『アメリカの表象プロジェクト』

CONTENTS  :種別:プロジェクト

【期 間】

2005〜2007年度

【研究テーマ】

「21世紀の日本で“アメリカ”という表象をいかに作り上げていくのか」

【研究目的】

アメリカがグローバルな覇権を獲得した時代にあって、世界は“アメリカ”という記号にどのような意味を力を読み取るべきかを再考し、日本とアメリカとの新しい関係を問い直す。

【叢 書】

『アメリカン・テロル』(彩流社、2008年6月刊行予定)

【プロジェクト・リーダー】

下河辺美知子   成蹊大学文学部教授

【プロジェクト・メンバー】
  • 庄司宏子      成蹊大学文学部准教授
  • 日比野啓      成蹊大学文学部准教授
  • 権田健二      成蹊大学文学部准教授
  • 小宮山真美子    中央学院大学非常勤講師(成蹊大学アジア太平洋研究センター客員研究員)
  • 菅原大一太     嘉悦大学非常勤講師(成蹊大学アジア太平洋研究センター学術研究員)
  • 舌津智之      立教大学文学部教授
  • 若林麻希子     青山学院大学文学部教授
  • ※2008年4月1日現在

【研究内容】

二十世紀は、資本主義という体制にのってアメリカが世界の支配権を獲得していった世紀であった。二十一世紀の今、世界各国は、アメリカといかなる関係を作り上げていくかという課題をつきつけられている。 政治、経済、軍事といった面から“アメリカ”との関係を論じることは重要であるが、そうした課題の下にあるのが<表象>という文化的・記号的な作業である。本プロジェクトでは、人文科学系の学問的洞察を用い、二十一世紀世界における“アメリカ”という国家の表象が、グローバリズムとよばれる世界状況においてどのようになされているかを分析するものである。特に、日本社会においては、第二次大戦敗戦の後、「敵国アメリカ」が「友好国として援助を受け、先導者として目的にする国」へと大転換していった。日本文化にとって“アメリカ”という記号にどのような現実的機能を付加してきたのか、また、今後期待するのかという問題を提起したい。
9.11以降、アメリカ文学研究、アメリカ研究はその方法論、研究課題、そしてカリキュラムについて根本的な変革をせまられている。一方、アカデミズムの外の世界に対しても“アメリカ”像と“アメリカ”を語るレトリックの作り直しが求められている。また、大学教育において“アメリカ”をどのように教えるべきなのかという問題は、人文系学部、ことに文学部の存在意義についての意識を掻き立てている。 アメリカの歴史の中の様々な要素をどう教えているかについてのケーススタディを含め、日本人のアメリカ観の形成に、大学教育ことに文学部が影響を与えうるのかなどについて検討する。さらに、人文研究という分野の置かれている位置、マスコミと大学教育との連携、アメリカ研究者の職務、日本という国家とアメリカ文化との関係といった視点も取り入れてみたい。

【研究会記録】

第1回
2005年7月16日
都甲幸治(早稲田大学専任講師)
「Don Dellilo のUndrworldにおける歴史と身体」
権田建二(成蹊大学専任講師)
「内なる報復者―アメリカの極右について」

第2回
2005年9月17日
菅原大一太(嘉悦大学非常勤講師)
「アメリカ民主主義・放射への壁―”Bertleby, the Scrivener”に置ける非在の拒否」
舌津智之(東京学芸大学助教授)
「マーク・トゥエインと同性愛」

第3回
2006年3月11日
小宮山真美子(成蹊大学非常勤講師)
「視覚の裏切りと歴史の固定―『七破風の屋敷』におけるダゲレオタイプの介在」
庄司宏子(成蹊大学助教授)
「Sympathyの解体、ロマンスからリアリズムへ
ーOliver Wendell HolmesのElsie Venner: A Romance of Destiny に見る医学的視線」

第4回
2006年7月7日
ダニエル・オニール(UCバークレー校助教授)
“Reinscribing Loss: Soseki and the Russo-Japanese War”

第5回
2006年7月22日
源中由記(東京芸術大学非常勤講師)
“Games People Play: Grimm and Christmas’s Power Game in Light in August”
巽孝之(慶応大学教授)「カタストロフィリア」

第6回
2006年9月16日
大和田俊之(慶応大学専任講師)
「Celluloid Melville―メルヴィル・リヴァイヴァル期の映像と身体」
平石貴樹(東京大学教授)
「『ヴァージニアン』をめぐって──アメリカの「正義の暴力」の伝統」

第7回
2007年3月10日
新田啓子(一橋大学助教授)
「An Interscopic Gertrude Stein−アメリカ的親密性の裏物語」
若林麻希子(東京学芸大学助教授)
「誘惑小説へのオマージューハリエット・ビーチャー・ストウ『牧師の求婚』」

第8回
2007年7月7日
ジョシュア・デイル(東京学芸大学助教授)
”The Richland ‘Bombers,’ Atomic Ale, and the Nuclear Frontier”

第9回
2007年7月31日
アラン・ヤング(マックギル大学教授)
“Posttraumatic Stress Disorder and the War on Terrorism”

第10回
2007年10月20日
日比野啓(成蹊大学准教授)
「二つのオクラホマ:Oklahoma! における抑圧された表象」
下河辺美知子(成蹊大学教授)
「「核」をめぐるテクストとコンテクスト-containment とdeterrence-」

*発表者のタイトルは発表当時のものとする。

【メッセージ】

第4回研究会ダニエル・オニール氏のレポートは、CAPSニューズレターNo.92、第3回アラン・ヤング氏のレポートはCAPSニューズレターNo.96に記載されております。

INDEX

・進行中のプロジェクトを見てみる

現在、進行しているプロジェクトを見たい場合はこちらからどうぞ。

・成果報告会を見てみる

現在、進行しているプロジェクトで、報告のあがっているものを見たい場合はこちらからどうぞ。

・過去のプロジェクトを見てみる

過去に完了したプロジェクトの実績を見たい場合はこちらからどうぞ。

・研究助成事業を見てみる

こちらからどうぞ。

 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp