過去のイベント情報

本センターでは、2006年に以下のようなシンポジウムや研究会を行いました。表中の講演者等の所属や職位等は当時のものです。

最新情報は、こちらからどうぞ。

INDEX

2006年度

2007年センタープロジェクト「日本の保守」にための公開研究会

image

テーマ:米国から見た安倍政権
講演者:Curtis, Gerald L. (Burgess Professor, Dept. of Political Science, Columbia University(U.S.A))
開催年月日:2007年1月31日
招聘者:アジア太平洋研究センター
CAPSニューズレター94号(2007年4月刊行)に講演者のコメントを掲載


外国人招聘客員研究員による研究会

image

テーマ:Community engagement and local governance in England
講演者:Parker, Gabin(Senior lecturer, University of Reading(UK))
開催年月日:2006年12月14日
#招聘者:高田 昭彦教授(文学部)
当日の様子:CAPSニューズレター93号(2007年1月刊行)に掲載。また、滞在中の研究成果報告は紀要「アジア太平洋研究」32号(2007年11月刊行)に掲載。


2006年度共同研究プロジェクト中間報告会

image

報告者:
下河辺 美知子 文学部教授 (アメリカ表象研究プロジェクト)
森 雄一 文学部准教授(言語のダイナミズム研究プロジェクト)
鈴木 健二 文学部教授(メディアと国家研究プロジェクト)
宮脇 俊文 経済学部教授(ジャズと文学研究プロジェクト)
森戸 英幸 法学部教授(差別禁止研究プロジェクト)

※発表順
開催年月日:2006年11月1日
共同研究プロジェクト中間報告会とは、本センターで遂行されている3年間計画の共同研究プロジェクトのうち、2年度目、3年度目のプロジェクトが、研究の進行状況や研究費の執行状況、プロジェクト完成に向けての今後の計画等を報告する場です。
当日の様子:CAPSニューズレター93号(2007年1月刊行)に掲載


外国人招聘客員研究員による研究会

image

テーマ:中国刑法における没収制度及びその問題点
講演者:謝 望原(Xie Wang-yuan)(中国人民大学法学院教授(中国))
開催年月日:2006年7月12日
招聘者:金 光旭教授(法学部)
当日の様子:CAPSニューズレター92号(2006年10月刊行)に掲載。また、滞在中のの研究成果報告は紀要「アジア太平洋研究」32号(2007年11月刊行)に掲載。


 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp