成蹊中学高等学校地学科


 成蹊高等学校では,3年間で理科4科目を全て必修として学習します.
 中学以降の理科を基礎として,地学関連で自然科学全般を総合するような教材を配置しています.本来,地学分野は物理・化学・生物の学際領域を扱うため,それぞれの分野の基礎を組み合わせて,システム科学としての地球学,天文学を学習してゆきます.
 2004年度からは,理科基礎の教科書を使用して,科学史の観点から自然科学とは何かを考える授業を行っています.
戻る

高等学校の教材

■地球科学分野

地震波速度の鉛直変化: 133KB
プレートの境界を引く: 195KB
岩石の年代を測る
古地磁気極移動曲線と大陸移動: 194KB
海底地磁気縞の解析: 182KB
ホットスポット・トレイルを調べる: 81KB

■気象分野

露点と相対湿度:ステンレスカップを冷やして露点を測定します.気象観測装置と測定値を比較します.
雲の観察:雲の分類,雲量,動きなど,屋上で雲の観察をします.
直達日射量の測定:太陽エネルギーの大きさを調べる.
吉祥寺の気温経年変化:気象観測所のデータを使って過去70年間に気温変化を調べる.

■天文分野

太陽面観察
太陽スペクトルの観察
ストーンヘンジ遺跡と日の出日の入り
ホロスコープを作る
月の満ち欠け
ガリレオ望遠鏡

■センター入試対策演習

立体地質図:地質図の読図練習として,地質図の立体模型を作ります.





地学科トップへ地学科トップへ