太陽面観察

 太陽は,地球に最も近い恒星であるとともに,地球の大気や海を暖めて動かすエネルギーの源でもあります.太陽の性質を知ることは,天文や地球科学を学ぶ基本です.
 天体望遠鏡で太陽表面を観察する際には,屈折望遠鏡を用いて投影法で行うのが普通ですが,ここでは対物側に減光フィルターをつけた反射望遠鏡を用い,電動の経緯台を用いて自分で導入して観察する方法をとっています.

閉じる
屋上で観察
直達日射量測定の合間に,各自反射望遠鏡を用いて,白色光像を観察してスケッチします.自動追尾はしていないので,地球の自転のために,ほっておくと太陽像が動いていってしまいます.移動方向やスピードも実感してもらうのが狙いです.
太陽の導入
影の形が筒と同じになるように合わせると,ほぼ太陽の方を向きます.後はコントローラの微動を使って導入します.
観察のようす
最初に操作方法の説明はありますが,その後は自分たちで協力しながら望遠鏡を使います.
Hα像の観察
直達日射量の測定と反射望遠鏡での観察の両方が終わった人から,屋上ドーム内に設置された屈折望遠鏡を使ってHα像の観察を行います.接眼側にソーラースペクトラム社製Hαフィルターを接続して観察します.解像度が高いのでより細かい特徴やプロミネンスを見ることができます.
観察のようす
ドイツ式赤道儀なので,見る位置が苦しいのが難点です.交代で観察するので,残念ながら,スケッチをとってもらう時間がありません.その代わり,一人ずつ時間をとって見てもらっています.
太陽のスケッチ
よく書けているスケッチの例です.投影法を使わなくても,周縁減光や黒点の位置が正確に描かれています.

閉じる
Copyrights@成蹊高校地学研究室