成蹊学園
トップページ > エネルギー消費状況 > エネルギー消費状況 2012年度

エネルギー消費状況 2012年度※エネルギー消費状況データは、成蹊学園全体の数値です。

2012年度のエネルギー消費解説

ISO14001認証取得によりエネルギー使用量削減活動を行っています。
電気・ガス・水道使用量については、2008〜2010年度実績の平均値に対し3年間(2011〜2013年度)で1%削減(3年平均)という削減目標を設定しています。
2012年は、電気及びガス使用量は基準値に対して1%以上削減できました。電気は、東日本大震災以降の節電の取り組みが継続されているため、減少しました。ガスは、大学の教室棟用の空調熱源をガス式から電気式に改修したため減少しました。一方、水道使用量は、基準値を上回る結果となりました。原因は、工事用散水および埋設給水管からの漏水です。

電気使用量(kWh)

建物やグラウンドの証明や冷暖房設備(一部)に使用しています。2012年度は、2008〜2010年度の平均値に対し、4.0%削減しました。
年間使用量 11,143,173kWh(基準値 11,603,958kWh)

4月 5月 6月 7月 8月 9月
838,585 880,655 924,362 1,076,196 887,860 902,985
10月 11月 12月 1月 2月 3月
961,196 960,667 1,005,522 1,020,645 898,327 786,073

※お願い ○使用していない教室などの照明はこまめに消しましょう。
○皆さんが使う電気は間接的に二酸化炭素を発生させています。一人ひとりの行動が地球温暖化防止になります。

ガス使用量(m3

冷暖房設備のほとんどはガス(GHP方式)を使用しています。2012年度は、2008〜2010年度の平均値に対し、20.5%削減しました。
年間使用量 525,115m3(基準値 660,447m3

4月 5月 6月 7月 8月 9月
30,478 27,365 36,962 55,864 43,559 51,336
10月 11月 12月 1月 2月 3月
31,057 45,657 52,207 60,001 54,862 35,767

※お願い ○使用していない教室などの空調はこまめに消しましょう。
○ガスは燃える時に二酸化炭素を発生させています。
運転効率の良い温度で使用することで地球温暖化防止になります。クールビズ、ウォームビズにご協力下さい。

水道使用量(m3

各学校キャンパスにある建物や食堂の水として使用しています。2012年度は、2008〜2010年度の平均値に対し、2.1%削減しました。
年間使用量 225,954m3(基準値 230,845m3

4月 5月 6月 7月 8月 9月
21,010 18,145 20,530 18,363 20,906 23,512
10月 11月 12月 1月 2月 3月
27,484 26,252 13,854 11,726 13,169 11,003
トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp