天災(台風、地震、大雪等)、事故、ストライキなどによる交通機関運行停止の場合の授業措置

 

 

天災、事故、ストライキ等により交通機関の一部が不通となっても、大学は可能な限り授業を実施します。ただし、首都圏のJRのうち中央線(東京〜高尾間)・山手線の全線がともに不通となった場合に限り、次の休講措置を講じます。

 

JR中央線(東京〜高尾間)・JR山手線の運行状況

授業の取扱い

  午前7時現在不通の場合

1時限及び2時限の授業を休講とする

  午前10時現在不通の場合

3時限から5時限までの授業を休講とする

   午後3現在不通の場合

6時限及び7時限の授業を休講とする

 

休講の決定は、掲示のほか、成蹊大学ホームページや履修要項に記載の休講情報専用サイトでお知らせします。なお、他の理由により一斉休講措置をとる場合についても同様にお知らせします。

 

 

大規模地震の警戒宣言が発令された場合の授業措置

 

 

大規模な地震の発生が予想され、大規模地震対策特別措置法に基づき地震防災対策強化地域判定会の招集が確認された場合には、直ちに授業を中止し、以降の授業を休講とします。

 

(1) 在宅中および通学途中の学生は、登校を中止してください。

(2) 構内にいる学生は、大学の連絡・指示に従ってください。

なお、翌日以降の授業の取り扱いは、次のとおりです。

 

警戒宣言の状況

授業の取扱い

 午後6時までに警戒宣言が出されなかった場合、

または、警戒宣言が解除された場合

翌日から平常どおり授業を行う

  午後6時現在において警戒宣言が解除されていない場合

翌日の授業を休講とする

 

授業の取扱いの決定は、掲示のほか、成蹊大学ホームページや履修要項に記載の休講情報専用サイトでお知らせします。なお、他の理由により一斉休講措置をとる場合についても同様にお知らせします。

※地震防災対策強化地域判定会: 大規模地震対策特別措置法第3条1項に規定する地震対策強化地域に係わる大規模な地震の発生のおそれに関する判定を行うために、気象庁長官の要請によって招集される判定会をいいます。

 

授業関連情報TOPへ

大学TOPへ

法務研究科TOPへ

授業関連情報TOPへ

 

お問合せ先
成蹊大学 教務部