぶ
  • ・研究室などのパソコンにアダルトページの画面を放置したままにする
  • ・セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)に差別的なことを言う
Q2 アカデミック・ハラスメントとは?

教育・研究上の地位や人間関係などの優位性を背景に、教育・研究上の適正な範囲を超えて、相手に精神的・身体的苦痛を与えること、又は教育・研究環境を悪化させることをいいます。
例えば、以下のようなケースが問題になることがあります。

  • ・「お前は馬鹿だ」と罵倒したり、「こんな論文を見るのは時間の無駄だ」などと言い、精神的に虐待する
  • ・心身の健康を害する可能性があるような不当な課題を出す
  • ・文献・図書や機器類を使わせないという手段で、研究遂行を妨害する
  • ・放任主義と称して、研究指導やアドバイスをしない
  • ・不当に低い評価をしたり、単位を与えない
  • ・研究と無関係な雑用を押し付ける
  • ・研究成果やアイディアを流用する
  • ・本人の意に反する研究計画や研究テーマを強要する

中学生・高校生の皆様へ

Q1 具体的にセクハラにはどんなことがあるの?

行為者にその気はなくても、相手が不愉快と感じた場合、セクシュアル・ハラスメントになります。中学や高校で起こりやすいセクシュアル・ハラスメントとしては、次のようなケースが考えられます。

  • ・クラブ内で先輩が後輩に、地位が上であることを利用して「付き合え」と誘う。
  • ・セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)に差別的なことをいう。
  • ・校内にヌード写真を持ち込んだり、いやらしい言葉、からだに関するからかいの言葉を頻繁に言う。
Q2 "男のくせに" "女らしく"というのもセクハラになるの?

「男のくせに」とか「女らしく」という表現も、一つの固定化した概念を相手に押し付けることになり、これをジェンダー・ハラスメントと呼びます。こうした固定的な考え方をすることがセクシュアル・ハラスメントを生み出す土壌になります。力仕事は男子、掃除当番は女子というような役割の決め方をすれば、それもジェンダー・ハラスメントとなります。

Q3 体重をきかれたり、胸が大きいとかいわれます。これってどうにかならないの?

悪意はなくても、相手が気にしている身体的特徴をことさらに表に出すのはセクシュアル・ハラスメントになります。自分が不快に感じていることを相手に伝えて、それでも改まらない場合は一人で悩んでいないで相談してください。

Q4 先生が授業中に髪の毛や肩に触るの、イヤなんです!

スキンシップのつもりで、先生が生徒の髪の毛や肩に触ることがあるかもしれません。しかし、生徒が不快と感じれば、それはセクシュアル・ハラスメントになります。はっきりと“やめてください”と意思表示し、改まらない場合は相談してください。

Q5 友だちがいじめを受けているのを見たとき、どうしたらいい?

気の合う仲間だけでグループを作ったり、目立つ人をいじめの対象にしたりするケースがありますが、グループの誰かがいやがらせをしている場合、注意すると仲間はずれになるかもという危惧から、見て見ぬ振りをしがちです。しかし、それは自分自身もハラスメントの加害者になることを意味します。一人で悩んだり、自分の中に閉じこもったりしないで、先生やハラスメント相談員に相談してください。

小学校から高校までの保護者の皆様へ

Q1 小学校にセクハラってあるの?

小学校では無邪気ないたずらの範疇に入るものがほとんどです。しかし、時として相手の気持ちを無視した行為や言葉だったりするときに、セクハラ的な要素が発生します。

Q2 "○○が好きなんだ"って、言いふらされることがよくありますが?

噂をたてた人にとっては悪気のない言動であっても、噂をたてられた児童は傷ついている場合があります。相手を思いやる気持ちを育むことは、セクシュアル・ハラスメントを起こさないために必要なことです。

Q3 いやがらせや仲間はずれも、セクハラになるの?

身体的な特徴でいやがらせや仲間はずれにすることが将来のセクシュアル・ハラスメントの芽となることがあります。

Q4 スカートめくりってセクハラになるの?

心身が発達していく過程で、好奇心から、あるいは注意を引きたいために、スカートめくりを行うことがあります。この段階ではいたずらであり、必ずしもセクシュアル・ハラスメントとはいえないかもしれません。しかし、相手がいやがっている場合は、相手の気持ちを思いやる必要があります。相手の気持ちを無視してこのような行為を続けることも将来のセクシュアル・ハラスメントの芽になりかねません。

Q5 子どもから自分が感じた不快な感情や被害のことを伝えられたらどう対応すればよいですか?

お子さんの発言や表情、態度などにより、お子さんの気持ちをしっかりと受け止め、お子さんに共感し、安心させることが何よりも大切であり、テレビを見ながら片手間に聞くようなことは避けなければなりません。まず、しっかりと話を聴き、そのうえで、どのような方策を講ずればよいかを、お子さんと一緒に考えるようにしてください。
お子さんの発言を受け止めずに、「考えすぎよ、変な子ね」とか「先生(友達)がそんなことするはずないでしょ」とか「それは、あなたがかわいがられているからじゃないの」などと言って訴えをさえぎってしまえば、お子さんは固く口を閉ざしてしまうかもしれません。また、「お前にも隙があるんじゃないの」とか「そんなかっこうをしているからよ」(または「いやだっていわないからよ」)などとお子さんに責任があるような発言をすれば、お子さんをさらに追い込むことになってしまいます。
お子さんは、言葉だけでなく、表情や態度で訴えかけてくることもあります。集中力低下や睡眠リズムの変化、学業成績の急激な低下、対人関係の変化などがSOSのサインとして表れることもあります。

Q6 "男のくせにめそめそしない"とか"女なんだから最後まで掃除しなさい"とか言ってはいけないの?

このような表現が激励の意味で使われることは少なくないと思いますが、相手はそう決めつけられて悲しい思いをしているかもしれません。「男のくせに」とか「女らしく」という表現は、一つの固定化した概念を相手に押し付けることになり、これをジェンダー・ハラスメント(性差別)と呼びます。力仕事は男子、掃除当番は女子というような役割の決め方をすれば、それもジェンダー・ハラスメントとなります。こうした固定的な考え方をすることがセクシュアル・ハラスメントを生み出す土壌になります。このような発言を先生が行ってはならないのはもちろんですが、ご家庭での言動にも注意が必要です。

Q7 友だちがハラスメントを受けているのを見た時、どうしたらいい?

気の合う仲間だけでグループを作ったり、目立つ人をいじめの対象にしたりするケースがありますが、グループの誰かがいやがらせをしている場合、注意すると仲間はずれになるかもという危惧から、見て見ぬ振りをしがちです。しかし、それはハラスメントに加担することを意味しますので、お子さんが一人で悩んでいるようでしたら一緒に考えてあげ、必要であれば担任の先生やハラスメント相談員などに相談するようにアドバイスしてください。

Q8 通学途上で見ず知らずの人から受けた行為についても相談できますか?

痴漢行為や性被害を受けた場合は、安全な環境の確保と心のケアが必要です。まずお子さんの話をしっかり受け止めて聞き、守ってあげるから大丈夫と安心させてください。その上で、担任の先生やハラスメント相談員などにその後の対応策をご相談ください。

Q9 うちの子にいじめやセクハラのことを、どう話せばいいの?

相手の人格を否定するような言動はしない、ということが基本です。お子さんに相手の気持ちになって考えることの大切さを教えてください。童話やテレビのニュースなど、身近にあるものが教材になります。

教職員の皆様へ

Q1 セクシュアル・ハラスメントとは?

相手方の意に反する性的言動により、相手方に不快感や不利益を与え、または教育・研究、学習及び職場環境を悪化させることをいいます。
例えば、以下のようなケースが問題になることがあります。

  • ・指導教員が卒論指導で研究室に呼び、特別に指導するからと性的な関係を迫る。断わったらゼミで個人攻撃をする
  • ・クラブの顧問が、デートに応じれば試合に出場させると言う
  • ・コンパの席で男性(女性)の横に女性(男性)を座らせ、お酌をさせる
  • ・授業中、教員が授業の内容と関係のない性的な話をする
  • ・女性である(男性である)という理由だけで、仕事や研究学習上の実績を不当に低く(高く)評価し、役割分担を決める
  • ・「異性関係がだらしない」などの噂を流す
  • ・性的な内容の電話をかけたり、手紙やE-mailを送りつける
  • ・挨拶代わりに肩をたたく
  • ・「女(男)らしくない」「男(女)のくせに」という
  • ・「ミニスカートが似合うね」と言う
  • ・相手の気持ちも考えずに「恋人はいるの?」などとたずねる
  • ・イベント(レガッタ等)などで女性にお弁当づくりをさせる
  • ・クラブやサークルなどで、周りのことを気にせずに性的な冗談や話をする
  • ・「胸が大きい」など身体に関することを言ったり、個人的な性体験をきく
  • ・名前を呼ばないで「おじさん」、「おばさん」と呼ぶ
  • ・研究室などのパソコンにアダルトページの画面を放置したままにする
  • ・セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)に差別的なことを言う
Q2 アカデミック・ハラスメントとは?

教育・研究上の地位や人間関係などの優位性を背景に、教育・研究上の適正な範囲を超えて、相手に精神的・身体的苦痛を与えること、又は教育・研究環境を悪化させることをいいます。
例えば、以下のようなケースが問題になることがあります。

  • ・「お前は馬鹿だ」と罵倒したり、「こんな論文を見るのは時間の無駄だ」などと言い、精神的に虐待する
  • ・心身の健康を害する可能性があるような不当な課題を出す
  • ・文献・図書や機器類を使わせないという手段で、研究遂行を妨害する
  • ・放任主義と称して、研究指導やアドバイスをしない
  • ・不当に低い評価をしたり、単位を与えない
  • ・研究と無関係な雑用を押し付ける
  • ・研究成果やアイディアを流用する
  • ・本人の意に反する研究計画や研究テーマを強要する
Q3 パワー・ハラスメントとは?

職務上の地位や人間関係等の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、相手に精神的・身体的苦痛を与えること、または職場環境を悪化させることをいいます。
例えば、以下のようなケースが問題になることがあります。

  • ・「使えない奴だ」「さっさと辞めてしまえ」などと人格を貶める発言をする
  • ・正当な理由なく、過剰な業務を課し、時間外の労働を強いる
  • ・みせしめのために特定の者を攻撃し、周囲を萎縮させて支配力を得ようとする
  • ・時間外の付き合いを強要。拒否すると「付き合いが悪い奴」と嫌味を言い続ける
  • ・仕事のやり方を教えず、ミスすると不当に責める
  • ・仕事に必要な情報を意図的に与えない
  • ・正当な理由なく、仕事を取り上げ、雑用だけをさせる
Q4 マタニティ・ハラスメント、パタニティ・ハラスメント、ケア・ハラスメントとは?

職場において行われる上司・同僚からの言動(妊娠・出産したこと、育児・介護休業の利用に関する言動)により、妊娠・出産した「女性労働者」や育児・介護休業を申出・取得した「男女労働者」等の就業環境が害されることをいいます。
例えば、以下のようなケースが問題になることがあります。

   
  • ・「妊娠するなら忙しい時期を避けるべきだった」と言う
  • ・「妊婦はいつ休むかわからないから仕事は任せられない」と言う
  • ・部下に産前休業の取得を相談され、「休みをとるなら辞めてもらう」と言う
  • ・部下に妊娠を報告され、「他の人を雇うので早めに辞めてもらうしかない」と言う
  • ・「男のくせに育児休業をとるなんてあり得ない」と言う
  • ・同僚の介護休業希望を知り、「自分なら請求しない、あなたもそうすべき」と言う
  • ・部下に時間外労働の免除について相談され、「次の査定の際は昇進しないと思え」と言う

お問合せ先
成蹊学園総務部総務課 ハラスメント防止委員会事務局
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

戻る

page top