過去のイベント情報

本センターでは、2009年に以下のようなシンポジウムや研究会を行いました。表中の講演者等の所属や職位等は当時のものです。

最新情報は、こちらからどうぞ。

INDEX

2009年度

学術研究員メンターによる研究会

image

テーマ:短冊の見方と味わい方
講師:小林 孔 (大阪城南女子短期大学教授)
開催年月日:2010年2月25日
学術研究員メンター制度により、藤井 美保子研究員
(文学研究科日本文学専攻博士後期課程在籍 指導教授:揖斐高教授)
のメンターとして招聘し、研究会を行いました。
当日の様子:CAPSニューズレター106号(2010年4月刊行)に掲載。


2009年度アジア太平洋研究センター主催シンポジウム

image

テーマ:アジア太平洋/子どもたち/映画

対話者:
愛甲 雄一(当センター主任研究員)
井上 貴子(大東文化大学教授)
田浪 亜央江(成蹊大学非常勤講師)
中上 淳貴(東京大学大学院総合文化研究科)
細谷 広美(成蹊大学教授)

司会:
山上 亜紀(当センター特別研究員)

総括:
亀嶋 庸一(成蹊大学当センター所長)

開催年月日:2010年1月23日
当日の様子:CAPSニューズレター105号(2010年1月刊行)に掲載。
プログラム詳細等はポスターをご覧ください。


第5回アジア太平洋の世界−スクリーンの中の出会い−

image

上映作品題目:『夏至』(監督:トラン・アン・ユン 2000年ベトナム作品)
講演者:ヌイエン・チー・レフォン (在日ベトナム人)
開催年月日:2009年12月1日(火)18時00分〜
詳細はこちらのチラシをご覧ください。


第4回アジア太平洋の世界−スクリーンの中の出会い−

image

上映作品題目:『未来を写した子どもたち』(監督:ロス・カウフマン、ザナ・ブリスキ 2004年アメリカ作品)
講演者:井上 貴子 (大東文化大学教授)
開催年月日:2009年11月2日(月)16時30分〜
詳細はこちらのチラシをご覧ください。


第3回アジア太平洋の世界−スクリーンの中の出会い−

image

上映作品題目:『ザ・カップ−夢のアンテナ』(監督:ケンツェ・ノルブ、プロデューサー:ジェレミー・トーマス 1999年ブータン・オーストラリア作品)
講演者:中上 淳貴 (東京大学大学院)
開催年月日:2009年10月1日(木)
詳細はこちらのチラシをご覧ください。


招聘外国人研究員 ツァッハマン博士(ドイツ・ミュンヘン大学准教)による拡大研究会

image

本研究会は、本センターの学術交流制度である「招聘外国人研究員制度」によりお招きした研究者による研究会です。
開催年月日:2009年9月17日(木)
報告テーマ:「日本戦間期・戦後期における戦争・自衛・紛争解決についての国際法思想形成と発展 1919−1960年」
詳細は、CAPSニューズレター104号に、ツァッハマン博士ご自身、ならびに研究会に参加した本学大学院法学政治学研究科政治学専攻博士後期課程3年生 水上裕史君による報告が掲載されておりますのでご覧ください。


第2回アジア太平洋の世界−スクリーンの中の出会い−

image

上映作品題目:『100人の子どもたちが列車を待っている』(監督:イグナシオ・アグェーロ 1988年チリ作品)
講演者:細谷広美 (成蹊大学文学部教授)
開催年月日:2009年7月16日(木)
詳細はこちらのチラシをご覧ください。


共同研究プロジェクト「アジア・政治・アート」成果発表会

image

本発表会は、「アジア・政治・アート」成果報告である『残傷の音−「アジア・政治・アート」の未来へ』(2009年6月4日、岩波書店より出版)の出版記念ならびにその成果発表を目的に開催されました。
開催年月日:2009年7月11日(土)
詳細は、CAPSニューズレター104号で、CAPS特別研究員の重野純子研究員が報告しておりますのでご覧ください。


第1回アジア太平洋の世界−スクリーンの中の出会い−

image

上映作品題目:『アルナの子どもたち−パレスチナ難民キャンプでの生と死』(監督:ジュリアノ・メール・ハーミス 2004年イスラエル作品)
講演者:田浪亜央江 (成蹊大学非常勤講師)
開催年月日:2009年6月26日(金)
詳細はこちらのチラシをご覧ください。


招聘外国人研究員 クマール博士(インド ビハール大学教授)による公開シンポジウム

image

本シンポジウムは、本センターの学術交流制度である「招聘外国人研究員制度」によりお招きした研究者による公開シンポジウムです。
開催年月日:2009年5月16日(土)
講演テーマ:"Integrated Development and Energy Management of Rural Arid Village through Afforestation and Remote Sensing"
詳細は、CAPSニューズレター103号に、クマール博士ご自身、ならびにシンポジウムをコーディネートされた小島紀徳理工学部教授・黒澤勝彦理工学部特別共同研究員による報告が掲載されておりますのでご覧ください。


 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp