成蹊小学校
トップページ > 小学校の活動報告

小学校の活動報告

環境教育・研究活動

現在の小学校教育は、全教科・領域の中に環境教育に関わる教材が用意され、6年間のカリキュラムの中に縦断的・横断的に配列される時代になっています。
成蹊小学校では、こうした教科書教材による学習ばかりでなく、社会科・理科・「こみち」科(栽培・情報・読書・家庭生活などを包含した教科)などの教科で、学園内の自然環境、ライフライン供給路、ごみ処理施設などを題材にした独自の教材開発を行い、環境教育に資する特色あるカリキュラムとなるよう位置づけています。

環境に配慮した諸活動

教育活動 1915年開校以来の伝統を持つ園芸学習は、現在でも校内の畑や学園馬場横の小学校園芸場を利用した全学年による野菜作りとして継承されています。やきいも大会で出る草木灰や学園馬場から出る馬糞を用いた土づくりに始まる栽培活動は、有機栽培の野菜の収穫から調理までの一貫した食農教育の重要な柱となっています。
美化活動 児童の自治活動組織「学校桃の会」では、年間を通して小動物の飼育や花壇の世話、校内清掃など、環境整備や環境キャンペーンの活動を活発に行っています。
キャンパス環境 2008年7月に小学校本館が完成するに伴い、本館前庭にビオトープ・ガーデンが設置されました。自然とのふれあいの場、また水生動植物の棲み処としてのその場所では、水生動植物や樹木などの観察を通して、自然に親しむ場としての活用を図っていきます。また、池がほぼ同じ場所に復活したことで、ひきがえるが再び産卵しに戻ってきてくれるのか、子どもたちも期待しているところです。

安全環境整備活動

低年齢の子どもたちを預かる小学校では、設備・遊具の点検、安全な動線の確保など、事故や怪我を未然に防ぐ校内環境の整備が最優先課題です。また、緑豊かな校内環境といえども、学習材としての環境保全の視点から、倒木の撤去や害虫駆除などの配慮も必要です。
こうした日常的な安全環境整備の他、非常時対策として、年4回の防災訓練(児童の緊急避難・初期消火・傷病者捜索救護・保護者による引き取り訓練など)を行っています。これに関わる非常食や飲料水、毛布などの防災用品も整備しています。

トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp