個性を持った自立的な人間の創造

成蹊学園成蹊大学成蹊中学・高等学校成蹊小学校
成蹊学園健康支援センター 成蹊大学保健室
お問い合わせ一覧 サイトマップ 交通アクセス
HOME > 健康情報 > アルコールについて知ってほしいこと  > 急性アルコール中毒が起きてしまったら

急性アルコール中毒が起きてしまったら

●酔いつぶれた人の介護方法
 1.絶対に1人にしない
 2.衣服を緩めて楽にする
 3.体温の低下を防ぐ
 4.吐物による窒息を防ぐために、顔を下に向け、横向きに寝かせる
 
●こんな時は救急車を!
 1.いびきをかき、強くつねっても反応がない
 2.倒れて、口から泡を吐いている
 3.体温が下がって、全身が冷たい
 4.呼吸がゆっくりで時々しか息をしない
 5.呼吸が異常に早くて浅い
 6.飲み始めてから1時間で酔いつぶれている
          →すぐに医療機関へ
 
●急性アルコール中毒 死の2大原因
 1.嘔吐による誤飲→窒息死
 2.アルコールによる脳幹マヒ→呼吸停止
    ⇒救急車が到着するまで昏睡位をとらせるとよい。(下写真参照)
       理由:舌根沈下の防止、吐物の自然流出
       
 
 *応急手当講習会などに参加して、いざという時のために応急手当を身につけておくと、
いざという時、適切な対処ができるでしょう。
 

<<   前のページ    次のページへ  >>

 

| 成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて | 当サイトのご利用にあたって |

お問い合わせ先
成蹊学園健康支援センター
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422(37)3518 MAIL:
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.