| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > Q&A > 現代社会学科に関するQ&A

現代社会学科に関するQ&A

Q1.現代社会学科では、どんな勉強ができますか?

A1.現代社会学科では、社会学とメディア研究を学べます。
社会学の領域では、私たちが当たり前に思っている家族の形や人びとの働き方、日常の考え方を問い直し、教育、コミュニティ、ボランティア、都市、スポーツ、福祉、不平等などについて研究することができます。
メディア研究の領域では、テレビ、インターネット、ソーシャル・メディア、音楽、アニメ、ゲーム、本などのメディアを扱います。たとえば、インターネットから始まるデモなどの新しい社会現象や、少年少女雑誌がどのような社会状況において生みだされ社会にどう影響を与えたのかなどが、授業で扱われています。

Q2.現代社会学科では、ゼミ以外でも演習系の授業に力を入れているそうですが、詳しく教えて下さい。

A2.社会調査演習では、近隣地域の人びとを対象にして、フィールドワークやインタビュー、アンケート調査を現地で行います。メディア・リテラシー演習では、メディアと主体的に付き合う能力を高めるため、地元のテレビ番組やラジオ番組を実際に作ります。コミュニティ演習では、武蔵野市を中心とする地域の人々と直接関わって、その歴史や生活課題を掘り起こしていきます。

Q3.現代社会学科のゼミでは、どんなことを扱いますか?

A3. 現代社会学科では10人の先生がゼミを開いており、デジタルメディア、スポーツ、メディアの歴史、コミュニケーション、社会心理学、文化、メディア論、家族、社会的不平等、福祉やケアなどをテーマに、少人数で議論し、発表や論文執筆のスキルを身につけます。
ゼミ生が卒論で扱うテーマは広く、たとえば、恋愛と結婚、テーマパーク、オリンピック、映画、カフェ、旅行、シェアハウス、食育などがあります。

Q4. 現代社会学科の卒業生たちは、どんなところに就職していきますか?

A4.みずほフィナンシャルグループや三菱東京UFJ銀行など、銀行業や保険関連の仕事に就く卒業生がいます。他に、情報・サービス業、ソフトウェアサービス業、小売業や卸売業などで活躍する人もいます。放送業や広告業に就職する人もいます。

現代社会学科トップページ

 

HOME

ページトップへ

| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.