大学院紹介

  • ホーム
  • 学部・学科紹介 : 大学院紹介

大学院

学部での成果をさらに深め、高度職業人、研究者の道へ

成蹊大学大学院での学問分野は、社会的・文化的価値の高い研究から最先端の分野の研究まで多岐にわたっています。
専用の院生研究室をはじめ、それぞれの専門分野を深く掘り下げて研究できるよう施設・設備の充実も図っています。
教員とパーソン・トゥ・パーソン形式で研究を進め、結実した研究成果は、社会からも広く注目を受け、高く評価されています。

経済経営研究科

経済学専攻、経営学専攻

経済経営研究科には、経済学専攻と経営学専攻が設置され、それぞれに博士前期課程と博士後期課程が開設されています。博士前期課程は、高度職業人養成コースと研究者養成コースに分かれており、高度職業人養成コースでは、複雑多岐な現代社会の特質を解読し、優れたエコノミストや経営・会計のプロフェッショナルに求められる高度な能力を養います。研究者養成コースでは、経済学、経営学それぞれの分野において、創造性豊かな優れた研究活動を行っていくための基礎的な能力を養成します。博士後期課程では、独創性をもって社会に貢献することを目標に、さらに研究を深め、博士号取得を目指します。

法学政治学研究科

法律学専攻、政治学専攻

国際社会から身近な地域社会にいたるまで、私たちは今日さまざまな法律的、政治的な問題に直面しています。それらの問題をどのように理解し、どのような解決策を提案していくのかということは、現代の社会に求められている重要な課題であるといえるでしょう。本研究科は、グローバル化と情報化が進展する現代社会において、幅広い視野、正確な分析力、的確な判断力、高度な社会科学的思考力を備えるとともに、法律学または政治学の専門的研究能力を備え、社会や学界に貢献する豊かな研究成果を生み出し、かつ社会問題の解決に貢献できる人材を育成します。

文学研究科

英米文学専攻、日本文学専攻、社会文化論専攻

文学研究科には、英米文学専攻・日本文学専攻・社会文化論専攻という3専攻を設置し、それぞれに博士前期課程と博士後期課程を開設しています。現代社会において大学院に求められているのは、先進的な研究を担う研究者の育成、学校教員など高度な専門職業人の養成、そして社会人を対象とした高度なレベルでの生涯学習の場の提供という3つの役割です。本研究科では、これらの要請に応じることができるように各専攻の博士前期課程には、研究コース、総合コース、英語教育コース(英米文学専攻のみ)が設けられ、大学院入学者の目的に適った履修ができるように配慮しています。

※文学部国際文化学科と現代社会学科は社会文化論専攻に対応しています。

理工学研究科

理工学専攻

理工学研究科では、大学理工学部に設置されている3学科「物質生命理工学科」「情報科学科」「システムデザイン学科」から大学院進学への体系的な連動を図るとともに、理工学の分野に求められる社会的使命に基づいて、理工学研究科・理工学専攻においても3コース「物質生命コース」「情報科学コース」「システムデザインコース※」を設置しています。さまざまな企業との共同研究も積極的に推進し、実践的な力を身につけることができます。大学院生に対しては、充実した研究環境と研究設備の中で個人レベルでの研究指導が行われます。また、全員を対象とした奨学金制度が整備され、学生生活の支援がなされるのも大きな特徴です。大学院修了生の就職も好調で、各企業の研究開発部門をはじめとする幅広い分野で活躍しています。

※博士後期課程のコース名称はエレクトロメカニクスコースとなります。

トップへ戻る