| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > 国際文化学科 > 国際文化研究の「窓」

国際文化研究の「窓」

国際文化研究の「窓」 アメリカ イギリス ウズベキスタン 韓国 ザンビア ドイツ トルコ ハンガリー 仏領・ニューカレドニア ペルー

国際文化学科の教員は、それぞれが世界各地を研究対象としており、長期休暇の際には研究のために世界に散らばります。そこで研究のために撮った、あるいは研究の合間に撮った写真は、普通の旅行雑誌などには載らない貴重なものばかりです。そのなかからごく一部を、ここで紹介したいと思います。

アメリカ

中野由美子 教授

2012年8月、アメリカ合衆国・サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島にて。
かつて連邦刑務所(1963年に閉鎖)があり、アル・カポネなどの「他の刑務所から厄介払いされた者」が収容されていたことで有名。1969年に先住民が占拠したことでも知られており、当時の落書き(写真の赤字部分)も一部保存されています。現地では人気の観光スポットですが、日本人観光客のあいだでは評価が分かれるようです。

教員紹介

アメリカ

イギリス

竹内敬子 教授

私はイギリス・プレミアリーグのマンチェスター・シティのファンです。写真はホームグラウンド、エティハドスタディアムに試合観戦に行った時のものです。近代スポーツとしてのサッカーはイギリスで生まれました。サッカーが世界中で楽しまれるようになった背景にはイギリスの海外進出ということがあります。また、イギリス国内では、工業化の過程で農村から都市に出て来た人々をその都市の「市民である」という意識を形成するのにも大きな役割を果たしました。

教員紹介

イギリス

ウズベキスタン

堀内正樹 教授

ウズベキスタンは、サマルカンドやブハラといった歴史上有名なイスラム都市がたくさんあり、ティムールの時代をピークとして、壮麗なイスラム文明が花開きました。住民の多くはイラン系の人々で、イラン的な文化を保持しています。写真は、イラン文化圏に共通する「ナウルーズ」と呼ばれる春祭りを目前にしたある日、「女性の日」を祝って集まった村人の宴会に飛び入り参加したときの様子です。

教員紹介

ウズベキスタン

韓国

有富純也 准教授

ソウル市街地からバスで約1時間程度のところに、江華島(カンファド)はあります。1875年、明治政府はこの島に軍艦を派遣して挑発行為を行なったため、朝鮮軍はここから発砲しました。これを、江華島事件と呼びます。写真はそのときに用いられた大砲です。ここからの眺めは素晴らしく、なるほど、軍艦を砲撃するのにはちょうど良い(?)と納得しました。

教員紹介

韓国

ザンビア

墓田桂 教授

2007年、難民定住地の調査でアフリカのザンビアを訪問しました。写真はマユクワユクワ定住地の様子です。主に隣国のアンゴラから流入してきた難民が住んでいました。住居の周りにあるのはメイズ(とうもろこし)で、「シマ」という主食の原材料となります。日本人にとっての白米のご飯のようなものでしょうか。自給自足ができているのは素晴らしいことだと感じました。

教員紹介

ザンビア

ドイツ

三浦國泰 教授

ドイツ、ミュンヘン市の近くにある保養地バート・テルツにて撮影しました。ここにはトーマス・マンの夏の別荘があり、トーマス・マンの『魔の山』の有名な「雪」の章の一節が記されている石碑です。雪山で遭難しそうになり、夢から目覚めた主人公ハンス・カストルプがつぶやく言葉です。
「人間は善良さと愛とを失わないために、死に思想を支配させてはならない。」

ドイツ

トルコ

佐々木紳 准教授

現在のトルコ共和国の前身にあたるオスマン帝国は、600年以上にわたりアジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸にまたがる広大な領域を勢力下におさめました。「至高の門」と名づけられた写真の門は、そのオスマン帝国の都イスタンブルにあった帝国行政府の正門です。どことなく親しみを感じる東洋風のデザインが、東西文明の交差点としてのイスタンブルの姿を象徴しているとは思いませんか。

教員紹介

トルコ

ハンガリー

川村陶子 教授

SNSやエコロジーをお題にした川柳の数々。ブダペストにある日本文化センターに掲示されていた、日本語教室の生徒さんたちの作品です。ハンガリーの日本語学習者は約2000名。全人口約1000万人の0.02パーセントに過ぎませんが、ネイティブ日本人顔負けのユーモアに、思わずうならされました。国が違うのに笑いのツボが共通するのもおもしろいですよね。

教員紹介

ハンガリー

仏領・ニューカレドニア

堀内正樹 教授

ニューカレドニアは、19世紀半ばにフランスが領有を宣言して以来、フランス政府が罪人を送り込むための流刑地でした。フランスの植民地化に抵抗したアルジェリアの人々が捕らえられ、罪人としてこの地に移送されました。その人々の末裔がいまでもアラブ人村をつくってこの地に暮らしているという情報を得て、その村を訪れました。村の名前はネサデューといい、ブーライユ市の郊外に位置していて、市長さんもアラブ人です。写真はブーライユ市庁舎で、建物はコロニアルな雰囲気を残しています。

教員紹介

仏領・ニューカレドニア

ペルー

細谷広美 教授

マチュピチュ遺跡で知られるペルーで起こった紛争では、多様な人種・民族的背景をもつ人々が混在する社会のなかで、犠牲が先住民に集中しました。写真は、今も行方不明者を探し続ける家族の会が、軍施設の傍らで開催した慰霊祭の様子です。首都からオンブズマン事務所や人権NGOの代表者たちも集まりました。往々にして不均衡を伴う多様な背景をもつ人々から構成される社会における紛争、平和構築について研究しています。

教員紹介

ペルー
HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.