授業の様子(中学校3年生)
  
トップページに戻る


   タンパク質の検出
卵白を材料にして、ビューレット反応とキサントプロテイン反応の確認をする。ビューレット反応で、牛乳と豆腐にタンパク質が含まれていることを確認する。

実験器具と材料 慎重に個人実験を進める 加熱はガスバーナーで行う
結果は色で確認する



  「カエルの解剖実習」
土曜日の午後を利用して、中学3年生の希望者対象にカエルの解剖実習を実施しました。参加者約30名で、一人もしくは二人で一匹のウシガエルを解剖しました。

腹部を開ける 二人で相談しながら進める。 一人で確認しながら進める。
解剖中のウシガエル。


  だ液の働きの実験
だ液の成分が、でんぷんを分解して、とうにすることを確認するために実験を実施しました。でんぷん液にだ液を加え、一定時間ごとに一部とり、ヨウ素反応とフェーリング反応を確認しました。

   

実験器具 予備実験(右からブドウ糖とでんぷんのヨウ素反応、ブドウ糖とでんぷんのフェーリング反応)。 だ液を加えて本実験開始
フェ−リング反応を見る。

トップページに戻る