CAPS_Dbook

CAPS_Dbook page 33/46

電子ブックを開く

このページは CAPS_Dbook の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
322007.6.16「現代日本の保守政治」 報告者: Gerald L. Curtis (コロンビア大学教授,米国)「日韓から読む日本の政治」 報告者: 崔相龍 (高麗大学校教授,韓国)「『戦後型保守』から『新自由主義プラス新保守主義』へ」....

322007.6.16「現代日本の保守政治」 報告者: Gerald L. Curtis (コロンビア大学教授,米国)「日韓から読む日本の政治」 報告者: 崔相龍 (高麗大学校教授,韓国)「『戦後型保守』から『新自由主義プラス新保守主義』へ」報告者: 進藤兵 (都留文化大学教授)「なぜ今、ナショナリズムか-中国から見た日本の保守主義」報告者: 帰泳濤 (北京大学助教授,中国)コメンテーター:Florian Coulmas (ドイツ日本研究所所長、デュースブルク大学教授,ドイツ)2008.6.3(共催講演会)孫歌 (一橋大学客員教授、中国社会科学院文学研究所比較文学研究室研究員,中国)2008.10.31報告者: 呉文光 (インディペンデント・ドキュメンタリー作家,中国)仲里効 (批評家)司会者: 池上善彦 (『現代思想』編集長)2009.6.26(連続映画上映会第1回)講 師: 田浪亜央江 (成蹊大学非常勤講師)2010.7.16(連続映画上映会第1回)講 師: 竹内敬子 (成蹊大学教授)2010.10.16~2011.1.222010年度 成蹊学園創立100 周年・センター設立30 周年記念連続講演会第1回目(2010 年10 月16 日)「韓国併合100 年を迎えた日本と韓国-東アジアにおける脱植民地の課題」講演者: 徐勝 (立命館大学教授)第2回目(2010 年12 月18 日)「地球環境保全とアジア環境協力の課題」講演者: 寺西俊一 (一橋大学大学院教授)第3回目(2011 年1 月22 日)「再考・北東アジアの未来-移住・多様性・人間の安全保障」講演者: Tessa Morris-Suzuki (オーストラリア国立大学教授,オーストラリア)2011.7.9~2011.11.262011年度 成蹊学園創立100 周年・センター設立30 周年記念連続講演会第1回目(2011 年7 月9 日)「反テロ戦争と原発事故-世界の繋がりのなかの東北アジア」講演者: 板垣雄三 (東京大学名誉教授)第2回目(2011 年10 月15 日)「多文化社会と越境対話-文化シティズンシップの実践」講演者: 岩渕功一 (早稲田大学教授)第3回目(2011 年11 月12 日)「高齢化とグローバル経済の中の社会保障の行方」講演者: 駒村康平 (慶應義塾大学教授)第4回目(2011 年11 月26 日)「中国での環境問題解決への実践的アプローチと課題」講演者: 酒井裕司 (工学院大学講師)2011.9.24-25(9.24) 〈第1セッション〉 「東アジアの近代とナショナリズム」「南原繁のナショナリズム―留学と『ふるさと』、そしてアメリカと『日本』」報告者: 魯炳浩 (韓国外国語大学校日本研究所研究員,韓国)「日本ナショナリズムと東アジア」 報告者: 米原謙 (大阪大学教授)「南原繁における『愛国的ナショナリズム』」 報告者: 加藤節 (成蹊大学特別任用教授)コメンテーター:金聖昊 (延世大学校教授,韓国)苅部直 (東京大学教授)司会者: 金容敏 (韓国外国語大学校教授,韓国)