教員プロフィール

伊藤 司

役職
教授
最終学歴
修士
学位
種類  :法学
授与大学: 北海道大学
取得年月: 1982年3月
専門分野
日本語名称:刑法
英語名称:Criminal Law
担当科目
担当科目についてはシラバス照会ページ(SEIKEI PORTAL)をご覧ください。
※「シラバス照会」を選択し、教員氏名を入力して検索してください。
シラバス照会ページ(SEIKEI PORTAL)
研究課題
刑法についての一般的研究

研究業績(主な著書・論文等)

区分 区分詳細 著者名 著書・論文名等 発行所・掲載誌(書)・ページ数等 発行年等
論文 単著 伊藤 司 騒擾罪の保護法益についての一考察(一)(二・完) ─ 刑法における「社会」概念を視座において ─ 北大法学論集34巻1号79-124頁、35巻1・2号213-71頁 1983/
1984
論文 単著 伊藤 司 刑法における宗教感情に関する一考察 ─ 特に188条1項をめぐって ─ 九州大学教養部社会科学論集27集1-54頁 1987
著書 共著 伊藤 司 阿部純二編集代表『刑事法の思想と理論(荘子邦雄先生古稀祝賀)』 第一法規、381-407頁 1991
論文 単著 伊藤 司 判例による法形成 ─ 「水俣病事件」の場合 ─ 法政研究58巻2号39-164頁 1992
著書 共著 伊藤 司 阿部純二ほか編著『刑法基本講座第2巻』 法学書院、26-40頁 1994
著書 共著 伊藤 司 内田文昭編著『争点ノート刑法 I(総論)〔改訂版〕』 法学書院、44-6、215-7、218-20、241-3頁 1997
著書 共著 伊藤 司 内田文昭編著『争点ノート刑法 II(各論)〔改訂版〕』 法学書院、34-7、72-5、151-4、167-70、171-4頁 1997
論文 単著 伊藤 司 刑法各論覚書(3) 成蹊法学68・ 69合併号、43-49頁 2008
論文 単著 伊藤 司 刑法各論覚書(4) 成蹊法学72号、115-124頁 2010
論文 単著 伊藤 司 刑法各論覚書(1) 成蹊法学76号、77-88頁 2012
所属学会
日本刑法学会
社会活動等
 
メッセージ
研究者教員として、まずは受講生の司法試験合格を目指して、司法試験「刑法」科目を念頭に置き、かつ法科大学院としてふさわしい程度のスクーリングを心掛けている。また、「刑法」の比較法的・周辺的な知識についても、可能な限り取り上げたいと思っている。
一つ前のページに戻る
このページの先頭へ