HOME > 大学紹介 > 成蹊大学USR綱領

成蹊大学USR綱領

「大学の社会的責任(USR)」を果たすことをすべての大学構成員が自覚し、成蹊大学の恒久的な発展を可能にするための礎を築いていくために、成蹊大学USR綱領を以下のように定める。

1 法令遵守
 法令および社会のルールを遵守し、学校法人成蹊学園と協力して、不正を防止するための施策を講じる。
 (成蹊学園のコンプライアンスの取組

2 環境保全
 学校法人成蹊学園と協力し、大学全体で環境負荷の軽減に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献する。
 (成蹊学園の環境保全の取組

3 人権の尊重
 個人の人権を尊重し、教育、研究、労働環境の維持に努め、ハラスメントを防止するための施策を講じる。
 (成蹊学園のハラスメント防止の取組

4 不正な研究の防止
 不正な研究、反社会的な研究、研究費の不正使用を防止し、研究を通じて社会に貢献することを目指す。
 (成蹊大学の研究不正防止の取組
 (成蹊大学の研究倫理に関する取組

5 情報公開
 大学運営の透明化に努め、教育・研究の状況および成果を広く社会に公開する。
 (成蹊大学の教育情報の公開
 (成蹊大学の学術情報の公開(学術情報リポジトリ)
 (成蹊学園の個人情報保護の取組

6 地域との共生
 地域の一員として、周辺地域と密接な連携関係を構築し地域に貢献していく。
 (成蹊大学の地域連携の取組

7 社会に貢献する人材の育成
 学生の課題発見・課題解決能力を涵養し、社会が直面する諸問題の解決に貢献する人材を育成する。

成蹊大学USR綱領に基づく活動

  • グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)への加入

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。成蹊大学は、日本におけるローカルネットワークであるグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)に、2016年11月より加入しています。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)の詳細についてはこちら

国連グローバル・コンパクト(UNGC)についての詳細はこちら