成蹊学園
トップページ > 学園の取り組み

学園の取り組み

学園の取り組み

社会的責任と教育を融合した『環境保全』

成蹊学園は、教育研究機関の果たすべき社会的責任として、環境保全に取り組んでいます。
省エネルギー、資源の再利用、廃棄物の減量などの取り組みにより、環境負荷の低減に努めています。
また、成蹊学園の「個性尊重の人格教育」という教育理念のもと、これまで各学校でおこなわれてきた様々な環境教育・研究を学園全体の取り組みとしてより充実させ、これからの世界を担う児童・生徒・学生の環境保全に対する意識の向上と課題解決力の養成につとめています。

ISO14001認証取得

成蹊学園は、環境保全活動の有効性と効果を検証するため、2008年4月より環境マネジメントシステム(以下EMS)を導入しました。2008年11月にはEMSの国際規格であるISO14001の認証を取得しました。
武蔵野の緑豊かなキャンパスの中、一貫教育を実践する総合学園という成蹊学園のメリットを活かし、今後も成蹊EMSの継続的な改善を目指します。

ISO14001内部監査監査員養成

ISO14001認証の要求事項である「内部監査」を担当できる内部環境監査員を毎年養成しています。

トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp