成蹊大学公開講座・講演会情報公開講座

成蹊大学 2016年度 前期公開講座

統一テーマ: 「安全・安心のために

 高齢化社会の到来や地球の温暖化など、私たちの住む世界は大きな変貌を遂げつつあります。 環境の変化や社会不安の高まりに、現在の制度やテクノロジーはどのように対応しているでしょうか。 また今後、どのようなことが必要になってゆくのでしょう。2016年春の公開講座は、安全、安心のための今日的な諸問題を考えます。


第1回

5月14日(土)
10:30〜12:10
「地域包括ケアシステムの社会学−高齢期の福祉の担い手はだれか?−」
渡邉 大輔(成蹊大学文学部准教授) 
 高齢期の安全・安心を支える主要な要素である福祉を、だれがどのように担うのでしょうか。 医療・介護において進められている地域包括ケアシステムを題材として、理論や歴史を踏まえながら考えます。

第2回

5月21日(土)
10:30〜12:10
「定年後も安心して働ける社会へ−高年齢者雇用安定法の意義と課題−」
原 昌登(成蹊大学法学部教授) 
 「生涯現役社会」の実現が求められています。 「定年後も働きたい」という希望を叶えるために「労働法」が用意したルールについて学び、考察を深めてみましょう。 

第3回

5月28日(土)
10:30〜12:10
「変わる東京の気候環境」
財城 真寿美(成蹊大学経済学部准教授) 
 「ゲリラ豪雨」や「地球温暖化」など、身近に様々な気象情報があふれる現在。 正しく情報を理解し、気象災害から身を守るために、私たちが生活する東京・武蔵野の気候環境とその変化について解説します。 

第4回

6月4日(土)
10:30〜12:10
「本人認証とセキュリティ」
小方 博之(成蹊大学理工学部教授) 
 テロリストの入国阻止、ネット上の取引などの場面で、 本人認証の重要性が増しています。合言葉から最近の生体認証技術まで、セキュリティに関わる本人認証の話題を取り上げ、解説します。 

会   場: 成蹊大学6号館401教室 (本学へのアクセスは、 こちら をご覧ください。)
受講費用: 無料
受講資格: どなたでもご参加いただけます。
定   員: 300名(当日先着順)
そ の 他: お申し込みの必要はございません。直接会場へお越しください。
        各回独立した内容ですので、ご希望の回だけの受講も可能です。


※講義内容・講師・会場につきましては、止むを得ず変更になる場合がございます。予めご了
  承ください。なお、ご不明な点がございましたら、当ページ最下部に記載の問い合わせ先ま
  でお気軽にご連絡ください。


【講師紹介】
渡邉 大輔 (わたなべ だいすけ) 文学部HP   教員プロフィールページへ
原 昌登 (はら まさと) 法学部HP   教員プロフィールページへ
財城 真寿美 (ざいき ますみ) 経済学部HP 教員プロフィールページへ
小方 博之 (おがた ひろゆき) 理工学部HP 教員プロフィールページへ

<広報チラシ>


(クリックで拡大)

<講座風景>

<会場外観>


 過去に開催された公開講座の一覧は、こちら をご覧ください。

 
公開講座・講演会情報へ
大学TOPへ

お問い合わせ先
成蹊大学企画運営部庶務運営課
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL: 0422-37-3535  FAX: 0422-37-3883
E-mail: kikaku@jim.seikei.ac.jp