TOP > 法科大学院について > 施設・設備

施設・設備

緑に囲まれた真新しい校舎、法科大学院棟。

独立した法科大学院棟

法科大学院棟は本キャンパスから独立しているため、24時間、365日の利用が可能です。教員研究室を内部に設けていますので、教員の個別指導を受けやすい環境が整っています。また、法科大学院棟に入るためにICカード(学生証)を要するなど、セキュリティにも配慮しています。

地上4階搭屋1階 鉄筋コンクリート造
建築面積:1,298.09m2
延床面積:4,460.01m2
高さ:19.60m
屋上にはソーラーパネル、屋上緑化を設置


概観

エントランス

専用机のある自習室を完備

法科大学院棟2階には、学生一人ひとりのスペースを確保した自習室があります。一室の定員は20名。机には学内LANに接続可能な情報コンセントも備えつけています。授業以外の貴重な時間を勉学に集中する場として活用できます。また、修了後、司法試験合格までの間に利用できる修了生自習室も低料金で設けています。


在学生自習の様子

自習室

模擬法廷を備えた講義室

収容人数に応じた大小の講義室、演習室、模擬法廷を設置しています。また、法科大学院専用の図書室を設置し、法学基本書、雑誌や法令・判例集を備えています。併せて本キャンパス内にある大学図書館も利用することができます。


講義室

模擬法廷

2階の院生ラウンジは交流の場

学生同士あるいは学生と教員の交流と息抜きの場としてラウンジが設置されています。さまざまなバックグラウンドを持つ学生にとっては、一種の異文化交流の場となることでしょう。2階のラウンジには自動販売機、冷蔵庫、電子レンジも設置。


2F院生ラウンジ


一つ前のページに戻る
このページの先頭へ