成蹊学園
トップページ > エネルギー消費状況 > エネルギー消費状況 2011年度

エネルギー消費状況 2011年度※エネルギー消費状況データは、成蹊学園全体の数値です。

2011年度のエネルギー消費解説

ISO14001認証取得によりエネルギー使用量削減活動を行っています。
電気・ガス・水道使用量については、2008〜2010年度実績の平均値に対し3年間(2011〜2013年度)で1%削減(3年平均)という削減目標を設定しています。
2011年度は、電気及びガス使用量は基準値に対し、1%以上削減できました。3月11日の東日本大震災以後、照明・空調利用の抑制を徹底したことが、主たる達成要因と思われます。一方、水道使用量は、基準値を上回る結果となりました。学園では現在、原因究明と共に節水の更なる強化に努めています。

電気使用量(kWh)

建物やグラウンドの証明や冷暖房設備(一部)に使用しています。2011年度は、2008〜2010年度の平均値に対し、10.0%削減しました。
年間使用量 10,440,888kWh(基準値 11,603,958kWh)

4月 5月 6月 7月 8月 9月
652,596 781,486 897,442 967,213 759,623 802,608
10月 11月 12月 1月 2月 3月
876,355 880,648 995,881 979,661 944,292 903,083

※お願い ○使用していない教室などの照明はこまめに消しましょう。
○皆さんが使う電気は間接的に二酸化炭素を発生させています。一人ひとりの行動が地球温暖化防止になります。

ガス使用量(m3

冷暖房設備のほとんどはガス(GHP方式)を使用しています。2011年度は、2008〜2010年度の平均値に対し、17.9%削減しました。
年間使用量 542,320m3(基準値 660,447m3

4月 5月 6月 7月 8月 9月
29,016 25,705 49,627 71,294 34,912 50,149
10月 11月 12月 1月 2月 3月
27,058 30,454 54,003 55,535 63,394 51,173

※お願い ○使用していない教室などの空調はこまめに消しましょう。
○ガスは燃える時に二酸化炭素を発生させています。
運転効率の良い温度で使用することで地球温暖化防止になります。クールビズ、ウォームビズにご協力下さい。

水道使用量(m3

各学校にある建物や食堂の水として使用しています。学園では、食品衛生法に関わる食堂施設のみに一般の水道水(武蔵野市水)を使用しています。食堂施設以外で使用する水は井戸水を水道衛生基準に基づき滅菌して使用しています。2011年度は、2008〜2010年度の平均値に対し、11.7%増加しました。
年間使用量 257,930m3(基準値 230,845m3

4月 5月 6月 7月 8月 9月
20,753 22,646 23,609 25,115 21,272 21,829
10月 11月 12月 1月 2月 3月
23,638 22,956 22,439 183,00 18,312 17,061
トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp