各種募集・告知
2011年以前 | 2012年

センター設立30周年記念シンポジウムの開催について

 
2012年3月19日

センター設立30周年を記念して2012年3月17日、18日の2日間にわたり国際学術シンポジウムを開催いたしました。多くの皆様にご参加いただきました。

所長交代のお知らせ

 
2010年4月1日

亀嶋所長の学長就任に伴い、新センター所長に中神康博経済学部教授が就任いたしました。

ホームページのリニューアルのお知らせ

 
2008年4月1日

本センターの活動をより積極的に発信することを目指し、4月1日よりホームページを全面的にリニューアルしました。従来に増してセンターにおける研究活動や在籍の研究者情報の発信に力を入れてまいります。また講演会や公開研究会の開催情報も充実させて参ります。今後もよりビジュアルで分かりやすいページを目指していきます。

アジア太平洋研究センター所長の交代について

 
2008年4月1日

4月1日付で所長が交代いたしました。6年間、所長として研究成果の公開等を積極的に推進してまいりました鈴木健二(文学部教授)に代わりまして、亀嶋庸一(法学部教授)が着任いたしました。任期は3年間です。どうぞよろしくお願い致します。なお、新所長のご挨拶は、こちらです。

→所長挨拶ページを見る

2008年度の研究員の採用について

 
2008年4月1日

4月1日付で3名の新たな特別研究員が採用されました。相澤 真一研究員、重野 純子研究員、山上 亜紀研究員です。また、前年度まで特別研究員だった、小宮山 真美子研究員が、客員研究員として採用されました。各研究員のプロフィール等はこちらです。

メンターによる公開講演会・研究会が開催されました。

 
2008年3月

1月21日、2月21日、3月18日に学術研究員メンターによる講演会、研究会が行われました。
1月は、2007年度学術研究員 三浦億人研究員のコーディネートで田中貴子氏(甲南大学教授)による講演会「中世における動物の図像と説話」が行われました。2月は、松元真由、高草雄士研究員がお招きした中村嗣郎氏(東京経済大学准教授)による研究会「英語の移動表現について−語彙意味論研究の見地から」が、3月には菅原大一太研究員のコーディネートにより三浦泰人氏(東京大学大学院教授)が「反米:その歴史を考える」というテーマで研究会を開催しました。詳細は、CAPSニューズレター98号、99号に掲載予定です。

研究員のページを見る→












 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp