成蹊大学聴講生の皆さん単位互換制度(大学生)

単位互換制度(大学生)
 

 成蹊大学では、他大学と単位互換協定を締結することにより(協定大学)、協定大学の学生による成蹊大学の科目の履修を可能としています。 皆さんの関心や興味に応じて、成蹊大学の特色ある授業科目や所属大学では学べない分野の授業科目の履修、あるいは成蹊大学の学生との交流を通して、幅広い視野を培うなど、様々な学修効果を期待することができます。
 成蹊大学提供科目の中から希望科目を申請し、修得した単位は所属大学の卒業単位に組み入れることが可能です。皆さんには、この制度を大いに活用して、更に充実した学生生活を過ごされるよう、期待しています。

申請資格
 原則、各大学の学部2年次生以上の学生が対象です。1年次生は、まず所属大学での学修を優先してください。なお、大学院生、正規外学生(科目等履修生、聴講生、研究生等)は申請できません。
 手続方法・詳細につきましては、所属大学の窓口(下記のガイドブック参照)にお問い合わせください。

 

武蔵野地域5大学単位互換制度

 亜細亜大学、成蹊大学、東京女子大学日本獣医生命科学大学武蔵野大学の5大学は、いずれもキャンパスが近接していることを活かして、大学間の交流と協力を促進し、それぞれの大学の教育内容の充実を図ることを目的として、単位互換協定を結んでいます。
 
 ⇒2012年度ガイドブック(手続方法・詳細)PDFダウンロード 
 

●「学術・文化・産業ネットワーク多摩」の提携講座

 本学が加盟する学術・文化・産業ネットワーク多摩では会員大学・短大における教育の充実に寄与 することを目的として、企業等と提携した講座を設置しています(以下、「提携講座」といいます)。

 提携講座は、 上記会員大学・短大のいずれかの大学において、正規の開講科目として開設し、武蔵野地域5大学単位互換と同様に、学生の所属する大学・短大の単位として、修得した単位の認定を受けることが可能です。

 また、協定大学・短大が正規に開講する授業科目を履修することもできます。

※「学術・文化・産業ネットワーク多摩
 多摩地域が持つ、豊かな自然と歴史・文化の魅力を発展させつつ、社会基盤を支える情報通信技術を活用して、多摩から日本へ、世界へと発信可能なグローバルネットワークの構築を目指しつつ、夢のあるグランドデザインを描くことを目標として、多摩地域の大学・短大、公共団体、企業、NPO等が参加する産公学民連携のコンソーシアムです。


  2012年度ガイドブック(手続方法・詳細)PDFダウンロード 

 


授業関連情報へ
大学TOPへ大学TOPへ
 

お問合せ先
成蹊大学 教務部