シンポジウム案内の画像
アジア太平洋研究センターでは、独立行政法人 国際交流基金の助成を受けてシベリア抑留に関する学術討論会、公開シンポジウムを開催します。


新着情報

  • ⇒2013年6月5日更新:
  • シンポジウムは6月1日に終了いたしました。多くの方にご参加いただきました。当日の様子は、後日アップいたします。ありがとうございました。
  • ⇒2013年5月31日更新:
  • 6月1日(土)開催のシンポジウムのプログラム(PDF)をアップしました。
  • ⇒2013年5月24日更新:
  • 5月29日(水)に開催されます学術討論会が、開催場所の北海道大学スラブ研究センターのホームページにアップされました。こちらをご覧ください。
  • ⇒2013年5月17日更新:
  • 6月1日(土)に開催いたしますシベリア抑留シンポジウムのポスター・チラシが完成しました。掲載されている絵は、 シベリア抑留をテーマに描き続けておられる画家宮崎静夫さんの作(「道標」油彩 1997年 つなぎ美術館所蔵)です。ご好意により使用の許諾をいただきました。
  • ポスターの画像・・・画像をクリックしていただくとpdfファイルでご覧いただけます。
  • チラシの画像・・・画像をクリックしていただくとpdfファイルでご覧いただけます。
  • ⇒2013年5月7日更新:
  • 学術討論会について
    5月29日(水)に北海道大学スラブ研究センターにおいて学術討論会を行います。テーマ等はこちらをご覧ください。なお、この討論会は、一般公開をしておりません。
抑留関係資料のご紹介

 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp