成蹊大学授業関連情報社会調査士課程(文学部 現代社会学科)について

 

社会調査士課程(文学部 現代社会学科)について

  

 
 社会調査士課程                                       

 文学部現代社会学科では、「社会調査士課程」を設置しています。所定の授業科目を履修して単位を取れば、社会調査士資格を取得することができます。現代社会学科の1年次から履修できます。

 代社会では、世論調査やマーケット調査など、多くの社会調査が行なわれています。時代を正しく捉え、情報を発信することは、今後社会的にますます期待されていくでしょう。こうした社会的ニーズに応えるために社会調査士という資格があります。一般社団法人 社会調査協会が発行しています。

 会調査士課程では、「世の中は今どうなっているのか」「人びとはなにを考えているのか」といった疑問に答えるために、インタビューの仕方、アンケートの作り方、統計資料の読み方などを学びます。将来、企業や官公庁の調査部門などで働きたい人にとっては、必要な基礎能力を身につけることができます。
 

【履修手続】
社会調査士課程を履修するには、各年次で以下のような手続を行う必要があります。手続の詳細は、文学部履修要項で確認してください。
なお、すべての連絡や注意は掲示板(資格課程コーナー)で行いますので、常に掲示を見るように心掛けてください。
   
  履修ガイダンス
 
年度始めに以下の内容のガイダンスを行いますので、必ず出席してください。
  1年次:課程の概略、履修方法等について(新入生学科ガイダンス)
2年次:社会調査士課程登録等について(社会調査士課程ガイダンス)
  3年次(4年次):社会調査演習について(社会調査演習ガイダンス)
   
  履修登録
 
各年次配当の社会調査士課程の科目を履修登録してください。特に以下の点に注意してください。
   
  (1) 3年次配当の「社会調査演習T・U」を履修するためには、1年次配当の「社会調査の基礎」、「社会調査の技法」をすでに修得し、2年次配当の「現代社会研究の方法T・U」と同じ年度に履修していなければなりません。
(2) 2年次以降に後期の「質的調査T」か「社会統計学の応用」のどちらかを履修してください。
  (3) 特に4年次生は、不足単位を確認し、履修するようにしてください。
   
  3 社会調査士課程登録 について
 
社会調査士課程を正式に履修する場合は、社会調査士課程登録を行わなければなりません。課程の登録は選考により認められた者が行えます。課程の履修が認められた者は所定の期間内に証明書自動発行機で、社会調査士課程履修費20,000円の申請書を購入し、教務部窓口に提出してください。
   
  4 社会調査演習ついて
 
社会調査演習T・Uは、1クラスしか開講しておりません。クラス分けは、3月のガイダンス時に3年次生(4年次生)に希望調査を行い、選考の上決定する予定です。
また、社会調査演習の履修が認められた者は、所定の期間内に証明書自動発行機で、社会調査士課程実習費1,0000円の申請書を購入し、教務部窓口に提出してください。期日までに納入のない場合は、社会調査演習の履修を認めません。
   
  証明書・資格申請(卒業時)
 
所定の授業科目の単位を修得したならば、卒業時に本人の申請に基づいて大学から「社会調査士課程単位修得証明書」が発行されます。また、卒業時に所定の手続きをすることで、一般社団法人 社会調査協会から認定証を受けることができます。(認定手数料15,750円)手続きについては、掲示板の指示に従ってください。

授業関連情報TOPへ

大学TOPへ

©2010 成蹊大学教務部
All rights reserved.

 

お問合せ先
成蹊大学 教務部