成蹊学園
トップページ > 環境方針

環境方針

成蹊学園は基本理念に基づき、環境方針(基本方針)を制定しています。

基本理念

世界は大きく変動し、人類は様々な問題を抱えながら発展を遂げています。その大きな課題の一つが環境問題です。教育研究機関は、地球環境保全を理解し、直面している環境問題の重要性を啓発しなければなりません。これからの世界を担う児童、生徒、学生には環境保全に対する意識の向上と課題解決の力を養う教育が必要です。また、研究者は専門分野との関連において、環境問題の根幹を明らかにし、解決策を模索しなければなりません。成蹊学園は、その名の由来である「桃李不言下自成蹊」のもと、一貫して一人ひとりの個性を大切に育ててきました。「本物にふれる」実践教育を重視してきました。学園に所属する児童、生徒、学生には、この個性尊重教育と実践教育に環境問題を融合させ、環境教育をあらゆる側面から学ばせることが重要であると考え指導します。さらに、環境問題を解決できる学生及び研究者の育成に努め、その研究支援を行います。こうした基本理念に基づき、社会の一員として責任ある環境に配慮した行動を着実に実行します。

学校法人 成蹊学園理事長 佃 和夫

基本方針

1 地球環境の保全と維持を課題とする教育研究の充実を図り、環境問題に貢献する人材教育および環境分野の研究推進に努めます。
2 環境に関連する教育研究の発信と公開、社会貢献を図る諸活動を積極的に行います。
3 みどり豊かなキャンパスの充実と地球・地域環境に配慮したキャンパスづくりを推進し、環境法令に基づいた環境負荷の低減と環境汚染の防止に努めます

この環境方針は、文書化し、児童、生徒、学生、教職員および保護者、常駐する関連業者などの学園関係者に周知するとともに、理解と協力を求めながら実行、維持します。また、ホームページをとおして一般に公開します。
成蹊学園は、この環境方針に基づき目的・目標を設定し、マネジメントレビューで定期的に見直し、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。

トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp