成蹊大学授業・学生生活

                                                    

本学に導入している緊急地震速報システムと
「地震発生時 行動マニュアル」について


                                                    

成蹊大学では、緊急地震速報システムを導入しており、武蔵野市で震度4以上の揺れを予測した場合に、学内に緊急地震速報を流します。

地震の揺れを感じたり緊急地震速報が流れたりしても、慌てず落ち着いて行動できるよう、「地震発生時 行動マニュアル」を作成しました。「その時」に備え熟読しておいてください。


学生用はこちら

来校者の皆さまはこちら
授業担当者用はこちら
For Instructors



<緊急地震速報システムに関する注意点>

緊急地震速報は学内に設置されているスピーカーを通じて放送します。スピーカーの音量をむやみに変えることはお控えください。

また、毎月1日の午後5時45分に試験放送が流れます。試験放送の内容は「訓練です。《信号音》緊急地震速報、およそ10秒後に震度5弱程度の地震が来ます、揺れが収まるまで身を守ってください。」です。この試験放送は、緊急地震速報受信装置およびスピーカーなどの定期的な動作確認のために行うものですので、ご了承ください。



2016年4月                                                                                                             学 長  北 川 浩

大学TOPへ