| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > 英米文学科 > 在学生へ > 英米文学科が推薦する辞書

英米文学科が推薦する辞書

一口に英語の辞書といっても、最後に挙げるように目的や用途に応じてさまざまなものがあります。これらの辞書をすべて個人で所有する必要はもちろんありません。その大半は大学図書館に揃えてあるので、ゼミでの発表や卒業論文を書く際などに積極的に活用してください。
一方、日常の学習、講義の予習復習などではいちいちこれだけの辞書を調べるのは面倒だ、ということもあるかもしれません。しかし最低限これだけは手元に揃えてほしい(そして授業のときに学校に持ってきてほしい)のは

・リーダーズ英和辞典 第二版(研究社)
・Longman Dictionary of Contemporary English(Longman, 1995)
・Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English(Oxford University Press, 1995)

の3冊です。以下、簡単にその特徴を説明しましょう。

■リーダーズ英和辞典
■リーダーズ英和辞典 第二版

中辞典サイズながら見出し語27万語という大辞典なみの語数を誇ります。また、訳語も吟味されており、新語や口語にも強いのが特徴です。とくに現代の文学作品を読むときに重宝します。なお、この辞典には補遺版というべき「リーダーズ・プラス」があり、新語や口語、熟語などがさらに収録されています。
また、この2冊を収録したCD-ROM版(Windows版,Macintosh版)があり、一度に2冊分の情報が検索できるので便利です。残念なことに、現在販売されているものは「リーダーズ英和辞典」の旧版が収録されています。近日中に最新版が収録されているものが発売されるはずなので、それまで待ったほうがよいかもしれません。

■LDOCE
■Longman Dictionary of Contemporary English(「ロングマン現代英英辞典」丸善・桐原書店)

英語を外国語として学ぶ人のために作られた学習用英英辞典の代表というべきものが、この「ロングマン現代英英辞典」(Longman Dictionary of Contemporary English,略称LDOCE)と、次に紹介する「オックスフォード現代英英辞典」(Oxford Advanced Learner's Dictionary,略称OALD)です。英和辞典を使っているだけでは、単語や熟語の語感(どんな「意味」の言葉か、ということだけでなく、どんな「感じ」「ニュアンス」を持った言葉か、ということ)がなかなかわからないことが多いですが、学習用英英辞典を使うと理解が深まります。とくにLDOCEは、例文が充実しており、言葉の意味を文脈から把握することが可能です。残念なことに、旧版に比べ収録語数が減り、より初学者向けになっているので、OALDと併用することを薦めます。

■OALD
■Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English(「オックスフォード現代英英辞典」開拓社)

LDOCEよりも多くの語が収録されており、やや旧式の表現まで載っています。ただし、例文よりも例句が多く、使われている文脈を手がかりに語感を類推することが難しいことがあります。LDOCEとの併用を薦めます。なお、Windows上で動作するCD-ROM版が出ていますが、動作条件が厳しいのでコンピューターに詳しい人以外は手を出さないほうがよいです。

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.