ハラスメント相談と申し立てのすすめ方は?

ハラスメント相談を開始してから、その後、どのようなプロセスを経るのかについての全体像を示しました。このプロセスには、(1)ハラスメント相談員に相談する段階、(2)専門相談員を経て、ハラスメント防止委員会への申し立てを行い、必要な措置を希望する段階、があります。いずれのプロセスにおいても、個人情報保護および不利益取り扱いの防止が最大限に重視され、相談者の情報は第三者に無断で知られることのないよう厳重に扱われます。なお、(3)相談をする前に自分でできる工夫についても紹介しておきますので、もし実施可能な状況であれば、参考にしてください。

  • ハラスメント相談の全体プロセス

    • (1)ハラスメント相談員への相談

      まずは、ハラスメント相談員に相談する段階です。専門相談員に直接相談することもできますし、学内相談員にまず相談してみることもできます。あなたが不快に感じている行為が、ハラスメントかどうかが明確でない時でも、相談することができます。相談は、あなたがハラスメントと感じる行為に対して、あなたの取れる対処法を一緒に検討する機会にもできます。また、ハラスメント相談員に相談したからといって、必ずしも申し立ての段階にすすむわけではありません。

      申し立てを行うかどうかについて話し合った上で、あなたが希望した場合に申し立ての段階にすすみます。その際にも、誰に、どのようなことを、どのように伝えるのかについて、相談員があなたの了承を得ながら、相談や申し立てをすすめていきます。そのため、相談員に相談したからといって、あなたに無断で、その相談内容が他の人(加害者はもちろん、ハラスメント防止委員会委員も含めて)に通知されることはありません。

    • (2)問題解決に向けた手続き

      相談員との相談や相談員からの助言だけでは解決に至らない場合には、ハラスメント防止委員会へ申し立てを行う段階にすすみます。この段階では、次のような4つの解決手続(通知、調整、調停、調査)を希望することができます。こうした申し立てを行う際にも、プライバシーは厳守され、情報開示の範囲と伝達する内容について相談者本人に承諾を得ながら、申し立てがすすめられます。その後、申し立てを受けたハラスメント防止委員会では、必要な解決手続について検討がなされます。検討された具体的な手続きについては、相談者本人に伝え、その承諾を得た上で、実施します。なお、相談者本人が希望する場合には、手続きの結果についての報告が行われます。

      なお、こうした相談や申し立て(問題解決)に関して、相談員及び本委員会が知り得た情報は漏れることがないよう厳重に取り扱われます。また、相談者や証言者が報復、脅迫、その他の不利益な取扱いを受けないように配慮します。これらの不利益な取扱いが行われた場合には、厳格に対処します。

      • 相談者から被害申し立てがあったことを本委員会が被申立人に対して伝え、注意を喚起することをいいます。通知は、原則として相談者が特定されないよう匿名で行うものとし、相談者の安全とプライバシーの保護のために最大限の配慮を行います。
      • 相談者及び被申立人双方の立場を本委員会が公平に調整して、問題の解決を図ることをいいます。調整による解決が必要であると認められる場合には、教育・研究環境、学生生活環境の改善と相談者の救済につき、適切な立場の者ととられるべき措置について協議します。
      • 調停委員会が調停案を作成・提示することによって、相談者の権利回復を目的とする当事者間の協議を援助し、問題の解決を図ることをいいます。
      • 相談に関し、その事実確認、通知、調整及び調停による救済措置等が困難である場合、相談者の申し立てにより、ハラスメントの存否について本委員会が調査を行い、その結果に基づき、必要な措置をとることをいいます。
    • (3)相談前に自分でできる工夫

      ハラスメントにあったと感じたときは、言葉や態度で相手に不快だという意思表示をしましょう。あなたの気持をはっきりと相手方に伝えることが解決につながることもあります。ただし、意思表示が難しい場合もあるでしょう。その時は、その場にとどまり続けず、すぐに離れるようにしてください。あなたが受けた不快な行為や嫌がらせについて、日時、場所、発言内容、行為の回数などを可能であれば明確に記録しましょう。一人で抱え込まずに、信頼できる誰かに早めに相談してみることが必要です。ハラスメント相談員はあなたの気持ちを受け止めながら対処法を一緒に考えていきます。

      1. 言葉や態度で相手に自分の意思を示しましょう。
      あなたの気持ちをはっきりと相手方に伝えることが解決につながることもあります。意思表示ができない場合は、我慢せず、その場を離れましょう。
      2. 誰か信頼できる人に相談しましょう。
      家族や友人、先生、上司、先輩など、信頼できる人に相談してみましょう。あなた一人で悩んでいても、相手の行為はエスカレートするばかりで、決して良い結果は生まれません。
      3. 具体的な記録を残しましょう。
      あなたが受けた不快な行為や性的な嫌がらせについて、日時、場所、発言内容、行為の回数などをできるだけ明確に記録しておきましょう。後々、役に立ちます。

お問合せ先
成蹊学園総務部総務課 ハラスメント防止委員会事務局
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

戻る

page top