学部の学び
教員・学生・卒業生を通じて学部の学び(モデルケース)を紹介
— 学生たちは、どのような学びに触れ、成長し、社会に羽ばたくのか —
 成蹊大学は、少人数教育による教員と学生の距離の近さを大切にし、学問と人格のバランスのとれた人間形成を図りながら、学生一人ひとりの個性を伸ばす教育に取り組んでいます。自ら仮説を立て、科学的に立証し、他者に伝えていくということを学修する大学教育においては、研究の動機となる「好奇心」はもとより、他者と考えや意見を交換しつつ、自分の考えを形成していく力が必要不可欠です。学生が、どのような教員と出会い、何を学び、学んだことを実社会でどのように活かしているのか、ここではひとつのゼミ(演習)・研究室の、教員・在学生・卒業生のコメントを通して、学部の学びについて紹介します。
※本コンテンツの内容は、2013年度公開時の情報となります。
経済学部画像 法学部画像
経済学部 Faculty of Economics
  • 井出 多加子 教授
  • 井上 貴晴 さん
  • 梅木 大地 さん
経済学部公式サイトへ
法学部 Faculty of Law
  • 渕 史彦 准教授
  • 鈴木 裕貴 さん
  • 髙槗 遼太 さん
法学部公式サイトへ
文学部画像 理工学部画像
文学部 Faculty of Humanities
  • 吉田 幹生 准教授
  • 小池 沙奈 さん
  • 芳賀 千春 さん
文学部公式サイトへ
理工学部 Faculty of Science and Technology
  • 甲斐 宗徳 教授
  • 尾崎 直人 さん
  • 吉村 礎 さん
理工学部公式サイトへ
トップへ戻る