| 成蹊大学 |
成蹊大学 経済学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
専門的知識と技能を持つ、自立した職業人の育成
HOME > 経済学部を知ろう

経済学部を知ろう

スペシャリストコース   情報分析プログラム   早期卒業、学生特別表彰
経済学部教育研究方針大綱   経済経営学科 Q&A

理念

経済学、経営学、及び学際的な分野の教育研究を行い、社会に貢献する自立した職業人を養成すると共に、研究の成果を広く社会に発信することにより、社会の安定と人類の進歩に貢献します。

教育上の目的(人材育成方針)

1 経済学及び経営学に関する深い専門知識を備え、人文、社会、自然の各分野並びに各分野にまたがる学際的な分野に関する幅広い教養を有し、これらに基づいてグローバルな視点から現実社会における課題を発見し、他者と協働して課題解決に取り組んでいくことができるような人材の育成を目指します。
2 前項に言う必要な専門知識と教養は時代と共に移り行くものであり、卒業後も自発的に学び続けていく必要があります。本学部においては、生涯にわたって自ら学び続けていく人間の育成を目的として、それぞれの分野の基礎の徹底的な修得と、自ら主体的に学ぶ自発的学修姿勢の涵養を主眼として教育を行うものとします。

教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
本学部の「理念」及び「教育上の目的」を踏まえ、以下のとおり教育の目標を定めています。

1【深い専門知識】
  経済学及び経営学に関する深い専門知識を修得し現実社会の問題の本質を把握する洞察力の涵養
2【幅広い教養】
 幅広い教養を修得し現実社会の問題を多角的にとらえる視座の醸成
3【課題の発見と解決】
 現実社会が直面する課題を発見し解決する能力の涵養
4【他者との協働】
 円滑に他者と協働するための協調性とコミュニケーション力の涵養
5【自発的な学び】
 自ら主体的に学ぼうとする学修姿勢の涵養

これらの教育の目標に即して、本学部の学士の学位授与の基本方針を以下のとおり定めています。

(1)【深い専門知識】
経済学及び経営学の基本的な原理及び思考のフレームワークを理解し、社会(政策、企業経営等)で発生している諸現象を定量的に把握し、各事象の因果関係等を経済学及び経営学の理論に基づいて考察することが可能な専門知識を修得している。
(2)【幅広い教養】
人文科学、社会科学、自然科学及びこれらにまたがる学際的な分野に関して、それぞれの分野の基本的な概念と基礎となる思考方法を理解し、人間及び社会の諸問題を多角的に把握して総合的な思考を行うことが可能となるような教養を修得している。
(3)【課題の発見と解決】
現実の人間社会の諸問題の本質を理解するために必要な情報(文献、統計等を含む。)を調査収集(語学力などの読解力を含む。)し、それを的確に分析する能力を身に付けている。
(4)【課題の発見と解決】
多様な情報から問題の本質を見抜く洞察力と、それを課題解決に結び付けていく論理的思考力を身に付けている。
(5)【課題の発見と解決】
課題発見から課題解決に至るプロセスを適切に企画・管理運営する総合的なマネジメント能力を身に付けている。
(6)【他者との協働】
自分が属する組織の全体像とその中における自分の役割を適切に理解し、他者と協力して仕事を進めていくことができるような協調性を身に付けている。
(7)【他者との協働】
自分の意思を明確に他者に伝達することができ、他者の意思や感情を的確に理解することができるコミュニケーション力(語学力を含む。)を身に付けている。
(8)【自発的な学び】
未知の領域に積極的に挑戦し続ける主体性を身に付けている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 
「教育上の目的」、「教育の目標」及び「学士の学位授与の方針」を踏まえ、本学部のカリキュラム編成・実施の基本方針を以下のとおり定めています。

(1)経済学及び経営学に関する専門知識を確実に修得できるようにするため、体系的に専門科目を配置する。
(2)生涯にわたって経済学及び経営学を学び続けるための礎を築くには、専門分野の基礎の徹底的な修得が必要不可欠であり、このため1年次及び2年次に徹底的な基礎の修得を目的とした「コア科目」を配置する。
(3)専門知識、教養及び学際分野をバランスよく学修することができるように、教育課程の中に全学共通科目(成蹊教養カリキュラム)、経済学・経営学の応用発展科目、学際科目の3つの区分を明示し、それぞれから単位修得を行うことを基本とする。
(4)学生の自発的な学びを促すために、履修指針としての科目区分「スペシャリストコース」及び選抜制の特別な科目区分「特別プログラム」を設ける。
(5)学士の学位授与の方針に掲げる8つの項目を総合的に修得することができるようにするために、1年次から4年次までのすべての学年に少人数による演習科目を設け、4年次の演習に成果物(「卒業研究」)の提出を義務付ける。
 
入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)
「理念」及び「教育上の目的」を踏まえ、本学部の入学者受入れの方針を以下のとおり定めています。

【求める学生像】
(1)高校までに身に付けておくべき十分な基礎学力を有する人
(2)問題を発見して、その解決手段を企画立案することに興味を持つ人
(3)チームで協力して学修することに興味を持つ人
(4)未知のものに積極的に立ち向かうチャレンジ精神旺盛な人

【大学入学までに身に付けておくべき教科・科目等】
@ 国語: 種々の書物、雑誌等に著された現代文を理解するための読解力と、自分自身の考えをまとめ上げ、正しく表現する文章力を養うこと。
A 英語: 英語の長文を理解する読解力と、自分の考えを英語で表現し、他の人に伝えるコミュニケーションの能力を養うこと。
B 地理歴史・公民: 地理、歴史、社会制度に関する基本的知識を修得すること、そしてそれを踏まえた上で、社会の動きや仕組みを解き明かそうとする探究心・観察力を養うこと。
C 数学: 基本的な数式やグラフを理解し、それを応用して、論理的な思考を展開することができる力を養うこと。

【教科・科目の学習に関して、高校生に向けたメッセージ】
成蹊大学経済学部に入学するために、経済学・経営学の特別な基礎知識は必要としません。大学で学ぶにふさわしい意欲と基礎学力を備えた人材であれば、すべての人を歓迎します。高校等で学習する教科・科目等については徹底的に基礎を修得すること、そして筋道を立てて論理的に考える習慣と自分の考えを明確に表現する発信力を身に付けることを目指して、着実に学習を進めていくことが大切です。

研究

知の創造は大学に身をおくものの使命であり、そのためには自由闊達な研究環境と、学部・大学の垣根をこえた研究者相互の交流が必要とされます。最先端の学問的成果を吸収しそれをさらに発展させるばかりではなく、新たな研究分野を開拓しそれを世界に発信する積極的な姿勢がなにより求められており、経済学部はこの目的の実現のため全力をあげて取り組みます。

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.