成蹊大学授業関連情報学籍

学籍

学籍に関する手続は、 主に教務部(6号館1階)で取り扱います。
1. 学籍とは
2. 学籍の異動と学籍に関する制度
3. 願出・届出書類 の提出先と手続き方法
 ※大学院生は、扱いが異なりますので別途ご相談ください。
                                                  
1. 学籍とは

【学籍の意味】
 
「学籍」とは本学での身分所属を表すものです。
通常、本学に4年間在学し、所定の単位を修得して卒業することになりますが、在学すべき年数に算入されない「休学」や、学籍がなくなる「退学」などの「学籍異動」を希望する場合には、願い出て、許可を受けることが必要です。

2. 学籍の異動と学籍に関する制度

休学 / 復学 / 長期欠席 / 退学 / 再入学 / 除籍 / 転部・転科 / 9月卒業 / 卒業・修了延期 / 氏名の変更 / 保証人の変更 / 住所・電話番号の変更 / 留学


【休学】
 
疾病またはその他の理由により、3ヶ月以上就学できない場合は、当該学期を休学することができます。その場合、「休学願」 (疾病、怪我等の場合は診断書を添付)を大学に提出して許可を受けることが必要です。 休学期間について以下の注意が必要です。
 1. 休学期間は、1年以内とします。
 2. 休学期間の延長の必要がある場合には、さらに1年間の延長を願い出ることができます。
 3. 休学期間は、通算して4年を超えることができません。
 4. 休学期間は、学則に定められた、卒業要件としての在学すべき年数(4年)には算入されません。
 5. 休学期間は、学則に定められた、在学が許される期間(8年)には算入されません。

 休学を許可された場合であっても、休学期間中の授業料等納付金を納入しなければなりません。しかし、以下の全ての条件を満たす場合 は、在籍料(半期75,000円、年間150,000円)の納入となります。
 1. 休学期間が学期の全期間にわたる場合
 2. 前期:4月30日、後期:10月31日までに「休学願」を提出し、学部の教授会において休学が承認された場合
 * 休学が承認された後、在籍料の振込依頼書を郵送します。

【復学】
 
休学者が休学期間を終え、復学する場合は「復学願」を大学に提出して許可を受けることが必要です 。復学の時期は、休学期間の終了日の翌日です。休学期間の終了する1ヶ月前までに願い出るようにしてください。


【長期欠席】
 
休学をせず、病気・怪我など、やむを得ない事情により長期間欠席する(欠席期間が1週間を超えて3ヶ月に満たない )場合、その事実を客観的に判断できる証明書を添付して「長期欠席願」を大学に提出し許可を受けると、 教務部から教員に長期欠席の連絡をします。ただし、必ずしも出席の扱いになるとは限りません。
 なお、長期欠席が認められた場合、履修中止申請期間以外でも 履修中止の申請を受付けることがありますので、教務部に申し出てください。


【退学】
 
事情により退学する場合は、「退学願」を大学に提出して許可を受けることが必要です。退学は、 「願い出による退学」と「懲戒による退学」に区分されます。 退学( 願い出による退学)は、学生自身の意思により大学を辞めることです。退学後の進路における履歴の証明や再入学の可能性等を十分に考慮し、退学理由や退学日付についても 考えた上、提出してください。一方、大学の規則に違反し、学生の本分にそむく行為のあった者が「懲戒による退学」を受ける場合もあります。


【再入学】
 
退学者が再入学を希望する場合は、「再入学願」を提出することで、選考の上、再入学を認める場合があります。再入学の時期は、許可された年度の翌年度の始めとします。ただし、教育上特別の必要があると認める場合は、再入学の時期が許可された年度の後期の始めとなる場合もあります。


【除籍】
 
学則には、大学の決定により学生が本学での身分を失うものとして除籍が規定されています。学則に定められている除籍の理由は次のとおりです。
 1. 在学期間が所定の年数(通常の場合は8年間)を超える者

 2. 授業料等の納付金を滞納し、催告してもこれに応じない者
 3. 退学勧告を受けた者で、その後も改善が認められない者 


【転部・転科】
 
学部・学科の変更を希望する学生に対し、学内試験を実施し、転部・転科を認める場合があります(概ね2年次に進級する際の若干名の募集となり、毎年行われるとは限りません )。
 6月中旬に募集する学部を掲示にて連絡します。「募集要項」・「転部・転科願」を教務部にて配布します。学内試験は9月から10月にかけて行われる予定です。


【9月卒業】
 
以下の条件を全て満たした学生が6月末日までに「9月卒業資格認定願」を提出した場合、年度途中の9月30日付けで卒業することができる制度です。
 1. 前年度卒業が認められなかった者
 2. 在学年数が4年(3年次編入学者は2年)を超える学生であること
 3. 今年度前期末で卒業要件の充足が見込まれる者
 
4. 所定の授業料等納付金を納めていること
 詳しくは、教務部に問い合わせてください。


【卒業・修了延期】
 
4年次生が所定の卒業単位を修得し終え、引き続き本学に留まることを希望する場合は「卒業 ・修了延期」を願い出ることができます。その願 い出が許可された場合、卒業は次年度に延期されることになります。  詳しくは
こちら


【氏名の変更】
 改姓や改名をした場合は、「改姓(名)届」に変更の事実を証明できる書類 〔戸籍の「全部事項証明書(謄本)」、「個人事項証明書(抄本)」〕を添えて提出する必要があります。


【保証人の変更】 (学生生活課)
 保証人を変更する場合は、「保証人変更届」を提出する必要があります。


【住所・電話番号の変更】 (学生生活課)
 本人および保証人の住所・電話番号を変更した場合は、「住所変更届」を提出する必要があります。


【留学】
 
留学について、詳しくは国際課に問い合わせてください。


3. 願出・届出書類 の提出先と手続き方法
提出先 願出・届出書類
教務部 退学願・休学願・復学願・再入学願・転部願・転科願・改姓(名)届・長期欠席願
 9月卒業資格認定願・卒業延期願
学生生活課 住所変更届・保証人変更届
国際課 留学願・留学終了届

※各種願出用紙は、提出先にあります。

【手続き方法】
 大学所定の書式により、願い出理由を明記し、保証人との連署(本人、保証人それぞれが署名・押印)により願い出ることが必要です。また、指導教授など 担当教員に相談し、承認印を得る必要があります。場合によっては、内容を証明する書類(診断書 など)の提出を求めることがあります。

 

授業関連情報TOPへ授業関連情報TOPへ
大学TOPへ大学TOPへ

お問合せ先
成蹊大学 教務部