TOP > カリキュラム・進路 > カリキュラム・修了要件

カリキュラム・修了要件

法律問題を解決する実務的な能力とセンスを磨くカリキュラム構成。

成蹊大学法科大学院は、多彩なバックグラウンドを持つ学生のために、法律基本科目を土台としたカリキュラムを組んでいます。法学未修者が1年間で法学既修者と同等の学力を備えるのは難しいと予測し、2年次後期を目処に同一レベルに達するよう配慮してあります。
カリキュラムは、大きく4つに分けられます。法律基本科目群(公法系、民事法系、刑事法系)、実務基礎科目群、基礎法学・隣接科目群、展開・先端科目群の4つです。

※下記カリキュラムは一部変更となる場合もございます。

科目区分 授業科目・単位数・配当年次
1年次 2年次 3年次
法律基本科目(ファンダメンタルズ)
必修科目 公法系 憲法 I ④
  行政法 I ② 行政法 II ② 憲法 II ②
  公法総合 ②
民事法系 財産法 I ④ 財産法 II ② 財産法 III ② 財産法 IV ④ 財産法 V ② 家族関係法 ② 民事訴訟法 I ④
  財産法 VI ② 企業組織法 ④ 企業金融法 ②
民事訴訟法 II ② 民事訴訟法 III ②
  民事法総合 ②
刑事法系 刑法 I ② 刑法 II ② 刑事訴訟法 I ②
  刑法 III ② 刑事訴訟法 II ② 刑事訴訟法 III ②
  刑事法総合 ②
選択科目 判例学習入門 ② 刑事法基礎 ② 基本演習 I ②
  商取引法 ② 金融決済法 ② 公法基本特殊講義 I ②
民事法基本特殊講義 I ② 企業法基本特殊講義 I ②
民事手続法基本特殊講義 I ② 刑事法基本特殊講義 I ②
基本演習 II ② 基本演習 III ②
  公法基本特殊講義 II ②
民事法基本特殊講義 II ②
企業法基本特殊講義 II ②
民事手続法基本特殊講義 II ②
刑事法基本特殊講義 II ②
基本演習 IV ② 基本演習 V②
実務基礎科目(アプレンティスシップ)
必修科目   民事実務基礎 I ② 刑事実務基礎 I ② 法曹倫理 ②
  民事実務基礎 II ②
刑事実務基礎 II ②
選択科目 法律英語 ②
  リーガル・ライティング ②
民事模擬裁判 ②
刑事模擬裁判 ②
ロイヤリング ②
クリニック ②
エクスターンシップ ②
基礎法学・隣接科目(パースペクティブズ)
選択科目 アメリカ法 I ② アメリカ法 II ② Law & Economics ② 法と政治 ②
EU法 ② 法社会学 ② 法哲学 ② 法制史 ②
  企業会計 ②
展開・先端科目(フロンティアズ)
選択科目 国際法 I ② 国際法 II ② ジェンダーと法 ②
  労働法 I ② 労働法 II ② 民事執行・保全法 ② 倒産処理法 I ②
倒産処理法 II ② 独占禁止法 ④ 国際経済法 ④ 工業所有権法 I ②
工業所有権法 II ② 著作権法 I ② 著作権法 II ② 国際私法 ④
国際取引法 ④ 消費者法 ② 租税法 ② 刑事学 ② 金融商品取引法 ②
企業法務論 ② 自治体公共政策 ② 自治体政策実務 ② 不動産取引法 ②
環境法 ② 公法展開特殊講義 I ② 民事法展開特殊講義 I ②
企業法展開特殊講義 I ② 民事手続法展開特殊講義 I ②
刑事法展開特殊講義 I ②
展開演習 II ② 展開演習 III ②
  公法展開特殊講義 II ②
民事法展開特殊講義 II ②
企業法展開特殊講義 II ②
民事手続法展開特殊講義 II ②
刑事法展開特殊講義 II ②
展開演習 IV ②
展開演習 V ②

法律基本科目群(ファンダメンタルズ)

少人数クラスで、教員と学生の双方向型の授業形態に基づいた密度の濃い授業が行われます。学問としての法律ではなく、判例・事例重視型の現実の問題解
決を目指した、実務的能力を培う法律教育を行います。

実務基礎科目群(アプレンティスシップ)

「民事実務基礎」「刑事実務基礎」「法曹倫理」「リーガル・ライティング」などの科目をはじめ、「民事模擬裁判」「刑事模擬裁判」「ロイヤリング」「クリニック」「エクスターンシップ」などによって、現実的な法律問題に対する解決能力を育成し、実務的なセンスを磨きます。

基礎法学・隣接科目群(パースペクティブズ)

「アメリカ法」「Law & Economics」などの科目により、法律問題を多角的・重層的に把握する法学的・社会科学的素養の育成を図ります。

展開・先端科目群(フロンティアズ)

「独占禁止法」「工業所有権法」「国際取引法」「倒産処理法」など、社会の最先端の問題やニーズを反映した現代的科目を学びます。

履修単位について

修了要件としての修得単位数は98単位以上、法学既修者は2年間で68単位以上と定められています。
また、入学前の他の大学院における既修得単位は、原則として成蹊大学法科大学院で開講される科目との互換性のある科目のみを関連科目として認定します。

科目区分 区分別必要単位数
必修科目 法律基本科目 公法系 12 70
民事法系 34
刑事法系 14
実務基礎科目 10
選択科目 法律基本科目 4以上 4
実務基礎科目 4以上 24
基礎法学・隣接科目 4以上
展開・先端科目
修了所要単位数 98
一つ前のページに戻る
このページの先頭へ