大学学部・学科紹介

  • ホーム
  • 学部・学科紹介 : 大学学部・学科紹介 : 法学部

法学部

法と政治を関連づけながらその社会的意味を、
専門性を徐々に高めつつ学ぶ

法律や政治は、本来、さまざまな立場や意見が存在する社会においてみなが共有する公の問題に共に対処していくための方策や道具です。政治家や官僚だけに関係するものではありません。みなさんが社会と関係をもとうとし、社会がみなさんと関係をもとうとする以上、みなさんは法律や政治と必然的につながります。成蹊大学法学部では、こうした性格をもつ法律や政治を幅広くかつ根底から学べるよう、法律・政治双方の学科で受講できる科目を数多く設置し、少人数教育に重点を置いています。また、1年次からゼミ(演習)や専門科目を履修し、基礎から段階的に専門性を高めます。

他者感覚を備えたコミュニケーション能力を高め
国際感覚豊かな人材を養成

現在、私たちの生きている社会は世界規模で変動し、その複雑性と多様性を増しています。法律や政治を学ぶことは、そうした世界の多様さや複雑さに関する理解を深め、共に生きていく可能性や方法を模索することを意味します。そこで求められるのは、複眼的・批判的思考力に裏づけられた「言葉と論理」の能力です。法学部ではゼミ(演習)における発表や討論を中心にこの能力の育成に力を入れ、法務実務家や公務員だけでなく、教員、一般企業の会社員や経営者、各種団体職員など、あらゆる分野で知的リーダーシップを発揮できる国際感覚豊かな人材を養成しています。

法学部

法律学科

深い専門知識と広い視野を身につけ、法的思考で社会に貢献する

現代社会において法律は、個人の生活をはじめとして、経済や行政、国際社会にまで深くかかわっています。法律学とは、現実に起きている諸問題を合理的な思考によって解決していく実践の学問です。法律学の修得には、条文や判例の学習だけでなく、的確な解決を導き出す柔軟な思考力と豊かな感受性が必要です。

政治学科

国際的な視野と発想力を養い、問題解決の糸口をつかむ

政治とは、ともに社会をつくる人々が抱える問題に対処するために集団として意思決定し、その決定を実行することです。政治学科では、この営みを立体的に理解するために、各国・各地域の政治、国際関係の歴史的展開・現状を学ぶだけでなく、その背後にある権力・自由・平等などをめぐる考え方(政治思想)をも学びます。

エキスパート科目

  • LE(Legal Expert)科目
  • PSE(Political Science Expert)科目

関連サイト

トップへ戻る