成蹊の歴史と成り立ち

理想によって生まれ、共鳴によって育まれた「成蹊」 創立者中村春二と岩崎小弥太・今村繁三

創立者中村春二は東京帝国大学(現在の東京大学)在学中から講師を務め、教育の現場を体験し、自らが思い描く理想の教育を追求します。中村春二が目指す個人主義と自由主義を基礎にすえた真の人間教育の実現に共鳴した二人の親友、今村繁三、岩崎小弥太の支援を得て、1906(明治39)年学生塾を開塾。「成蹊園」と名付けられたこの学生塾こそが成蹊の始まりとなります。

くわしく見る

成蹊学園の歴史と沿革

黎明期の成蹊学園 教育こそが社会を変える。成蹊実務学校の創立

中村春二は1906(明治39)年池袋に開設した学生塾「成蹊園」を経て、1912(明治45)年には成蹊実務学校を岩崎・今村両氏の賛助で創立します。中村が理想とする自奮自発の強固な精神力を培う人間教育の実現、そして教育こそが社会を変えるとの思いから、成蹊ではこの時より少人数制を採り、英語、数学を重視した教育を行い、国際化を視野に入れていました。

くわしく見る

隆盛期の成蹊学園 吉祥寺の地で、16年間の一貫教育体制を実現

1914(大正3)年から旧制の学校を相次いで創設、小学校から高等学校に至る一貫教育を実現します。1924(大正13)年には中村春二の逝去に見舞われながらも、吉祥寺にキャンパスを移転します。戦後、新学制へ移行し、1949(昭和24)年成蹊大学の創設により16年間の一貫教育体制を整え、学園創設の理念「個性尊重の人格教育」の伝統を継承しています。

くわしく見る

成蹊学園の発展の歴史と「新・成蹊創造プラン」 学園の沿革

1906(明治39)年の学生塾「成蹊園」の開設、そして1912(明治45)年の成蹊実務学校の創立から始まる、中村春二の情熱が生み出した成蹊学園。創立以来一貫した理念を継承し、発展してきた歴史と、今後の新たな時代に対応する「新・成蹊創造プラン」。

くわしく見る

トップページへ戻る

page top