概要

成蹊大学法科大学院の基本理念

成蹊大学法科大学院は、学園創立当初より中核としてきた「個性尊重の人格の教育」を、法曹教育においても実現することを目指して、2004年4月1日に発足しました。
本法科大学院の教育目標として目指しているのは、第一に、法曹となるにふさわしい基礎的かつ体系的な学識を修得させることです。第二に、専門的な法的知識を実践的に活用することが出来るような能力を備えさせることです。第三に、人の気持ちや痛みを理解でき、豊かな人間性を基礎とした法曹としての職業倫理を身につけ、社会の様々な分野において活躍することの出来る人材を育成することです。

正式名称 成蹊大学 法務研究科(法科大学院)
過程 専門職学位課程
学位 法務博士(専門職)
開設 2004年4月1日
設置者 学校法人 成蹊学園
収容定員 135名
標準終了年限 法学既修者:2年 法学未修者:3年
一つ前のページに戻る
このページの先頭へ