学校生活

HOME > 学校生活 > クラブ活動 > 卓球部

卓球部

中学 卓球部

クラブからのメッセージ

初心者には、ラケットの持ち方から、基本のフォア、バックの打ち方等を上級生が丁寧に指導していきます。
日々の練習は、完全にシステム化されていて効率よく上達できるようになっています。例えば、基礎打ちの後、初心者は多球練習で基礎を更に固め、その後フットワーク練習や課題練習で「生きた球」を打つ練習をし、また多球練習に戻るという反復練習をしていきます。また、成蹊大学卓球部からコーチが来てくださっているので、部員の成長は著しいです。
部活動の前後は、先輩後輩関係なく楽しくお喋りをしますが、一度練習が始ると、真剣に卓球と練習に向き合い、黙々と練習をするというメリハリをつけた部活動です。挨拶・返事も徹底して行なうこともモットーとしています。
3年間の中で、全員が団体・個人戦で都大会2回は出場することを目標としています。
高校卓球部とも仲がよく、連携の取れた部活動です。中学生にとって、高校生の卓球技術はとても新鮮で勉強になります。経験者・未経験者問わずに入部してください。

DATA
活動日 月曜・火曜・金曜
主な活動場所 第2体育館卓球場
合宿 夏期 越後中里で3泊4日(中高合同)
大会(成績) ・9ブロック(春・夏・秋・新人)大会
  (2012年度団体戦、シングルス都大会出場)
・東京私学大会(2013年度シングルスベスト16)
・武蔵野市中学体育大会(2013年度シングルス、ダブルス優勝)
・東京都新人大会
・ニッセイ卓球教室にて世界大会選手の指導をうける (於成蹊小学校体育館)

高校 卓球部

クラブからのメッセージ

卓球は奥が深い。力の強いものが勝つとは限らない。他の競技も同様だが、卓球は特にコートが狭く、球の回転による戦術が幅広いからだ。我々はそんな卓球という小さな井戸を深く掘っている。そして卓球に楽しさと向上心を持つ。楽しみがなければクラブチームと変わりがないし、向上心を失うと地域の体育館解放に過ぎない。練習日は水・木・土の週3日で、効率よく集中して練習することを目指している。文化部と両立する部員もいる。部員は男子16人、女子5人で、上下関係はあるが、基本的に仲が良くて雰囲気の良い部活だ。部活としての目標である関東大会出場をすべく、今年から冬の校内合宿を取り入れた。日々成長中の卓球部にぜひどうぞ!

DATA
活動日 水曜・木曜・土曜
主な活動場所 卓球室
合宿 夏期 越後中里で3泊4日(冬季に校内合宿がある年もあり)
大会(成績) (男子)
・関東大会予選
・インターハイ予選
・多摩地区大会(団体ベスト16)
・武蔵野市民大会(シングルス優勝、ベスト8)
・私学大会
・全日本ジュニア大会予選
・新人大会

(女子)
・春季大会兼関東大会予選
・東京都総合体育大会兼全国大会予選会(ダブルスベスト16)
・秋季大会兼全日本ジュニア予選会(シングルスベスト16)
・新人大会兼全国高校選抜大会予選会
・学年別大会
・私学大会
・地区別大会
クラブ活動の一覧はこちら
学校生活
施設・設備
成蹊生の一日
年間行事
クラブ活動・生徒会
制服紹介
ページトップに戻る