地質図学

 地質図の読み取りには,平面図から地層の立体的な形を推定するが必要です.地層境界線に着目してしまうと,地形面と地層面の組み合わせで複雑な解析になってしまいます.高さ毎の走向線の関係を読みとることができるようになると,地層面の形が見えるようになります.ここでは,安価なPETシートを使って,立体的な地質図を作り,走向線の位置関係を調べる練習をします.

閉じる
実習開始
走向傾斜の定義と地質図学の基礎を学習してあります.
PETシートに写す
大阪の地学実習教材の地質図を利用して,等高線と走向線をPETシートに油性サインペンで写します.
立体地質図の部品
高さ毎にシートを作ります.重ね合わせができるように同じ位置にマークをつけておきます.
組み立て
PETシートの端材を使って足を作り,組み立てます.
完成
等高線を結ぶと山の形が,走向線を結ぶと地層の形が分かります.

閉じる
Copyrights@成蹊高校地学研究室