| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > ミニ授業 > ネコが「ババ」する

ネコが「ババ」する 浅見和彦【日本文学科】

ネコという動物はなぜか評判の悪い動物だ。自分の本性を隠してうわべを飾ることを「ネコかぶりする」というし、ことさらに愛嬌めかしてしゃべる声を「ネコなで声」という。なぜネコだけがかくも不名誉な扱いをうけるのか。ネコに対して、なぜイヌは評判が良いのか。たぶんにネコの生態的特徴からこうした否定的な評価ができあがってきたのであろう。

「ネコババする」もネコの悪評の一つだろう。いうまでもなく「ネコババ」とは自分の物でもないものをこっそりと横取りすることをいう。どうして「ネコババ」がこういう意味になるのか。「ネコ」はもちろんネコのことだが、「ババ」は糞(ふん)や屎(くそ)を意味する幼児語である。日常会話で汚らしいことをいう「ばばっちい」、「ばっちい」はこれに発した形容詞だし、今でも方言ではクソのことを「ばっこ」という地方もある。「ネコババ」の原義はネコがクソをすること。ネコはクソをすると、我がクソではないかのようにそしらぬふりをして立ち去る習性があることから、誰にも気付かれないようにこっそりと我が物としてしまうことをいうようになったのである。

「ババぬき」というトランプゲームは誰もご存じであろう。ジョーカーという奇妙な出で立ちの人物が描かれているカードを持っていたら負けというルールである。普通これは「婆ぬき」と解されて、類似の遊びに「爺ぬき」という変種の遊びもある。しかし、「ババぬき」は「婆ぬき」ではない。「ババ」は屎である。数人で車座をつくり、隣の人にカードを引かせる。うまく「ババ」を抜き取ってもらった人は歓声をあげ、運悪く「ババ」を取ってしまった人は悲鳴をあげる。あの悲鳴は「婆」が来たからの悲鳴ではない。「ババ」すなわち穢ないクソが自分の所に回ってきたから、思わずあげる声なのだ。そう考えてはじめて、あれほどの悲痛な叫び声をあげるのかも納得がゆく。

日本語の何気ない言葉には深い意味があるものが多い。言葉や文字を考える材料はあなた方の周りにころがっている。

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.