個性を持った自立的な人間の創造

成蹊学園成蹊大学成蹊中学・高等学校成蹊小学校
成蹊学園健康支援センター 成蹊大学保健室
お問い合わせ一覧 サイトマップ 交通アクセス
HOME > 健康情報 > 薬物乱用について

薬物乱用について

近年、大学生の大麻汚染が拡がっています。注射を打つことが多い覚醒剤などと違い、吸引が中心となる大麻は抵抗感が低く、 「ソフトドラッグでタバコより健康被害は少ない」という誤った情報により罪悪感をあまり感じないことが、大麻汚染拡大のひとつとなっています。
しかし、大麻は「大麻取締法」の規制を受ける麻薬であり、大麻精神病の原因薬物とされています。 たとえ1回の使用でも乱用になり、所持するだけで犯罪になります。
 
乱用薬物には、MDMA(科学的に合成された麻薬)、大麻、覚せい剤、コカイン、ヘロイン、LSD、マジックマッシュルーム、シンナー、違法ドラッグ(向精神薬などの医薬品の不正使用)などの様々な種類があります。近年、錠剤やカプセル、液剤などの一見サプリメントのように思われるものも多く、本人が薬物を乱用している自覚がないままに手を染めてしまう場合もあります。
   厚生労働省HP「薬物乱用に関する情報」
 
●巧みな手口・好奇心
薬物乱用を始めるきっかけは、「1回だけなら・・・」、「好奇心で・・・」、「知人に勧められて・・・」など身近な人から勧められて、いつの間にか薬物乱用に染まってしまう場合があります。また、「イベント」や「クラブ」などで、偶然出会った人から「もっと楽しい気分にな れる」、「疲れがとれる」、「やせられる」などといった言葉に騙されて、危険な薬物に手を出してしまう場合があります。
 
 
●薬物を乱用するとどうなるの?
●一度だけでも「薬物乱用」
 「薬物乱用」とは、医学的あるいは社会的に容認された範囲から逸脱して、危険な薬物を使用し、悪用することです。たとえ1回だけでも、目的から外れて使用すると乱用になり、犯罪になります。
 
薬物乱用の恐ろしさ
薬物乱用の最も恐ろしい特徴は、何度でも繰り返して使いたくなる「依存性」をもつことと、乱用を繰り返しているうちに、それまでと同じ量では効かなくなる「耐性」という性質をもつことです。
一度だけと思って手を出した人も 、薬物の「依存性」と「耐性」により、自分の意志でコントロールすることができなくなり、そして、さらに毒性・依存性の強い薬物を乱用するようになるのです。
 
〜〜〜心身への影響〜〜〜
●人格の変化
薬物が中枢・脳神経系に作用することにより、以下のような変化を来たすことがあります。
情動面 : イライラして落ち着きがなく、気短で辛抱ができない。人の立場を理解せず、わがま
       まで、責任を人のせいにするようになる。
意欲面 : 無気力で、だらしなくなる。目標意識が持てず、意欲もわかず、人づきあいを避ける
       ようになる。
社会的不適応 : 道徳心が低下し、平気で嘘をつく。言葉遣いが乱暴になる。金づかいがあら
       くなり、借金を重ねる。人に暴力を振るうようになる。
 
中枢神経障害
思考力や記憶力が低下し、幻覚や幻聴などが現れるようになります。また、手足のしびれやふるえが生じ、スムーズに動きにくくなります。
 
フラッシュバック現象
薬物乱用による害は一生続きます。薬物乱用によって精神病の症状が生じると、治療によって回復しているかに見えても、ささいなストレスや飲酒などがきっかけで、突然、幻覚や妄想などが再び起こることがあり 、これを「フラッシュバック」といいます。また人格の変化や社会不適応などの大きな変化も残ってしまいます。
 
犯罪や事故
薬物を入手するために、窃盗や詐欺、売春などの犯罪に手を染めたり、また、妄想や幻覚などのために殺人や放火などの重大犯罪 を起こしてしまう場合もあります。
 
●最近、大学生の大麻乱用による検挙が増えています
「大麻はタバコより健康被害は少ない・・・」という情報が流布しています。大麻は、タバコのような身体的被害よりも精神的被害が大きいのが特徴で、以下のような症状が現れます。長期間乱用することで脳障害を伴う「大麻精神病」を発病します。
・咽頭炎による咳、眼の充血、心拍数の増加、平衡感覚の障害
・感情の起伏が激しくなる
・忍耐力や自発性の低下
・幻覚や妄想の出現
・知的水準の低下により、複雑な会話や計算が出来なくなる

・生殖能力の低下

 大麻について(薬物乱用防止「ダメ・ゼッタイ」HP)
 
大麻の栽培・所持・譲渡・種子の提供は犯罪です
大麻は「大麻取締法」にて規制を受ける麻薬です。輸入・輸出・栽培にて7年以下の懲役、所持・譲渡・譲受にて5年以下の懲役、不正栽培のための種子の提供にて3年以下の懲役、となる犯罪です。
 
薬物犯罪に巻き込まれないために
乱用薬物には絶対に手を出さないことはもちろんですが、自分が望まなくても薬物犯罪に巻き込まれる場合もあります。薬物犯罪に巻き込まれないためには、自ら薬物乱用 の現場に近づかないのはもちろんのこと、薬物乱用が行われやすい場所を知っておくこと、興味本位で何かわからないものに手を出さないこと、理性が無くなるような飲酒をしないこと、見知らぬ人で自分に近づいてくる相手を冷静に見る習慣をつけること、自分が望まない行為ははっきりと断るように普段から心がけることが大切です。
 
●一人で悩まず相談する
薬物乱用をやめたいと思っている人や、自分の周りの家族や友人などの薬物乱用で悩んでいる人は、一人で悩まず健康支援センターや、以下の相談窓口に相談しましょう。
 
   東京都立精神保健福祉センター         03-3842-0946
   警視庁 ヤングテレホンコーナー       03-3580-4970
   東京都福祉保健局健康安全部
                    薬務課麻薬対策係   03-5320-4505
   E−mail          s0000607@section.metro.tokyo.jp
 

 

| 成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて | 当サイトのご利用にあたって |

お問い合わせ先
成蹊学園健康支援センター
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422(37)3518 MAIL:
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.