成蹊中学高等学校地学科


 成蹊中学・高等学校では,理科教育の中で,野外での観察・体験を重視してきています.学校の周りや東京近郊の自然や,「夏の学校」などの移動教室の機会を利用して,野外観察実習を実施しています.
 野外観察会は,地学科の倉茂匡好教諭(現・滋賀県立大学)が1983年から始めた行事で,現在は中高理科主催の行事になっています.
観察実習と野外活動
             
気象観測実習
天体観望会
■夏の学校 霧ヶ峰  浅間
■野外観察会 五日市  秩父  和泉多摩川  大磯


地学科トップへ地学科トップへ