個性を持った自立的な人間の創造 成蹊学園成蹊大学成蹊中学校・高等学校成蹊小学校
成蹊大学  
受験生の皆さん 在校生の皆さん 卒業生の皆さん 聴講生の皆さん >お問い合わせ一覧 >サイトマップ >English
HOME >大学の概要 >教育の特色
成蹊大学の教育

成蹊学園は、大正自由教育の旗手であった中村春二が1912年に設立した「成蹊実務学校」から始まりました。中村春二は、当時の画一主義、知育偏重の風潮を憂い、それぞれの学生の個性を尊重しつつ、人格、学問、心身にわたってバランスのとれた人材を養成するための全人的な教育をめざしました。そのために、何よりも学生と教員の距離の近さを重視しました。この建学の精神は現在に至るまで脈々と受け継がれ、成蹊学園の教育を支えてきました。
2012年には学園創立100周年を迎えますが、今後も成蹊大学はこの建学の精神と、大学の前身である旧制高等学校時代から育んできた、偏見にとらわれない自由で誇り高い学風を大切にしていきます。
伝統的な少人数教育と人格教育の特質をさらに深め、多くの課題をかかえる21世紀の社会に貢献する専門性をそなえた教養人を育成することが、本学に課せられた使命であると考えています。この使命を達するために、以下のような基本的な教育目標を掲げます。

● 多様性を受け入れる豊かな感性と人間性を培う
● 生涯学び続けるための自力学習の基礎をかためる
● 国際舞台でリーダーシップを発揮できる能力を涵養する

教育目標を達成するために、以下の7つの取り組みに重点を置きます。

ゼミ重視   少人数でのゼミナールや卒業論文・卒業研究の重視は成蹊教育の根幹をなすものであり、教員と学生の日常的な触れ合いを通じて、高い知性、深い教養とともに豊かな人間性と主体性を育む。

教養・基礎教育   柔軟な思考力と広い視野を養うには何よりも豊かな教養と基礎学力が重要であるとの認識のもとに、ワンキャンパス総合大学の利点を生かし、文系・理系の枠組みにとらわれない教育を 成蹊教養カリキュラムとして全学的に展開する。 成蹊教養カリキュラムはこちら

専門教育   それぞれの学部・学科の教育理念と目標に沿った専門教育を教養・基礎教育と有機的に連携させ、すべての学生に学士課程修了者にふさわしい知識と技能の獲得を促す。

国際教育   「国際教育センター」を核として、国際理解教育により国際感覚を養い、さらに、充分な語学力をつけるために英語教育を徹底する。

キャリア教育   「キャリア支援センター」を中心とする教育支援プログラムによって低年次からキャリア教育を実施し、学生の進路選択に対する意識の高揚と学修意欲の向上をはかる。

海外留学   多様なプログラム(長期・中期・短期留学)にもとづく海外の大学への留学を奨励し、授業料減免、奨学金、単位認定などによって支援する。

学生サポート   指導教授による相談体制、教員のオフィスアワー制度などを充実し、学問以外の領域においても、学生と教員の緊密な関係を構築し、学生の状況を的確に把握した上で学生支援を実践していく。また、就職個別相談、課外活動・社会貢献活動に対する支援、奨学金などを拡充する。

                                                                           学 長   

 

                                                                               亀嶋 庸一

 

HOME

ページトップへ

| 成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて | 当サイトのご利用にあたって |

お問い合わせ先
成蹊学園総務部広報課
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422(37)3517 MAIL:
copyright(C)seikeiuniv.all rights reserved.