成蹊教育基本理念

成蹊小学校 ―「自立・連帯・創造」の力を育む―

成蹊学園の創立者である中村春二は、成蹊小学校の創設の趣旨を次のように述べています。
「何事にも自奮自励の精神をもって当たらしめ、自分のための教育だということを、小さい時からしっかり会得させたいと思います。教育は、自分自身の発達進歩のために、自分から進んで受くべきものだということが、本当に分かりさえすれば基礎の教育は成功したと思ってよいと思います。ですから、自学自修の習慣を確立させるということが、小学校教育の根底です。この根底をつくるのが、成蹊小学校の使命であると考えます。」(抜粋)
成蹊小学校では、「子ども一人ひとりが内にもつ『心の力』を発揮する土台を築くこと」を教育の根底に置いています。 知識偏重の画一的詰込み教育ではなく、ゆとりある学校生活の中で、個性を育てる場としての小学校教育を志向しています。 

さらに、成蹊小学校では、21世紀社会にふさわしい新たな教育目標として「自立」(「私の考え」を持ち表現できる子ども)、「連帯」(集団の中で自分を活かすことのできる子ども)、「創造」(生活の中で創意工夫できる子ども)を掲げ、独自のカリキュラムを実施しています。野菜の栽培や「働く人の授業」など、体験と観察を通して自ら考える力を養う「こみち」の授業、先生と子どもたちの人間的触れ合いを深める「日記指導」や「夏の学校」、子どもたちの自治組織である「桃の会」などはその代表例です。

現在、成蹊小学校では28人(低学年)・32人(高学年)4学級制を採用。少人数教育の伝統に則り、児童一人ひとりの個性を伸ばすきめ細かな教育を実践しています。

関連ページ

  • 成蹊小学校 概要
  • 新・成蹊創造プラン 小学校28人・4学級制 小学校施設の再開発

教育理念へ戻る

page top