成蹊大学成蹊大学ニュース2010

大学ニュース
2010年度
ニュース『成蹊大学人文叢書』第8巻「異言語と出会う、異文化と出会う」を出版しました。(3月31日)
ニュース学位記の配付が行われました。(3月24日)
ニュース法学部の富田武教授が政治研究櫻田會特別功労賞を受賞しました。(3月23日)
ニュース文学部墓田准教授が共同執筆したコラムがブルッキングス研究所のHPに掲載されました。(3月23日)
ニュース心の健康について−学生相談室からのお知らせ−(3月22日)
ニュース成蹊大学オリジナルブックカバーが配付されます。(3月18日)
ニュース「ノートテイク活動の紹介と体験会」が開催されました。(3月16日)
ニュース3月14日(月)の学内企業セミナーは中止します(3月14日)
ニュースけやきグラウンドの北側中央にAEDが設置されました。(3月11日)
ニュースけやきグラウンドにAEDが設置されました(3月11日)
ニュース理工学部の小川隆申教授が取材協力をしたテレビ朝日「奇跡の地球物語」が放送されます。(3月8日)(5月2日更新)
ニュース新大学6号館建設に係る基本構想の中間報告がまとまりました。(2月25日)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。(2月24日)
ニュース学生有志が吉祥寺PARCOとコラボレーション企画を行いました。(2月15日)
ニュース女子ラクロス部の学生が連続ドラマに出演します。(2月14日)
ニュース法学部の西崎文子教授の記事が朝日新聞に掲載されました。(1月31日)
ニュース2010年度『成蹊学園創立100周年・成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年記念連続講演会』第3回が開催されました。(1月27日)
ニュース学長表彰が行われました。(1月14日)
ニュース「メディアリテラシー実習」制作のラジオ番組が放送されました。(1月14日)
ニュース2010年度『成蹊学園創立100周年・成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年記念連続講演会』第2回が開催されました。(1月14日)
ニュース成蹊教育のいま第15回を掲載しました(1月13日)
ニュース学園広報80号を掲載しました(1月13日)
ニュース「メディアリテラシー実習」制作のラジオ番組が放送されます。(12月24日)
ニュース理工学部の二ノ宮晃助教と石郷岡猛名誉教授(故人)が平成21年電気学会にて優秀論文賞を受賞しました。(12月24日)
ニュース理工学研究科の2年生田渕宏典さんと1年生小熊綾乃さんが環境国際会議で佳作ポスター賞に選ばれました。(12月21日)
ニュース馬糞堆肥を無料で差し上げます(PDF)(12月15日)
ニュース2010年度の成蹊大学賞が決定しました!(12月9日)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。(12月3日)
ニュース2011年度 各種正規外学生の出願要項を掲載しました(12月3日)
科目等履修生・研究生はこちら聴講生はこちら
ニュース欅祭展示表彰団体が決定し「学生ボランティア本部」が学長賞に選ばれました!(12月2日)
ニュース文学部墓田桂准教授らが翻訳を手掛けた国際文書の日本語版が出版されました。(12月2日)
ニュース理工学部田中俊光教授と心理・物理音響研究室の学生の皆さんがBS JAPAN「世の中進歩堂」に出演します。(12月2日)
ニュース理工学部4年生の中村隆宏さんが第17回エコテクノロジーアジア学会で優秀発表賞を受賞しました。(12月1日)
ニュースラグビー関東大学対抗戦の成蹊大学試合分最終戦を勝利で飾りました。(11月29日)
ニュース欅祭にて入江昭先生(ハーバード大学名誉教授)の講演会が開催されました。(11月26日)
ニュース成蹊大学卒業生の村上善一氏が平成22年秋の褒章にて黄綬褒章を受章しました。(11月24日)
ニュース成蹊教育のいま第14回を掲載しました(11月17日)
ニュース学園広報79号を掲載しました(11月17日)
ニュース法学部の湯山トミ子教授が担当する現代GP採択プログラム“游”が日本e-Learning学会2010年度学術講演会で大会委員長賞を特別受賞
しました。(11月15日)
ニュース学生有志団体WANが受けた取材の模様が「デイリー武蔵野三鷹」で放送されます。(11月15日)
ニュース欅祭にて入江昭先生(ハーバード大学名誉教授)の講演会が開催されます。(11月13日)
ニュース成蹊大学賞候補者を募集中!(11月12日)
ニュース第4回 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウムを開催します。(11月10日)
ニュースノートテイク講習会が行われました。(11月10日)
ニュース元文学部の柴田義松教授の著作集「柴田義松教育著作集」(学文社)が出版されました。(11月10日)
ニュース成蹊大学が「エコ大学」ランキングで私立大学第5位となりました。(11月9日)
ニュース2010年度後期公開講座『むさしの ―昨日・今日・明日―』第1回が開催されました。(11月5日)
ニュースラグビー関東大学対抗戦で成蹊大学が日本体育大学に歴史的勝利をおさめました!(11月4日)
ニュース陸上部の学生がCMにエキストラ出演します。(11月2日)
ニュース国際協力サークルM.I.X.よりカンボジアでの靴の贈呈についての報告(11月2日)
ニュース第61回四大学運動競技大会および成績優秀団体賞状授与式が行われました。(11月1日)
ニュース茶道部が「成蹊学園創立100周年記念茶会」を開催しました。(10月27日)
ニュース2010年度『成蹊学園創立100周年・成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年記念連続講演会』第1回が開催されました。(10月26日)
ニュース大学図書館主催の「第1回選書ツアー」を開催いたしました。(10月25日)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。(10月25日)
ニュース理工学研究科博士後期課程2年の山口智子さんがポスター発表賞を受賞しました。(10月20日)
ニュース学生有志団体WANがむさしのあったかまつりに参加します。(10月15日)
ニュース学生有志団体「WideAreaNetwork」と「漫画研究会ペルシャ猫」が「吉祥寺アニメワンダーランド2010」に出展しました。(10月14日)
ニュース文学部の揖斐高教授が角川源義賞を受賞しました。(10月13日)
ニュース経済学部情報分析プログラム所属学生の出展作品が東京都統計グラフコンクールにて入賞しました!(10月13日)
ニュースラグビー部が出場している関東大学対抗戦Aグループの模様がテレビ放送されています。(10月7日)
ニュース成蹊大学の学生が吉祥寺アニメワンダーランドにブースを出展します。(10月5日)
ニュース第2回オープンキャンパスを開催しました。(10月5日)
ニュース理工学研究科修士2年生の平侑子さんが日本油化学会第49回年会で学生奨励賞を受賞しました。(10月5日)
ニュース2010年度武蔵野市寄附講座が開講されました。(9月30日)
ニュース2010年度 学位授与式が行われました。(9月28日)
ニュースケンブリッジ大学ペンブルック劇団による「から騒ぎ」成蹊公演事前ワークショップが開催されました。(9月25日)
ニュース理工学部で2010年度「一日体験科学教室」が行われました。(9月24日)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。(9月24日)
ニュース国際会議 NBiS2010で、池田誠アジア太平洋研究センター特別研究員と理工学研究科常泉勇さんが賞を受賞しました。(9月22日)
ニュース文学部の浅見和彦教授の記事が東京新聞に掲載されました。(9月22日)
ニュース理工学部の板村賢明助手、大学院生の石川貴大さんが国際会議(ICSF2010)で「Excellent Poster Award」を受賞しました。(9月21日)
ニュース成蹊フォーミュラチームが全日本学生フォーミュラ大会に出場しました。(9月17日)
ニュース理工学部の岩ア学教授が日本統計学会理事長に選出されました。(9月15日)
ニュース関東大学ラグビー対抗戦で慶應義塾大学と対戦しました。(9月13日)
ニュース剣道部が第58回全日本学生剣道優勝大会への出場権を獲得しました。(9月13日)
ニュース平成22年新司法試験で本学から11名が合格しました!(9月9日)
ニュース水泳部が水球競技で四大戦と全日本学生選手権に出場しました。(9月9日)
ニュース成蹊大学生の制作した番組がNHK BS1『@キャンパス』で放送されます。 (9月7日)
ニュースラグビー部が関東大学対抗戦Aグループに出場します。(9月1日)(9月10日更新)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。 (8月26日)
ニュース漕艇部が第37回全日本大学選手権大会で入賞しました。(8月25日)
ニュース理工学部ユビキタス工学研究室の研究が日本情報産業新聞に掲載されました。(8月19日)
ニュース第1回オープンキャンパスを開催しました。(8月2日)
ニュース学生有志団体「成蹊フレンズUni」が「吉祥寺ふれあい夏祭り」に出店しました。(7月28日)
ニュース本大学院の卒業生が在学中に執筆した論文が日本材料科学会末澤賞(奨励賞)を受賞しました。(7月26日)
ニュース学園屋外球技コートの使用について(PDF)(7月23日)
ニュース前期成績通知および成績内容の確認について掲載しました(7月22日)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。(7月20日)
ニュース内部環境監査に在校生が9名監査員として参加しました。(7月16日)
ニュース前期メディアリテラシー実習(ウェブサイト制作)の作品発表会を行います。(7月12日)
ニュース本大学院の卒業生が在学中に参加した映像情報メディア学会2009年冬季大会で学生優秀発表賞を受賞しました。(7月12日)
ニュース成蹊大学でドラマ「美丘」の制作発表会見が行われました。(7月7日)
ニュースプレ就職活動ガイダンスがスタートしました(現3年次対象)。(7月7日)
ニューステコンドーサークルCHONJIの学生が第10回埼玉県テコンドー選手権大会で入賞しました!(7月7日)
ニュース新たに、大学卓球場入口にAEDが設置されました。(7月6日)
ニュース「地球温暖化対策と国際貿易の法律問題」の講演会が行われました。(7月5日)
ニュース水泳部が水球競技で一部へ昇格しました!(7月5日)
ニュース成蹊教養カリキュラムの駒谷真美非常勤講師の授業がテレビ朝日の「はい!テレビ朝日です」で放送されます。(7月1日)
ニュース理工学部の田中俊光教授が日本機械学会環境工学部門功績賞を受賞しました。(7月1日)
ニュース本当の就職力が育つ大学ランキングで成蹊大学が第3位となりました。(6月30日)
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。(6月30日)
ニュース学生環境委員会「桃球」がタンブラーの販売を開始しました。(紀伊国屋ブックセンターにて販売中)(6月26日)
ニュース第42回成蹊レガッタが開催されました。(6月25日)
ニュース経済学部の丸山桂准教授が生活経済学会より生活経済学会奨励賞を受賞しました。(6月21日)
ニュース漕艇部が第32回東日本大学選手権競漕大会に出場し優勝しました!(6月15日)
ニュース成蹊気象観測所報告51号を発行(6月15日)
ニュース法学部の今井貴子准教授の記事が朝日新聞に掲載されました。(6月11日)
ニュース四大学運動競技大会闘魂決起大会が行われました。(6月9日)
ニュース学生環境委員会のメンバーが高尾山にゴミ拾いに行きました。(6月9日)
ニュースダンスサークルDance Team JAM[z]がDANCE@LIVE FINAL2010に出場し大学生部門で日本一になりました!(6月7日)
ニュース2010年度学内陸上競技大会を開催しました。(6月4日)
ニュース理工学部の原節子教授が日本油化学会にて学会賞を受賞しました。(6月1日)
ニュース経済学部の幸村千佳良特任教授の記事が日本経済新聞に掲載されました。(5月31日)
ニュース理工学部の小島紀徳教授が日本沙漠学会にて学会賞を受賞しました。(5月31日)
ニュース文学部の浅見和彦教授の新刊本『古事談抄全釈』(笠間書院)が出版されました。(5月27日)
ニュース第89回関東学生陸上競技対校選手権大会(後半戦)400mリレーで6位に入賞しました。(5月27日)
ニュース第89回関東学生陸上競技対抗選手権大会 男子2部100m決勝で法学部4年田中俊君が3位、法学部3年宮崎宏仁君が7位に入賞しました。
(5月19日)
ニュース『成蹊大学人文叢書』第7巻「探究するファンタジー〜神話からメアリー・ポピンズまで」を出版しました。(5月19日)
ニュース成蹊大学ラグビー部が東日本大学セブンズ大会コンソレーショントーナメントで優勝しました。(5月13日)
ニュース剣道部3年生の平野寛俊さん、尾花春貴さんが第58回全日本学生剣道選手権大会への出場権を獲得しました。(5月10日)
ニュース理工学研究所設立記念 第3回私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウムを開催します。(5月8日)
ニューステコンドーサークルCHONJIが第5回アジアテコンドー選手権大会に出場し銅メダルを獲得しました!(5月6日)
ニュース法学部の高安健将教授がBSフジ「プライムニュース」に出演しました。(5月6日)
ニュースハイチ支援に対する正式な受領報告と感謝状がありました。(4月28日)
ニュース経済学部の丸山桂准教授の記事が朝日新聞に掲載されました。(4月23日)
ニュース理工学部の佐々木成朗教授のグループの研究が日刊工業新聞で紹介されています。(4月13日)
ニュース大学入学式が行われました。(4月5日)
ニュース法学部の富田武教授の記事がロシアの学術誌「Voprosy istorii」3月号に掲載されました。(4月3日)
ニュース新入生へのクラブ・サークル団体の勧誘活動が行われました。(4月2日)
ニュース成蹊大学ラグビー部が「第52回 YC&AC JAPAN SEVENS」に出場します。(4月1日)
ニュース理工学部レクチャーデリバリ(出張講義)のお知らせ
ニュース薬物乱用防止について
バックナンバー
ニュース2009年度
ニュース2008年度
ニュース2007年度
ニュース2006年度
ニュース2005年度
ニュース2004年10月から2005年3月まで
ニュース2004年4月から9月まで
ニュース2003年度
ニュース2002年度
ニュース2001年度
ニュース学位記の配付が行われました。
3月23日(水)、成蹊大学で学位記の配付が行われました。
3月19日(土)に予定されていた学位授与の式典は、この度の大震災の影響で中止となりましたが、
晴れやかな袴姿やスーツ姿の卒業生たちが学位記を手に、多くの思い出と新しい生活への期待を胸に、大きく巣立っていきました。

【卒業者数】
経済学部:425名 理工学部:389名 文学部:472名 法学部:400名

【修了者数】
[博士前期課程]
理工学研究科:81名 経済経営研究科:5名 文学研究科:10名 法学政治学研究科:2名

[博士後期課程]
理工学研究科:5名 文学研究科:1名

[法務博士課程]    
法務研究科:47名

[論文博士]
理工学研究科論文博士:2名 

上記のほか
[博士後期課程]
工学研究科論文博士:1名(3月9日付) 工学研究科課程博士:3名(3月31日付) 理工学研究科課程博士:1名(3月31日付)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の富田武教授が政治研究櫻田會特別功労賞を受賞しました。
法学部の富田武教授(専門分野:ソ連政治史、日ソ関係史)が、論文「戦間期の日ソ関係 1917-1937」(岩波書店・2010年)にて、
政治研究櫻田會特別功労賞(2011年)を受賞しました。おめでとうございます。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース文学部墓田准教授が共同執筆したコラムがブルッキングス研究所のHPに掲載されました。
文学部墓田准教授とブルッキングス研究所のフェリス上級研究員がコラムを共同執筆しました。
この中で墓田准教授らは、自然災害時の救援活動を円滑するための多国間条約の必要性を説き、今回の大震災を機に日本政府がリーダーシップをとって条約策定に取り組むべきと唱えています。
ご関心のある方はご一読ください。

ブルッキングス研究所のHPはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース心の健康について−学生相談室からのお知らせ−
この度の東北関東大震災で被災された世帯の学生のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。
本学に在籍する多くの学生が居住する首都圏においても大きな揺れがあり、現在も続く余震、原発事故への不安、これに伴う計画停電と交通機関・物流等の混乱など、学生のみなさんもこれまでになかった体験をなさったことと思います。
このような非日常的な状況においては、被災地から遠く離れた私たちの心にも大きなダメージを受けることが知られています。
おもな心身の変化としては、眠れない、不安になる、心がざわざわして落ち着かない、何もやる気が起きないなどです。おおむね、3週間から1ヶ月ほど続くとされています。これらには個人差がありますから、すべての人に生じるわけではありません。
そして、こうした心身の変化があるとしても、それらは誰にでも起こりうる正常な反応であり、ほとんどの変化は時間の経過とともに回復していきます。

心の安定を保つためには、
1.食事や睡眠など、規則正しい生活を心がける
2.友人や家族、安心できる人と話したり、声をかけあう
3.不安や緊張が高まった時には深呼吸をする
4.気分転換ができるような工夫をする
などが大切です。

それでもなお、不安が強い、つらいと感じられること、心配がありましたら、ひとりで抱え込むことなく、お気軽に学生相談室あるいは大学保健室(健康支援センター)にお電話をください。
学生相談室、大学保健室(健康支援センター)では電話での相談、場合によっては来室していただき、サポートをいたします。
なお、本学入学予定のみなさま、お子様の健康を気にかけておられるご家族のみなさまにも、同様にご利用いただけます。
みなさまの心身の健康と新年度の豊かな学生生活のスタートを心よりお祈りいたします。

成蹊大学学生相談室  0422(37)3807
大学保健室(健康支援センター)  0422(37)3518
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学オリジナルブックカバーが配付されます。
成蹊大学オリジナルブックカバーが完成しました。カバーデザインは成蹊の名の由来である「桃李不言下自成蹊」をテーマに作られており、文庫サイズになっています。3月22日頃より約3週間、下記の紀伊國屋書店で文庫をお買い上げの方に配布予定です(なくなり次第終了)。ぜひご利用ください。

【オリジナルブックカバー配付店舗(紀伊國屋書店)】
新宿本店,新宿南店,渋谷店,笹塚店,玉川高島屋店,大手町ビル店,吉祥寺東急店,国分寺店,さいたま新都心店,浦和パルコ店,川越店,入間丸広店,横浜店,ららぽーと横浜店,横浜みなとみらい店,相模原伊勢丹店,成蹊学園ブックセンター
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース日本スポーツ社会学会第20回記念大会講演会延期のお知らせ
3月21日(月)開催予定でした成蹊大学文学部学会・日本スポーツ社会学会共催「日本スポーツ社会学会第20回記念大会講演会」を延期いたします。
1.「日本スポーツ社会学会第20回記念大会」の延期(延期日程未定)。
2.成蹊学園 日本スポーツ社会学会共催 公開シンポジウム「トップスポーツの危機」の延期(延期日程未定)。
3.日本スポーツ社会学会 公開シンポジウム 
「スポーツにおける『新しい公共』――こどものスポーツを支えるのはだれか?――」の延期(延期日程未定)。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース「ノートテイク活動の紹介と体験会」が開催されました。
2月26日(土)に成蹊学園創立100周年記念行事の学生企画として、「ノートテイク活動の紹介と体験会」が開催されました。
当日は、「情報保障と聴覚障害について」、「ノートテイクと成蹊大学での取り組み」の説明の後、参加者によるノートテイクの実践(学生による練習と教授による模擬講義)が行われました。
参加者は42名。成蹊大学の学生だけでなく、教職員、武蔵野市民が参加し、大学内だけでなく一般の方々にも聴覚障害やノートテイク活動について理解を深めていただくことができました。

成蹊学園では、2012年の創立100周年を盛り上げ、新たな出発を記す記念行事の企画を募集しています。「成蹊の伝統を未来へ繋ぐ」アイデアを多数お寄せください。

創立100周年記念行事 学生企画募集要項はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の小川隆申教授が取材協力をしたテレビ朝日「奇跡の地球物語」が放送されます。
テレビ朝日「奇跡の地球物語」において、理工学部エレクトロメカニクス学科の小川隆申教授が取材協力をした、新幹線騒音問題に関する研究成果が紹介されます。放送予定は下記のとおりです。ぜひご覧ください。

【放送局】テレビ朝日
【番組名/副題】奇跡の地球物語/新幹線〜進化を続ける夢の超特急〜
【放送予定日時】3月20日(日) 5月8日(日)18:30〜19:00 ※震災関連報道により変更になりました。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース日本スポーツ社会学会第20回記念大会講演会が開催されます。
3月21日(月)に、成蹊大学文学部学会・日本スポーツ社会学会共催「日本スポーツ社会学会第20回記念大会講演会」が開催されます。
こちらの講演会は、文学部現代社会学科の中江桂子先生がコーディネートを担当されています。
日 時:2011年3月21日(月)
     <1>12:30〜14:00 基調講演 「スポーツの夢と社会過程」
     <2>14:10〜17:10基調シンポジウム 「スポーツ社会学の解体―『スポーツ社会学』の社会学」
場 所:成蹊大学4号館ホール

詳細はこちら(PDF)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース新大学6号館建設に係る基本構想の中間報告がまとまりました。
新大学6号館建設に係るプロジェクト委員会は、現在の大学6号館に代わる新6号館の基本構想を検討してきました。今回、その中間報告がまとまりましたのでお知らせいたします。

本委員会は新6号館を「出会いを生み出すための共有施設(Commons for Communication)」と位置づけ、そこに自ずと人が集まり、多種多様な交流が生まれる場にしたいと考えています。このようなコンセプトを実現するために新6号館をどのようにデザインすればよいか、ぜひアイデアをお寄せください。最終報告をまとめる際の参考にさせていただきます。

ご意見やご要望があれば、2011年3月9日(水)までに下記のアドレスに宛てて電子メールにてご送付ください。なお、メールを送付する際には、冒頭に所属(学生の場合には学籍番号)と氏名をご記入くださいますようお願い申し上げます。

【電子メールアドレス】

中間報告はこちら(PDF)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。
2月27日(日)・3月27日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に法学部の西崎文子教授が出演しました。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生有志が吉祥寺PARCOとコラボレーション企画を行いました。
学生有志団体WANを中心とした成蹊大学生が、吉祥寺PARCOとコラボレーションをして2月11日(金)〜14日(月)まで「バレンタイン応援企画」を行いました。
バレンタインの時期に合わせて、吉祥寺PARCOに来館されたお客様へオリジナルのフレグランスをふきかけたメッセージカードを配布しました。
企画にはWAN以外に、学生団体の成蹊大学デザイン研究部、成蹊大学ブランド企画部、有志の皆さんが関わりました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊学園創立100周年記念行事「ノートテイク活動の紹介と体験会」を開催します。
ノートテイクとは聴覚に障がいのある学生さんの授業受講をお手伝いするものです。これは情報保障(先生の話を書くことで通訳する、また、授業で起こっていることを知らせる)という考えのもとでなされる授業中のサポートの一つです。
成蹊大学ではノートテイクをする学生(ノートテイカー)が約30名います。ノートテイカーは、1授業2名による支援をします。
今回、現ノートテイカーによる報告会を行いたいと思います。実際にボランティアをしない方も、聴覚障がい者支援について勉強できるよい機会かと思いますので、是非お誘い合わせの上ご参加ください。

【日時】2月26日(土)13:00〜16:00
【会場】3-102
【内容】
 ・聴覚障がいについての基礎知識
 ・成蹊大学ノートテイクボランティアについて
 ・ノートテイクボランティア模擬練習!! etc…
  *適宜、休み時間を入れます*

※準備のため、参加希望者は事前に申込受付をお願いします。
  受付場所:学生生活課(本館1階)
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース女子ラクロス部の学生が連続ドラマに出演します。
2月26日(土)〜3月6日(日)に日本テレビでOA予定の「9夜連続ドラマ 桜からの手紙〜AKB48それぞれの卒業物語〜」にラクロス部員のエキストラとして出演します。ぜひご覧ください。放映時間など詳しくは下記の番組ホームページにアクセスしてください。

番組ホームページはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授の記事が朝日新聞に掲載されました。
法学部の西崎文子教授の記事が、1月28日(金)朝日新聞朝刊15面オピニオン面に掲載されました。ぜひご覧ください。

テーマ:脅威論の落とし穴
記事タイトル:軍拡スパイラルを止めよ
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度『成蹊学園創立100周年・成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年記念連続講演会』第3回が開催されました。
成蹊大学アジア太平洋研究センターでは、センター設立30周年(2011年)および成蹊学園創立100周年(2012年)を記念し、「人間の安全保障と北東アジア−サステイナブルな地域社会をめざして」をメインテーマに、連続講演会・シンポジウムを2年に渡って開催しています。
2010年度は、全3回の連続講演会を行っており、その第3回講演会が、1月22日(土)に開催され、オーストラリア国立大学教授のテッサ・モーリス=スズキ先生をお招きし、"Rethinking Northeast Asia's Future from the Perspective of Human Security: Migration,Diversity and the Regional Public Sphere"というテーマでご講演いただきました。
参加者は185名で、先生のテーマに対する、親しみのあるポジティヴな姿勢は会場をなごやかにさせました。特に質疑応答では熱心な議論が交わされ、参加した皆さんは十分に知的好奇心を満足されたようでした。

なお、2011年度のスケジュールは後日ホームページ等でお知らせする予定です。多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学長表彰が行われました。
聴覚障がい者への支援活動「ノートテイク」を行っている学生13名と、NHK-BSで昨年9月に放送された「@キャンパス」制作に携わった学生14名の計27名に対し、本学及び本学学生の評価を高めることに貢献する活動を行ったとして、12月24日に学長表彰が行われました。
「ノートテイク」は日々の活動を活かした内容を基に、学生が進んで講習会を行い、学生によるノートテイク活動について積極的に周知を図ったこと、また、こうした活動が長期的視点での取り組みであることに鑑みて、評価されました。
「@キャンパス」は学生の企画・立案により番組内容が構成され、学校紹介はもとより、アメリカ同時多発テロ追悼式典をレポートするなど国際問題に関する本学学生の知識力、認識力をも視聴者に強く訴えるもので、本番組の制作にあたっては、多くの時間を費やした、質の高い番組内容であったことが評価されたものです。
当日は21名の学生が表彰式に参加し、学長より賞状が手渡されました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース「メディアリテラシー実習」制作のラジオ番組が放送されました。
文学部開講科目「メディアリテラシー実習」では、株式会社エフエムむさしののご協力により、ラジオ番組の制作に取り組んでいます。
1月14日に放送された番組では、20分間の生放送にのぞみ、亀嶋庸一学長をゲストに、学生当時の吉祥寺の思い出、そして創立100周年を迎える成蹊学園などについて、学生2名がインタビューを行いました。
放送開始前は緊張に包まれていた合計6名の制作スタッフでしたが、始まるとこれまで培ったチームワークを発揮し、実習の成果が実る内容で無事終えることができました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度『成蹊学園創立100周年・成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年記念連続講演会』第2回が開催されました。
成蹊大学アジア太平洋研究センターでは、センター設立30周年(2011年)および成蹊学園創立100周年(2012年)を記念し、「人間の安全保障と北東アジア−サステイナブルな地域社会をめざして」をメインテーマに、連続講演会・シンポジウムを2年に渡って開催しています。
2010年度は、全3回の連続講演会を行っており、その第2回講演会が、12月18日(土)に開催され、一橋大学大学院教授で地球環境問題について著名な寺西俊一氏より、『地球環境保全とアジア環境協力の課題』というテーマでご講演いただきました。
参加者は40名で、地球環境問題とアジアの関係についてのご講演に熱心に耳を傾けられ、質疑応答では活発な意見交換がなされました。

なお、第3回目のスケジュールは以下のとおりです。講演会は予約不要で、入場無料です。多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

第3回テーマ "Rethinking Northeast Asia's Future from the Perspective of Human Security:Migration, Diversity and the Regional Public Sphere"(「人間の安全保障の観点から見た北東アジアの未来再考:移民,多様性,地域公共圏」)
講演者:オーストラリア国立大学教授 テッサ・モーリス=スズキ 氏
開催日時:2011年1月22日(土)15時00分〜
場所:成蹊大学4号館101教室
講演言語は英語、同時通訳付き
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース「メディアリテラシー実習」制作のラジオ番組が放送されます。
「メディアリテラシー実習」制作のラジオ番組が放送されます。亀嶋学長も出演します!ぜひお聴きください。

文学部開講科目「メディアリテラシー実習」では2010年度後期、株式会社エフエムむさしのの協力を得ながらラジオ番組の制作に取り組みました。
完成した番組が「むさしのFM(78.2MHz)」で以下の通り放送されます。
生放送番組には亀嶋庸一成蹊大学学長も出演します。
武蔵野市近辺にお住まいの方は、ぜひお聴きください。

放送日時
 1月7日(金)12:00〜12:30(録音番組)
 1月14日(金)15:00〜15:20(生放送番組)

放送内容
録音番組(1)「吉祥寺のニューフェイス〜コピスF&Fのあゆみ〜」:大きな話題を集めたコピス開店。コピスが入るF&Fビルの「F&F」って何でしょう?この素朴な疑問を手がかりに、華やかな話題の背後にある吉祥寺の街の歴史を浮かび上がらせます。

録音番組(2)「私の青春吉祥寺」:いろいろな年代層から支持を受けている吉祥寺。吉祥寺の街は変化しても、それぞれの時代には吉祥寺で過ごす若者たちの変わらぬ青春の姿がありました。1960年代、70年代、80年代に吉祥寺で青春時代を過ごした方々に、吉祥寺の昔の姿、それに変わらぬ魅力を語っていただきます。

生放送番組
 成蹊大学生として吉祥寺で青春時代を過ごした亀嶋庸一学長に、現役の成蹊大学生がインタビュー!吉祥寺について、そして成蹊大学について、普段はなかなかうかがう機会のない話をしていただく予定です。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の二ノ宮晃助教と石郷岡猛名誉教授(故人)が平成21年電気学会にて優秀論文賞を受賞しました。
理工学部の二ノ宮晃助教と石郷岡猛名誉教授(故人)が、平成21年電気学会にて、題名「超電導磁気エネルギー貯蔵用電磁力平衡コイルの実証モデル開発」の論文発表により、電力・エネルギー部門誌優秀論文賞を受賞しました。おめでとうございます。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学研究科の2年生田渕宏典さんと1年生小熊綾乃さんが環境国際会議で佳作ポスター賞に選ばれました。
理工学研究科の2年生田渕宏典さんと1年生小熊綾乃さんが、12月13日(月)〜15日(水)にマレーシアで行われた2010年環境国際会議において、佳作ポスター賞に選ばれました。おめでとうございます。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度の成蹊大学賞が決定しました!

今年度の成蹊大学賞は以下のとおりです。おめでとうございます。
該当団体及び個人は、12月14日(火)に本館大講堂で12時20分より行われる大学表彰式において表彰されます。またスポーツ特別奨励表彰団体と欅祭展示表彰団体の表彰も併せて行われます。

 部門

団体名・個人名

表彰理由

芸術部門 辻 愛美
(放送研究会所属)
全国大学放送コンテスト朗読部門での優勝を評価した。
スポーツ部門 大河原 忠輝
(漕艇部所属)
東日本大学選手権競漕大会シングルスカルで1位になり、全日本の大学ボート選手権競漕大会シングルスカルで8位に入ったことを評価した。
水泳部 全日本学生選手権に出場しベスト16位に入ったことを評価した。
菅沼 孝典
(体育会ライフセービング部所属)
学生チーム日本一を決めるビーチリレーで4位になり、クラブチーム単位での国内最高峰の大会でビーチリレー2位になり、種目別個人日本一を決めるビーチスプリント大会で6位に入ったことを評価した。
学術部門
【特別奨励賞】
情報分析プログラム※グループで表彰
市瀬 智恵
(経済学部経済経営学科3年)
遠藤 侑花
(経済学部経済経営学科3年)
柴田 美南子
(経済学部経済経営学科3年)
堀内 麻理
(経済学部経済経営学科3年)
パソコン統計グラフの部で1位の都知事特別賞受賞し、統計全国グラフコンクールで佳作に入ったことを評価した。
石川 貴大
(理工学研究科理工学専攻博士前期課程2年)
国際会議での「Excellent Poster Award 」受賞を評価した。
山口 智子
(理工学研究科理工学専攻博士後期課程2年)
国際会議での「SPACC-17 Poster Award」受賞を評価した。
芸術部門
【特別奨励賞】
高橋 佳那
(経済学部経済経営学科4年)
デザイン部門「二科展」自由テーマイラストに応募し入選したことを評価した。
スポーツ部門
【特別奨励賞】
霜田 将輔
(体育会ライフセービング部所属)
クラブチーム単位での国内最高峰の大会のサーフリレーで1位になり、オーシャンリレーでも3位に入ったことを評価した。
浅井 達也
(体育会ライフセービング部所属)
学生チーム日本一を決める大会のビーチリレーで4位に入ったことを評価した。
文化部門
【特別奨励賞】
土岐 千沙都
小崎 晃直
(文化会英語会所属)
学生日本一を決める2つの大会で9位と5位になったことを評価した。
環境学術部門
【特別奨励賞】
因 雄亮
(理工学部情報科学科4年)
携帯電話で漫画を効率的に読むシステムを国際学会(ポルトガル)等で発表し、新聞でもこの技術が紹介され注目されたことを評価した。

以上は12月14日(火)12時20分から本館大講堂でおこなわれる「学生表彰式」で表彰されます。また「学生表彰式」では以下の団体も併せて表彰されます。

≪スポーツ特別奨励表彰団体≫

 部門

団体名・個人名

四大学運動競技大会正式種目優勝団体 弓道部男子、剣道部女子、硬式庭球部男子、水泳部男子、馬術部、バドミントン部男子、ラクロス部男子、ラグビーフットボール部、陸上競技部
四大学運動競技大会一般種目優勝団体
相原、石川ペア(硬式庭球女子ダブルス)
渡辺、小松川ペア(硬式庭球混合ダブルス)
エステラスバレーボール(バレーボール男子)
≪欅祭展示表彰団体≫
当HPにて12月2日付掲載済。こちらをご参照ください。

ページの先頭へページの先頭へ

ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。
12月12日(日)・1月2日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に法学部の西崎文子教授が出演しました。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース欅祭展示表彰団体が決定し「学生ボランティア本部」が学長賞に選ばれました!

第49回欅祭展示表彰団体は以下のとおり決定いたしました。
おめでとうございます!

賞 名 

団 体 名

学長賞 学生ボランティア本部
学生部長賞 欅祭本部環境部
欅祭本部委員長賞 FAC電子計算機研究会
優良賞 應援指導部
ライフセービング部
EPP/政治学研究会
奨励賞
DANCE TEAM JAM[z]
コンパルサウンズジャズオーケストラ
前向き心理研究会
文芸倶楽部
劇団円想者
地域交流部
北川ゼミ第3班(プラネタ喫茶)

ページの先頭へページの先頭へ

ニュース文学部墓田桂准教授らが翻訳を手掛けた国際文書の日本語版が出版されました。
文学部の墓田桂准教授が代表を務める作業チームが、国内避難民の保護と援助を定めた国際文書であるGuiding Principles on Internal Displacementの翻訳を手掛けました。当該文書の日本語訳は、国内避難民の人権に関する国連事務総長代表から寄せられた序言とともに、ブルッキングス研究所(アメリカのシンクタンク)の助成を得て「国内強制移動に関する指導原則 日本語版」として出版されました。 翻訳のPDFファイルはブルッキングス研究所と国連人権高等弁務官事務所のHPにも掲載されています。

国内強制移動に関する指導原則は、「国内避難民の保護のための重要な国際的な枠組み」(国連総会決議)として広く認識されています。今後、日本の実務者が国内避難民の問題に携わる際など、さまざまな場面で指導原則の日本語版が活躍するものと期待されます。

『国内強制移動に関する指導原則 日本語版』はこちら

ブルッキングス研究所のHPはこちら

国連人権高等弁務官事務所のHPはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部田中俊光教授と心理・物理音響研究室の学生の皆さんがBS JAPAN「世の中進歩堂」に出演します。
BS JAPANの「世の中進歩堂」という科学技術番組に理工学部の田中俊光教授と心理・物理音響研究室の学生の皆さんが出演します。
「日常を取り巻く音をより快適に!」という放送内容で車両の騒音低減技術と音質設計について取材協力をしています。
皆さん、ぜひご覧下さい。

<放送日>
12月3日(金) 22:24〜22:54(BS JAPAN)
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部4年生の中村隆宏さんが第17回エコテクノロジーアジア学会で優秀発表賞を受賞しました。
理工学部エレクトロメカニクス学科材料力学研究室(酒井孝准教授)の4年生中村隆宏さんが、11月11日(木)〜13日(土)に富山県で行われた第17回エコテクノロジーアジア学会において、優秀発表賞を受賞しました。詳しくは下記のとおりです。おめでとうございます。

受賞者:理工学部 エレクトロメカニクス学科 材料力学研究室 4年生 中村 隆宏(ナカムラ タカヒロ)
学会名:17th Asian Symposium on Ecotechnology(ASET17)
講演タイトル:Design of Guardrail by Using Fractal Dimension
賞の名称:Excellent Presentation Awards
ページの先頭へページの先頭へ
ニュースラグビー関東大学対抗戦の成蹊大学試合分最終戦を勝利で飾りました。
11月28日(日)、快晴のなか八王子市上柚木公園陸上競技場で関東大学ラグビー対抗戦が行われ、成蹊大学と立教大学が対戦しました。
立教大学の猛攻のなか、26−12(前半14−9、後半12−3)で成蹊大学が勝ち、今シーズンの対抗戦成績を2勝5敗で終えました。
スポーツ推薦のない成蹊大学がAグループ昇格以来初の6位になりました。
来シーズンの活躍も期待しています。選手たちへの応援よろしくお願いします!

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース欅祭にて入江昭先生(ハーバード大学名誉教授)の講演会が開催されました。
欅祭期間中に、政治学研究会およびEPPが、成蹊学園創立100周年記念行事の学生企画として、成蹊高等学校ご卒業生で、世界的に有名な学者である、ハーバード大学名誉教授、入江昭先生の講演会を開催しました。
当日は「未来に向けて歴史を学ぶ」というテーマでご講演いただいたほか、法学部の西崎教授や学生、来場者とのディスカッションの時間も設けられ、大変盛り上がりました。
参加者数は264名で、大学生、大学院生をはじめとして、高校生やご父母、ご卒業生や近隣の方など、年齢層も幅広く、様々な方々にたくさんのご来場をいただきました。

成蹊学園では、2012年の創立100周年を盛り上げ、新たな出発を記す記念行事の企画を募集しています。「成蹊の伝統を未来へ繋ぐ」アイデアを多数お寄せください。

創立100周年記念行事 学生企画募集要項はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学卒業生の村上善一氏が平成22年秋の褒章にて黄綬褒章を受章しました。
成蹊大学卒業生で株式会社村上製作所社長の村上善一氏(工学部機械工学科昭和50年卒)が、平成22年秋の褒章にて黄綬褒章を受章しました。おめでとうございます。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の湯山トミ子教授が担当する現代GP採択プログラム“游”が日本e-Learning学会2010年度学術講演会で大会委員長賞を特別受賞しました。
11月14日(日)に開催された日本e-Learning学会2010年度学術講演会にて、法学部の湯山トミ子教授が担当する現代GPに採択された成蹊大学の取り組み「中国語e-Learningシステム“游”」に関する報告が、大会委員長賞を特別受賞しました。おめでとうございます。

<大会委員長賞「中国語e-Learningシステム“游”」に関する報告内容>
論文:e-Learning活用による発音と聞き取り学習の連係に関する考察―発音・聞き取り・履歴による学習補助効果―(平成21年度科学研究費補助金(B)課題番号21320106による)
著者:湯山トミ子(成蹊大学法学部教授)・武田紀子(現代GP取組推進要員)・浜田ゆみ(成蹊大学非常勤講師(中国語))
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生有志団体WANが受けた取材の模様が「デイリー武蔵野三鷹」で放送されます。

成蹊大学学生を中心とした学生有志団体WANが、武蔵野三鷹ケーブルテレビより活動について取材を受けました。その模様が放送されます。ぜひご覧ください。放送予定は下記のとおりです。

日時:11月17日(水)18:00〜、19:45〜、21:45〜、23:45〜(放送内容はすべて一緒です)
チャンネル:JCNプラスチャンネル(地上デジタル放送11ch/アナログ放送5ch)
番組・コーナー名:デイリー武蔵野三鷹・ニュースクローズアップ
内容:WANの活動の紹介

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース欅祭にて入江昭先生(ハーバード大学名誉教授)の講演会が開催されます。

欅祭期間中に、政治学研究会およびEPPが、成蹊学園創立100周年記念行事の学生企画として、ハーバード大学名誉教授、入江昭(いりえ あきら)先生の講演会を開催します。
入江昭先生は、成蹊中学・高等学校を卒業後、ハーバード大学院にて博士号を取得されており、世界的に有名な歴史学、国際政治学者です。
当日は「未来に向けて歴史を学ぶ」というテーマで、ご講演いただきます。
見識深い先生のお話しは、私達の「未来」へ多くの教訓や道標を与えてくれることでしょう。この機会にぜひともご参加ください。(入場無料・事前予約不要)

日時:11月21日(日) 14:00〜16:00(開場13:20)
場所:大学8号館201室
※講演会のほか、法学部西崎教授との質疑応答や来場者からの質問コーナーも設けられる予定です。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学賞候補者を募集中!

学生生活課では、成蹊大学賞候補者を募集中です。

本学では、2009年12月から2010年11月の期間に、学術、芸術、スポーツ、文化活動、社会活動、環境学術活動において他の学生の範となる活動を行い、かつ、優秀な成果を収めた学生を対象に成蹊大学賞を授与しています。
募集締切日は11月20日(土)です。
早めにご応募ください。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース第4回 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウムを開催します。

第4回 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム(公開)
「人と環境に優しい統合化された社会システム研究基盤整備」
日 時:2010年12月4日(土)13:00〜17:00
場 所:成蹊大学 大学14号館5階 実験演示室

開催のご案内・お問合せはこちら(PDF)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュースノートテイク講習会が行われました。
11月8日(月)、10日(水)にノートテイク講習会が行われました。
ノートテイクとは、聴覚が不自由な学生のために授業の情報保障 (先生の話を書くことで通訳したり、授業で起こっていることを知らせたりする)の観点に基づいて通訳することです。
今回の講習会では実際にノートテイカーとして活動している学生によりノートテイクの概要や感想が話されました。そのあとで簡単な実践を行い、ノートテイクに興味を持てる内容となっていました。
2月にも講習会を予定していますので、興味のある方は是非ご参加ください。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース元文学部の柴田義松教授の著作集「柴田義松教育著作集」(学文社)が出版されました。
元文学部の柴田義松教授の著作集「柴田義松教育著作集」(学文社)全8巻が出版されました。
一人の先生の著作集が出版されるということは、大変名誉なことです。
ご興味のある方はぜひお求めください。
【詳細紹介】
柴田義松教育著作集 1
「現代の教授学」   柴田義松 著 木内  剛 編
柴田義松教育著作集 2
「教育的人間学」   柴田義松 著 宮坂ユウ子 編
柴田義松教育著作集 3
「教育課程論」    柴田義松 著 小林 義明 編
柴田義松教育著作集 4
「教科教育論」    柴田義松 著 阿部  昇 編
柴田義松教育著作集 5
「授業の基礎理論」 柴田義松 著 澤野由紀子 編
柴田義松教育著作集 6
「授業の原理」    柴田義松 著 加藤 郁夫 編
柴田義松教育著作集 7
「学び方学習論」   柴田義松 著 世良 正浩 編
柴田義松教育著作集 8
「学習集団論」    柴田義松 著 高橋喜代治 編
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学が「エコ大学」ランキングで私立大学第5位となりました。
「全国青年環境連盟(エコ・リーグ)」が今年6月に国公立大学全校と私立大学環境保全協議会に加盟する私立大学の合計744校を対象に実施した調査(有効回答数151、回答率20.3%)に基づき、地球温暖化対策を推進している「エコ大学」を発表し、成蹊大学が私立大学で第5位となりました。
これは、二酸化炭素の排出量・エネルギー使用量、廃棄物、実施している温暖化対策、学生への教育、学生との連携・協働、大学独自の取り組みという6分野について、回答を点数化し1000点満点でランク付けしたものです。

成蹊学園の環境活動のページはこちら

エコ大学ランキングの詳細はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度後期公開講座『むさしの ―昨日・今日・明日―』第1回が開催されました。
成蹊大学では、毎年春季、秋季の年2回、一般市民の方を対象に公開講座を開催しています。
今年度の秋季は、「むさしの ―昨日・今日・明日―」をメインテーマとし、自然に恵まれ、多くの文化人に愛され、さまざまな芸術・文化をはぐくんできた地であり、また、市民が主体的に街づくりに参加してきた地でもある武蔵野の歴史をふりかえりつつ、さまざまな角度からこの魅力ある地を取り上げ、最終回では、武蔵野の街づくりに深く関わってこられたゲストの方を迎え、これからの武蔵野
を皆さんと一緒に考えたいと思っています。
第1回目は10月30日(土)に開催され、「ジャズと春樹と武蔵野と」をタイトルに、大学4号館にて経済学部の宮脇俊文教授による講演が行われました。台風接近中という悪天候の中にも拘らず、約500名の方々にご参加いただきました。
なお、次回以降の開催予定は以下のとおりです。予約は不要で、入場無料です。引き続き多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

11月27日(土)13:30〜15:30 第2回「武蔵野の演劇文化」
12月  4日(土)13:30〜15:30 第3回「地図で読む武蔵野」
12月11日(土)13:30〜15:30 第4回「歴史から見た武蔵野」
12月18日(土)13:30〜15:30 第5回 パネルディスカッション「生まれ変わる吉祥寺と武蔵野の明日」

公開講座のご案内ページはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュースラグビー関東大学対抗戦で成蹊大学が日本体育大学に歴史的勝利をおさめました!
11月3日(水)、ニッパツ三ツ沢球技場にてラグビー関東大学対抗戦が行われ、成蹊大学と日本体育大学が対戦しました。
14−8で成蹊大学が勝ち、1923年の創部以来初めて日本体育大学から勝利をおさめるという快挙を成し遂げました。おめでとうございます!
なお、この勝利は11月4日(木)のサンケイスポーツでも取り上げられました。
ラグビー関東大学対抗戦は11月下旬まで開催中で、次回以降の試合日程は以下のとおりです。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

〜ラグビー関東大学対抗戦 今後の成蹊大学試合日程〜
11月21日(日) 14:00キックオフ VS筑波大学 埼玉県営熊谷ラグビー場
11月28日(日) 12:00キックオフ VS立教大学 上柚木公園陸上競技場

関連ニュースはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース陸上部の学生がCMにエキストラ出演します。
11月7日(日)8:00〜13:40にテレビ朝日でOA予定の第42回全日本大学駅伝内、三菱UFJリースのCMに陸上部の学生が出演しますので、ぜひご覧ください。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース国際協力サークルM.I.X.よりカンボジアでの靴の贈呈についての報告

カンボジアでの靴の贈呈についての報告

2010-10-11
文学部 国際文化学科 佐藤美穂

 夏休みに、国際協力サークルM.I.X.のメンバー有志とともに、ボランティア活動で集め、送付した靴のフォローアップのために、カンボジアに赴きました。今回、靴は成蹊小学校の代表委員会に呼びかけたところ、512足の靴が集まりました。また、成蹊小学校の皆さんからは、靴に加えて、100冊の新品のノートも提供してくださいました。

 成蹊大学では昨年も、「カンボジアで靴を送ろう」プロジェクトが行われており、そのプロジェクトをぜひ継続していきたいと考えていたので、今回はサークルで引き継ぐこととしました。

 日本では靴を履くということがあたりまえになっていますが、カンボジアの貧困層の大体の子どもがビーチサンダル、もしくは裸足で歩いています。道に落ちている危険物によって、足を切ってしまったり、場所によっては、ガラスの破片、プラスチックのとがったゴミ、使って捨てられた注射の針が落ちていたりと、危険が潜んでいるところもあります。地面も太陽によって大変熱くなっています。そのようなところを裸足で歩いている子どもたちを見て、私たちは「足をもっと守ってほしい」と思いました。できるならば足を保護するための靴をプレゼントし、子どもたちにはその靴を履いてもらい、たくさん走り回ってほしい。そう思ってのプロジェクトの継続でした。

 靴の送り先はSCADP(Street Children Assistance and Development Program)というストリートチルドレンセンターです。SCADP には本部の大きい学校1校と3つの分校があります。センターはストリートチルドレン、つまり身寄りのない子どもたちに、通う学校や家に代わるものを提供しているNGOです。また子供達の生活支援や職業訓練も行っており、衛生について支援している地域もあります。

 彼らの年齢はおおよそ小学校低学年から高学年です。今回はフォローアップのため、本部と分校の2校に実際に行き、支援物資の到着状況を確認するとともに、カンボジアの一人一人に靴を履かせてあげてきました。
 

 靴を履くということが定着するかは分かりませんが、靴を履くことで足を保護できるということが伝わっていると嬉しいと思います。そして、多くの人の善意で集まった靴を、たくさん使ってくれることを願っています。

 最後に、私たちの活動にご賛同いただき、たくさんの靴を提供してくださった、成蹊小学校の生徒、保護者、教職員の方々、また靴の郵送代として社会貢献奨学金を提供してくださった成蹊大学、そしてご指導をしてくださった阿木先生、川村先生、墓田先生にもこの場をもってお礼を申し上げます。

 ありがとうございました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース61回四大学運動競技大会および成績優秀団体賞状授与式が行われました。

【第61回四大学運動競技大会開催】
10月15日(金)〜17日(日)の3日間、学習院大学にて四大戦が開催され、天候にも恵まれて各種目で熱戦がくりひろげられました。今年の成蹊大学は、総合で第2位となりました。試合結果は、以下のとおりです。

  総合(正式種目と一般種目の合計) 正式種目 一般種目 教職員種目
1位 学習院大学       165点 学習院大学  110.5点 学習院大学  54.5点 学習院大学  9点
2位 成蹊大学         129.5点 成蹊大学    91点 武蔵大学    43.5点 成蹊大学    8点
3位 武蔵大学・成城大学  110.5点 成城大学     70点 成城大学     40.5点 武蔵大学    7点
4位   武蔵大学    67点    成蹊大学    38.5点 成城大学    6点

【第61回四大学運動競技大会成績優秀団体賞状授与式】
10月29日(金)、本館前にて、四大戦で優秀な成績を収めた団体へ亀嶋学長より賞状が授与されました。成績優秀団体は次の通りです。おめでとうございます!

<正式種目>  
弓道部男子・剣道部男子・硬式庭球部男子・水球部男子・馬術部・バドミントン部男子・ラクロス部男子・ラグビーフットボール部・陸上競技部
<一般種目>
硬式庭球女子ダブルス・硬式庭球混合ダブルス・バレーボール男子
<教職員種目>
硬式庭球

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース茶道部が「成蹊学園創立100周年記念茶会」を開催しました。
茶道部が、成蹊学園創立100周年記念行事の学生企画として、10月24日、畠山記念館において「成蹊学園創立100周年茶会」を開催いたしました。
畠山記念館は、非常に格の高い茶室であり、当日は現役生だけでなく、OB・OGが点前する茶室や点心席も設けました。対象は他大学の茶道部や一般の来場者の方々で、茶道部の日頃の活動成果を広く発表するとともに、成蹊学園の紹介を行いました。招待状や看板、リーフレット等により創立100周年を周知したほか、茶室内には「成蹊」の名の由来である「桃李不言下自成蹊」のお軸を掛け、その意味を説明することにより、来場者の成蹊学園への理解を深めることができました。

成蹊学園では、2012年の創立100周年を盛り上げ、新たな出発を記す記念行事の企画を募集しています。「成蹊の伝統を未来へ繋ぐ」アイデアを多数お寄せください。

創立100周年記念行事 学生企画募集要項はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度『成蹊学園創立100周年・成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年記念連続講演会』第1回が開催されました。
成蹊大学アジア太平洋研究センターでは、2011年のセンター設立30周年および2012年の成蹊学園創立100周年を記念し、「人間の安全保障と北東アジア−サステイナブルな地域社会をめざして」をメインテーマに、連続講演会・シンポジウムを2年に渡って開催します。
今年度は、全3回の連続講演会を行います。
第1回目は10月16日(土)に開催され、「韓国併合100年を迎えた日本と韓国−東アジアにおける脱植民地の課題」をテーマに、大学3号館102教室にて、立命館大学法学部教授 徐 勝 氏の講演が行われました。

なお、第2回目と第3回目のスケジュールは以下のとおりです。予約は不要で、入場無料です。多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

第2回テーマ 「地球環境保全とアジア環境協力の課題」
講演者:一橋大学大学院経済学研究科教授 寺西 俊一 氏
開催日時:2010年12月18日(土)15時00分〜
場所:成蹊大学3号館102教室

第3回テーマ "Rethinking Northeast Asia's Future from the Perspective of Human Security:Migration, Diversity and the Regional Public Sphere"(「人間の安全保障の観点から見た北東アジアの未来再考:移民,多様性,地域公共圏」)
講演者:オーストラリア国立大学教授 テッサ・モーリス=スズキ 氏
開催日時:2011年1月22日(土)15時00分〜
場所:成蹊大学4号館101教室
講演言語は英語、同時通訳付き
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース大学図書館主催の「第1回選書ツアー」を開催いたしました。
10月23日(土)に、国民読書年企画の一環として、選書ツアーを行いました。
新宿の紀伊国屋書店南店の店頭に、ツアーに応募していただいた学生が出向いて、図書館にぜひ置きたいと思う本を選んでいただく企画です。参加者は7名でした。
ご参加いただいた学生からは、『楽しかった』『またやりたい』という声をいただくことができました。
その他に現在情報図書館では、「書評&本のキャッチコピーコンクール」、「貴重書展示」などの企画を行っておりますので、ぜひHPをご覧になってください。

【真剣に選んでくれた本は、学生のコメントを付けて、図書館に展示します。】

【最後に全員で記念撮影を行いました。】

情報図書館HPはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。

11月7日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に法学部の西崎文子教授が出演しました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学研究科博士後期課程2年の山口智子さんがポスター発表賞を受賞しました。

精密有機合成化学研究室、理工学研究科博士後期課程2年の山口智子さんが、10月13日(水)〜15日(金)に鹿児島で開催された国際会議において、下記の論題でポスター発表賞を受賞しました。おめでとうございます。

論題:Synthesis of oxovanadium(IV) complexes from hydroxyazine-type heterocycles and their apoptosis-inducing activity against leukemia cells

賞名:SPACC-17 Poster Award

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生有志団体WANがむさしのあったかまつりに参加します。
成蹊大学学生を中心とした学生有志団体WANが、成蹊大学学生ボランティア本部Uniと一緒に、第10回むさしのあったかまつりに参加します。むさしのあったかまつりは、武蔵野市内の障害者団体・当事者・家族等が実行委員となって企画し、障害のある子どもや大人をはじめ、多くの方々が楽しめるいろいろな催しが行われるお祭りです。
WANとUniは障害者総合センターで、実行委員としてゲームコーナー・スタンプラリーの景品交換を担当します。皆様ぜひお越しください。

<第10回むさしのあったかまつり>
日時:10月23日(土) 10:30〜14:00
場所:障害者総合センター・武蔵野中央図書館前広場・武蔵野福祉作業所
【2009年の様子1】 【2009年の様子2】
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生有志団体「WideAreaNetwork」と「漫画研究会ペルシャ猫」が「吉祥寺アニメワンダーランド2010」に出展しました。
学生有志団体WideAreaNetwork(通称WAN)、漫画制作部ペルシャ猫が、成蹊学園創立100周年記念行事の学生企画として、10月9日(土)〜11日(月)に「吉祥寺アニメワンダーランド2010」に「簡単☆漫画制作広場@成蹊大学漫研」を出展しました。
アニメワンダーランドは、全体で数万人も来場する吉祥寺を代表するイベントと言えます。当日は、来場者に漫画制作の体験をしてもらい、多くの地域の人々と交流することができました。この企画は、成蹊大学生の活動と地域のイベントをつなぎ、地域交流、地域貢献をすることを目的とし、看板やちらしで、成蹊学園の創立100周年を広報しました。

成蹊学園では、2012年の創立100周年を盛り上げ、新たな出発を記す記念行事の企画を募集しています。「成蹊の伝統を未来へ繋ぐ」アイデアを多数お寄せください。

創立100周年記念行事 学生企画募集要項はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース文学部の揖斐高教授が角川源義賞を受賞しました。

文学部の揖斐高教授(専門分野:日本近世文学等)が、著書「近世文学の境界―個我と表現の変容」(岩波書店刊・2009年)にて、
角川文化振興財団より第32回角川源義賞(文学研究部門)を受賞しました。おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース経済学部情報分析プログラム所属学生の出展作品が東京都統計グラフコンクールにて入賞しました! 

第58回東京都統計グラフコンクール(主催:東京都統計協会)パソコン統計グラフの部で、経済学部情報分析プログラム(担当:中西寛子経済学部教授)の学生が共同で製作した作品4つが入賞しました 。
そのうち1作品は全部門の1位になりました。
また、3作品が全国コンクールで入賞しました。
製作者は次の通りです。
皆さんおめでとうございます!

東京都知事特別賞 作品名『違法ダウンロードは"犯罪"』
全国コンクール佳作
市瀬智恵さん(経済学部3年生)
遠藤侑花さん(経済学部3年生)
柴田美南子さん(経済学部3年生)
堀内麻里さん(経済学部3年生)

入選 作品名『タバコは大切な人を傷つけます!!』
全国コンクール佳作
杉本まどかさん(経済学部3年生)
関口絢香さん(経済学部3年生)
高安昇さん(経済学部3年生)
福井貴さん(経済学部3年生)

入選 作品名『助けて!未来を支える子供がいない!?』
全国コンクール佳作
湯原光さん(経済学部3年生)
横田貴洋さん(経済学部3年生)
四家勇貴さん(経済学部3年生)

入選 作品名『子どもの体力低下が深刻化しています!!』
児島悠太さん(経済学部3年生)
鵜沢辰史さん(経済学部3年生)
入谷真沙美さん(経済学部3年生)
大島温子さん(経済学部3年生)

表彰式は11月16日(火)となっております。

◆第58回統計グラフコンクール優秀作品展(統計データ・グラフフェア)
 日時 10月23日(土)〜24日(日)
     10時〜20時(24日は17時まで)
 会場 新宿駅西口広場イベントコーナー

東京都統計グラフコンクールのHPはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュースラグビー部が出場している関東大学対抗戦Aグループの模様がテレビ放送されています。

成蹊大学ラグビー部が出場している関東大学対抗戦Aグループの全試合の模様がスカパー!で放送されています。ぜひご覧ください。

〜成蹊大学試合日程および放送スケジュール(10・11月)〜
10月10日(日) 12:00キックオフ VS明治大学    埼玉県営熊谷ラグビー場 深夜1:00〜放送 スカチャン Ch.801(スカパー!e2)
10月24日(日) 12:00キックオフ VS帝京大学    ケーズデンキスタジアム  11:50〜生放送 スカチャン Ch.801
11月  3日(祝) 12:00キックオフ VS日本体育大学 ニッパツ三ツ沢球技場     23:00〜放送    スカチャン Ch.801
11月21日(日) 14:00キックオフ VS筑波大学    埼玉県営熊谷ラグビー場 深夜1:00〜放送 スカチャン Ch.801
11月28日(日) 12:00キックオフ VS立教大学    上柚木公園陸上競技場 深夜1:00〜放送 スカチャン Ch.801

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学の学生が吉祥寺アニメワンダーランドにブースを出展します。

成蹊大学学生を中心とした学生団体WANが成蹊大学漫画研究会「ペルシャ猫」と一緒に吉祥寺アニメワンダーランドに出展します。
吉祥寺アニメワンダーランドは、武蔵野商工会議所と地域コミュニティ、そして在住・ゆかりの漫画家/アニメスタジオが主体になり1999年度より開催してきた全国的にも例を見ない街と漫画家/スタジオが一緒に開催してきたお祭りです 。ご興味のある方はぜひお越しください。

<吉祥寺アニメワンダーランド2010>
日時:10月9日(土)〜11日(月) 11:00〜18:00
場所:井の頭公園 森のわくわくバザール
ブース名:「簡単☆漫画制作広場@成蹊大学漫研」
*参加無料*

詳しくはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース第2回オープンキャンパスを開催しました。
10月3日(日)に、第2回オープンキャンパスが開催されました。
7・8月の第1回オープンキャンパス同様、学科ガイダンス、体験講義、情報図書館自由見学をはじめ、保護者向けガイダンスや入試ガイダンス、キャンパス見学ツアーなど数多くのイベントが行われ、来訪者数は、受験生が2200名、父母の方々等が482名で、合計2682名の方々にご来場いただきました。
なお、次回の開催予定は次のとおりです。引き続き、皆様のご来場をお待ちしております。

第3回オープンキャンパス:11月21日(日) 大学祭(欅祭)期間中
【受付】 【学科ガイダンス】 【学生食堂】
【情報図書館見学】 【一般入試突破体験談】 【各種相談コーナー】

オープンキャンパス詳細はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学研究科修士2年生の平侑子さんが日本油化学会第49回年会で学生奨励賞を受賞しました。

天然物応用化学研究室の理工学研究科修士2年生の平侑子さんが日本油化学会第49回年会(2010年9月15日〜17日北海道大学水産学部にて開催)において下記の発表で学生奨励賞を受賞しました。
発表題目 「植物油脂の酵素的エステル交換反応による固体脂の調製」
おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度武蔵野市寄附講座が開講されました。

9月30日(木)、2010年度武蔵野市寄附講座 「美しかった国」へ をテーマに開講されました。
第1回は文学部の浅見和彦教授を講師とし、「日本の風土と景観―環境日本学事始(1)―」という題目で講演が行われました。
この講座は本年度より導入された成蹊教養カリキュラムの1つとしても開講され、全14回、様々な分野で活躍されている13名の講師をお招きし、日本の特質をもう一度見極め、「和」の力を認識し当世に生かすことを目的とした講座となっています。
本年度は、地域の方々から募集定員を上まわる多数の申込をいただきました。
参加されている地域の方々も学生と共に興味深く耳を傾けていました。

2010年度武蔵野市寄附講座のスケジュールは以下の通りです。

  授業実施日 講師 講演題目
第1回 2010年9月30日(木) 浅見 和彦
(成蹊大学文学部教授)
はじめに
日本の風土と景観
―環境日本学事始(1)―
第2回 2010年10月7日(木) 川田 龍平
(参議院議員)
いのちを守る政治へ
第3回 2010年10月14日(木) 加藤  節
(成蹊学園専務理事)
国を愛するということ
第4回 2010年10月21日(木) 辻村 寿三郎
(人形作家)
風説の流布
第5回 2010年10月28日(木) 辰濃 和男
(元朝日新聞記者)
風土生命体論
―高尾山を守るために
第6回 2010年11月4日(木) 早乙女 勝元
(作家)
語りつぐ平和への思い
―東京大空襲を生きぬいて
第7回 2010年11月11日(木) 汐見 稔幸
(白梅学園大学学長)
子育て・教育のこれまで、今、これから
第8回 2010年11月18日(木)

鳥越 けい子
(青山学院大学総合文化政策学部教授)

「音の風景」とサウンドスケープの思想
〜環境文化資源の創造的保全をめざして〜
第9回 2010年11月25日(木) 川人  博
(弁護士)
「自殺大国」からの脱却を
第10回 2010年12月2日(木) 陣内 秀信
(法政大学デザイン工学部教授)
江戸東京の都市空間
―歴史とエコロジーから読む
第11回 2010年12月9日(木) 村串 栄一
(東京新聞編集委員)
検察捜査の今昔
第12回 2010年12月16日(木) 木谷 正道
(まちの音楽家・NPO法人
暮らしと耐震協議会理事長)
心の唄〜共に生きる
2010年12月23日(木)   休講または予備日
第13回 2011年1月13日(木) 橋本 良仁
(高尾山の自然をまもる市民の会事務局長)
COP15から16へ
第14回 2011年1月20日(木) 浅見 和彦
(成蹊大学文学部教授)
おわりに
日本の風土と景観
―環境日本学事始(2)―


 

ページの先頭へページの先頭へ

ニュース2010年度 学位授与式が行われました。

2010年度学位授与式(9月卒業)が9月25日(土)に本館大講堂で行われました。
12名が出席し、和やかに式が進められました。
卒業者数は下記のとおりです。

卒業者数

経済学部

5名

文学部

8名

法学部

5名

合計

 

18名


 

ページの先頭へページの先頭へ

 
ニュースケンブリッジ大学ペンブルック劇団による「から騒ぎ」成蹊公演事前ワークショップが開催されました。
9月25日(土)、ケンブリッジ大学ペンブルック劇団による「から騒ぎ」成蹊公演が成蹊大学4号館ホールにて開催されます。ペンブルック劇団はハリウッド・スターも生み出した名門劇団で、成蹊公演は4度目となります。
24日(金)は公演に先立ち、ペンブルック劇団の学生による大学生向け事前ワークショップが行われました。参加者全員がグループに分かれ、劇団の学生の指導のもと劇中の音楽に合わせてダンスを練習し互いに披露しました。
9月25日(土)の本公演は、地域の方をはじめ、一般の方の参加も可能です。申込不要ですのでぜひ足を運んでみてください。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部で2010年度「一日体験科学教室」が行われました。
7月18日(日)・25日(日)に2010年度「一日体験科学教室」が行われ、200名もの高校生および高校の先生方に参加していただきました。
昨年度までは物質生命理工学科の行事として開催してきましたが、今年は理工学部全体として実施しました。
化学・生物分野のみならず物理・電気・機械工学・情報科学などの多彩な分野のテーマで、多くの高校生に科学の面白さを体験してもらえたのではないかと思われます。
参加者は化学や物理などの理科に強い興味を抱いている高校生が多く、実験終了後の教員との懇談時やアンケートに、殆んどすべての生徒が「参加してよかった、楽しかった」と述べており、実験についても多くの生徒が「理解はできた、興味が持てた」としていました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。

10月3日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に法学部の西崎文子教授が出演しました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース国際会議 NBiS2010で、池田誠アジア太平洋研究センター特別研究員と理工学研究科常泉勇さんが賞を受賞しました。

9月14日(火)〜16日(木)に岐阜県の飛騨高山にて開催された国際会議 NBiS2010で、池田誠アジア太平洋研究センター特別研究員と理工学研究科の常泉勇さんが下記の賞を受賞しました。

「Distinguished research award」
池田誠 (アジア太平洋研究センター 特別研究員)
A Comparison Study Between Simulation and Experiment Results for MANETs
Makoto Ikeda, Elis Kulla, Masahiro Hiyama, Leonard Barolli, MakotoTakizawa, and Rozeta Miho
この賞はコンピュータネットワーク研究の中で、特に先端的かつ優れた研究に対して与えられます。
国際会議、ワークショップで発表された92件の論文のなかで1件が選ばれました。

「 Young researcher awards」
常泉勇 (理工学研究科理工学専攻博士前期課程1年)
Hybrid Clock-based Synchronization in a Scalable Heterogeneous Group
Isamu Tsuneizumi, Alixier Aikebaier, Makoto Ikeda, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa, and S. Misbah Deen
こちらはNBiS2010で発表を行った論文の中で、若手研究者の中から特に優れた論文2件の中の1件に選ばれました。

おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース文学部の浅見和彦教授の記事が東京新聞に掲載されました。

文学部の浅見和彦教授(専門分野:日本文学等)の「方丈記」に関する記事が、9月10日(金)東京新聞夕刊4面「あの人に迫る」欄に掲載されました。ぜひご覧ください。

「あの人に迫る」:方丈記800年祭準備委員長 浅見和彦
テーマ:2012年の方丈記800年祭を迎えるにあたり方丈記が残した『貧』の思想について再考する
記事タイトル:豊かな現代こそ「ほどよい貧」を

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の板村賢明助手、大学院生の石川貴大さんが国際会議(ICSF2010)で「Excellent Poster Award」を受賞しました。
理工学部ナノテクノロジー研究室(佐々木成朗 教授)の板村賢明助手、大学院博士前期課程2年生の石川貴大さんが9月13日(月)〜18日(土)に三重県伊勢志摩で行われた国際会議 International Conference of Science of Friction(ICSF2010)において行ったポスター発表に対して、個別のテーマで「Excellent Poster Award」を受賞しました。
受賞論文は、以下の通りです。
おめでとうございます。

板村賢明(理工学部助手):受賞論文「Simulation of Fullerene Molecular Bearings」共著者:三浦浩治(愛知教育大教授)、佐々木成朗(理工学部教授)

石川貴大(理工学研究科博士前期課程2年生):受賞論文「Nanoscale Shear of Opposing Nanoscale Silicon Tips - Molecular Dynamics Study」共著者:板村賢明(理工学部助手)、佐々木成朗(理工学部教授)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊フォーミュラチームが全日本学生フォーミュラ大会に出場しました。

9月7日(火)〜11日(土)、エコパ(小笠山総合運動公園・静岡県)にて第8回全日本学生フォーミュラ大会が開催され、成蹊フォーミュラチームが出場しました。
全日本学生フォーミュラ大会は、学生が自分たちで構想・設計・製作する車両による競技会で、日本の自動車産業の発展に寄与するための学生の「ものづくり育成の場」として、学生の自主的なものづくりの総合能力を養成し、将来の自動車産業を担う人材を育てるための公益活動と位置づけ、2003年にスタートしました。
成蹊フォーミュラチームの試合結果は、約80チーム中総合16位となりました。なお、詳しい試合結果は下記のとおりです。おめでとうございます。今後のご活躍も期待しています。

<SEIKEI Formula Team試合結果>
【コスト審査】9位 
【プレゼンテーション審査】19位
【デザイン審査】11位
【スキッドパッド】34位
【アクセラレーション】29位
【オートクロス】22位
【エンデュランス】16位
【燃費】32位
【総合】16位

<コメント:SEIKEI Formula Teamマネージメントリーダー 大谷 友美(理工学部4年)>
昨年度、当チームは約80チーム中総合40位でした。しかし今年は約80チーム中総合16位と躍進し、上位チームに仲間入りすることが出来ました。チームを応援してくださったスポンサーの方々、教授陣、家族、友人、先輩方にはチームメンバー一同、大変感謝しております。期待に応える成績を残せたことを嬉しく思います。本当にありがとうございました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の岩ア学教授が日本統計学会理事長に選出されました。

理工学部情報科学科の岩ア学教授が日本統計学会理事長に選出されました。岩ア教授は2008年に同学会理事長に就任され、今年度は再任となります。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース関東大学ラグビー対抗戦で慶應義塾大学と対戦しました。
9月12日(日)に青山・秩父宮ラグビー場にて、成蹊大学が慶応義塾大学と対戦しました。
結果は8対35で惜しくも敗れましたが、前半は3対7で中盤までは3対0で成蹊がリードする展開で進むなど、強豪の慶應を相手に低いタックルで抗戦し、最後まで気持ちが途切れることのない熱い試合が繰り広げられました。
次回は9月25日(土)上柚木陸上競技場で対早稲田大学の試合があります。
ひき続き、選手たちへの応援よろしくお願いします!

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース剣道部が第58回全日本学生剣道優勝大会への出場権を獲得しました。

9月12日(日)に第59回関東学生剣道優勝大会が開催されまして、本学が以下の成績により第58回全日本学生剣道優勝大会(10月31日(日)於 大阪府立体育館)の出場権(92出場校中22校)を獲得しました。
これで、剣道部の全日本大会出場は3年連続で、本学剣道部では初の快挙です。

1回戦:シード
2回戦:成蹊大学 3(4)-1(1) 中央学院大学
3回戦:成蹊大学 2(2)-3(4) 國學院大學

<敗者復活戦&全日本出場決定戦>
1回戦:成蹊大学 2(3)-2(2) 帝京大学
決定戦:成蹊大学 5(7)-1(2) 群馬大学

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース平成22年新司法試験で本学から11名が合格しました!

9月9日(木)、法務省より平成22年度新司法試験の結果が発表されました。
本学法務研究科(法科大学院)からの同試験受験者は93名(短答式試験の合格に必要な成績を得た者は56名)、合格者は11名(既修者8名、未修者3名)、合格率は11.8%となりました。
法務省の発表によると、全国の受験者8,163名のうち合格者は2,074名でした。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース水泳部が水球競技で四大戦と全日本学生選手権に出場しました。

【四大戦】
8月25日(水)に四大学運動競技大会水球競技が行われ、成蹊大学が見事優勝しました。
試合結果は以下の通りです。おめでとうございます!

<試合結果>
1位 成蹊大学
2位 学習院大学
3位 成城大学

<水泳部男子主将コメント:佐治 顕行(理工学部)>
四大戦で成蹊大学が総合優勝するために、絶対に他校に負けられないと、意気込んで試合に臨んだ結果、学習院大学・成城大学に大差をつけて快勝することができました(武蔵大学には水球部がないため三校での試合です)。次に控えている全日本学生選手権に向けて良い練習になりました。

【全日本学生選手権】
9月2日(木)に行われた全日本学生選手権水泳競技大会水球競技に出場しました。
試合結果は以下の通りです。

<試合結果>
ベスト16
成蹊大学 VS 筑波大学 5-21

<主将コメント>
初戦で優勝候補ともいわれている筑波大学とあたり、このような結果になってしまいました。しかし、強豪校相手でも諦めず最後までチーム一丸となり全力で戦い抜くことができました。今までよりもさらに、チーム間の絆が強まったと感じています。試合中は、皆様の応援の声がとても大きな励みになりました。ありがとうございます。この大会で4年生は引退します。今後の後輩達の活躍に期待していきたいと思います。これからも変わらぬご声援、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学生の制作した番組がNHK BS1『@キャンパス』で放送されます。

NHK BS1の「大学生が発信する新しい国際情報番組」、『@キャンパス』で、成蹊大学生が制作した番組が放送されます。
皆さん、ぜひご覧ください!

<本放送>
9月23日(木) 23:30〜23:50(NHK BS1)
<再放送>
9月25日(土) 13:15〜13:35(NHK ワンセグ2)
9月26日(日) 深夜3:20〜3:40(NHK BS1)
9月29日(水) 9:20〜9:40(NHK BS1)

『@キャンパス』のホームページはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュースラグビー部が関東大学対抗戦Aグループに出場します。

成蹊大学ラグビー部が、今年も関東大学ラグビー対抗戦Aグループに出場します。

初戦は9月12日(日)、青山・秩父宮ラグビー場で慶応義塾大学と対戦します。
入場券は、初戦当日15時から設営される秩父宮グラウンド入場口前の成蹊大学テントでのご購入をお願いします。
お買い求めいただいた方には「成蹊」応援うちわを差し上げます。

全試合日程は以下の通りです。在学生・教職員・卒業生をはじめ、多くの方々の応援をお待ちしております。
なお、全試合の模様はJ-SPORTSとスカパー!で放送されます。当日ご来場いただけない方々もぜひご覧ください。

〜成蹊大学試合日程および放送スケジュール〜
  9月12日(日) 16:30キックオフ VS慶応義塾大学 青山・秩父宮ラグビー場   16:20〜生放送   スカチャン Ch.801(スカパー!e2)
  9月25日(土) 15:00キックオフ VS早稲田大学  上柚木公園陸上競技場   21:00〜放送   J-SPORTS 1
10月10日(日) 12:00キックオフ VS明治大学    埼玉県営熊谷ラグビー場 深夜1:00〜放送  スカチャン Ch.801
10月24日(日) 12:00キックオフ VS帝京大学    ケーズデンキスタジアム   11:50〜生放送 スカチャン Ch.801
11月  3日(祝) 12:00キックオフ VS日本体育大学 ニッパツ三ツ沢球技場     23:00〜放送    スカチャン Ch.801
11月21日(日) 14:00キックオフ VS筑波大学    埼玉県営熊谷ラグビー場 深夜1:00〜放送 スカチャン Ch.801
11月28日(日) 12:00キックオフ VS立教大学    上柚木公園陸上競技場   深夜1:00〜放送 スカチャン Ch.801

「成蹊」応援うちわの詳細はこちら(学園ニュース)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。

9月5日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に法学部の西崎文子教授が出演しました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース漕艇部が第37回全日本大学選手権大会で入賞しました。

8月19日(木)〜22日(日)に開催された第37回全日本大学選手権大会に漕艇部が出場し、主将の大河原忠輝さん(理工学部4年)が男子シングルスカルの部で見事第8位に入賞しました。おめでとうございます。今後のご活躍も期待しています。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部ユビキタス工学研究室の研究が日本情報産業新聞に掲載されました。
理工学部情報科学科ユビキタス工学研究室で、村上仁己教授の指導のもと、因雄亮君・大家敬士君(共に理工学部4年)が行っている、携帯電話で綺麗な画質でマンガを見ることができるマンガ変換の研究が、日本情報産業新聞8月2日・9日合併号3面に写真付きで掲載されました。最近、電子書籍はたいへん話題の多い分野であり、また、成蹊大学の技術は、既存技術を大幅に上回る特性を示すことから注目されました。
この研究の発表を昨年から学会で行っていたところ、企業や新聞社に注目され今回の掲載になりました。現在、数社とこの技術の商用化について打ち合わせを行っています。また、この技術は「ケータイに漫画変換」ホームページで見ることができます。

「ケータイに漫画変換」ホームページはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース第1回オープンキャンパスを開催しました。
7月31日(土)、8月1日(日)に第1回オープンキャンパスが開催されました。
学部別の体験講義やガイダンス、在学生によるキャンパス見学ツアー、情報図書館見学など多彩なイベントが行われ、初日には過去最高の5,619人、2日目は4,578人の方々にお越しいただき、2日間で10,197人もの皆様にご来場いただき大盛況となりました。

尚、今後のオープンキャンパスの開催予定は次のとおりとなっております。
第2回:10月3日(日)
第3回:11月21日(日)(第3回は大学祭期間中のため内容が一部異なります)
【受付】 【情報図書館見学】 【学生団体活動紹介】
【AOマルデス入試ガイダンス】 【個別相談コーナー】 【体験講義】

オープンキャンパス詳細はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生有志団体「成蹊フレンズUni」が「吉祥寺ふれあい夏祭り」に出店しました。
ボランティア本部Uniと成蹊フェアフレンズの有志が中心となった団体「成蹊フレンズUni」が、成蹊学園創立100周年記念行事の学生企画として、7月22日(木)・23日(金)に「吉祥寺ふれあい夏祭り」に出店し、フェアトレード商品であるコーヒーやクッキーを販売すると同時に、フェアトレードへの理解を深めるための小冊子と成蹊学園創立100周年のリーフレットを配付しました。この企画は、フェアトレードの普及および地域交流を目的とし、すべての売り上げはJICA基金(アフリカ支援)に寄付します。

成蹊学園では、2012年の創立100周年を盛り上げ、新たな出発を記す記念行事の企画を募集しています。
「成蹊の伝統を未来へ繋ぐ」アイデアを多数お寄せください。

創立100周年記念行事 学生企画募集要項はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース本大学院の卒業生が在学中に執筆した論文が日本材料科学会末澤賞(奨励賞)を受賞しました。

理工学部エレクトロメカニクス学科の齋藤洋司教授の電子デバイス研究室に在籍していた本大学院の卒業生が在学中に執筆した論文が、日本材料科学会末澤賞(奨励賞)の対象となり、6月4日(金)に受賞しました。受賞内容は下記のとおりです。おめでとうございます!

受賞者:成田昌平さん(工学研究科電気電子専攻2007年度修了・電子デバイス研究室)
     幸畑隼人さん(工学研究科電気電子専攻2009年度修了・電子デバイス研究室)
対象論文題目:プラズマレスエッチングにより形成したグルーブ状およびハニカム状テクスチャー構造シリコン太陽電池の特性

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。

8月1日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に法学部の西崎文子教授が出演しました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース内部環境監査に在校生が9名監査員として参加しました。

内部環境監査が、6月14日(月)から25日(金)の間で実施され、9名の学生が監査員として参加しました。

<法人区域>   横佩おさむさん
<大学区域>   齊木恭子さん、加藤安紀子さん
<理工学部区域> 和田侑樹さん、下村勇理さん 
<中高区域>   笠原彩加さん、三須智未さん
<小学校区域>  井上侑香さん、宮城宏衣さん 

いずれも学生環境委員会(桃球)のメンバーです。学生の視点から学園のEMS活動を評価できる貴重な機会であると思い参加したとのことです。彼らから、監査を通じて気付いた点や感じたこととして以下のような声がありました。

・環境対策は、できる範囲のことから少しずつ取り組んでいくことが大事であると思った。
・教員が主体でない区域は、環境への意識を高めるのが難しいと思った。
・法科大学院の意識の高さに驚かされた。院生や社会人学生に意識で負けないように、自分達も見習わなければいけないと思った。
・これからは、学生が主体となって環境対策に取り組まなければいけないと思った。
・研究室などは、教員と学生の距離が近いため、意識が高かった。
・桃球の活動を真似て取り組みをしている区域があったのでうれしかった。
・小学校区域は、児童も意識が高かった。

また、これら以外にも内部監査自体がしっかりとしていて驚いたという声もありました。後輩にも是非、内部監査に参加して欲しいとのことですので、次年度以降も学生の活躍を期待していてください。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース前期メディアリテラシー実習(ウェブサイト制作)の作品発表会を行います。

文学部開講科目「メディアリテラシー実習」では、前期、NPO法人「KISS」の協力を得ながら、ウェブサイトの制作実習に取り組んできました。
その作品発表会を以下の通り開催いたします。
学外の方の見学も大歓迎です。
事前の申し込みなどは一切不要ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

日時:7月16日(金)15:00から1時間程度
場所:9号館3階303教室
内容:15人の履修生が、成蹊大学生ならではの視点で吉祥寺を紹介するサイトを制作しました。
    行列で有名な「肉のサトウ」の待ち時間調査、架空のブログ形式によるお店紹介など、内容は盛りだくさんです。
    サイトのデザインも素晴らしいものに仕上がりました。
多くの方に見に来ていただけると嬉しいです!

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース本大学院の卒業生が在学中に参加した映像情報メディア学会2009年冬季大会で学生優秀発表賞を受賞しました。

2009年12月に芝浦工業大学豊洲キャンパスで開催された映像情報メディア学会2009年冬季大会で、当時在学していた本大学院の卒業生が学生優秀発表賞を受賞しました。なお、受賞式は2010年9月1日(水)に行われます。おめでとうございます!

発表者:大学院工学研究科(2009年度当時) 情報処理専攻 認知工学研究室 小林 雄二さん(現在卒業) 他
発表内容:液晶テレビの画質評価に関する研究

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学でドラマ「美丘」の制作発表会見が行われました。
7月4日(日)本館大講堂にて、7月10日(土)スタートの新ドラマ『美丘−君がいた日々−』(日本テレビ系/毎週土曜/21:00)の制作発表会見が行われました。
本学卒業生である石田衣良氏の同名小説が原作で、母校である本学で現在ドラマ撮影が行われています。会見には主演の吉高由里子さん、林遣都さん他、真矢みきさん、寺脇康文さん、谷原章介さんなどが出席されました。
ドラマには、成蹊大学の正門や中庭などが登場します。ぜひチェックしてみて下さい。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュースプレ就職活動ガイダンスがスタートしました(現3年次対象)。
7月6日(火)、経済学部現3年次を対象とした「プレ就職活動ガイダンス」を開催しました。今秋からスタートする就職活動のために、今準備しておくことや心がまえを中心に説明があり、400名の経済学部生が熱心にメモをとっていました。

なお、引き続き以下の日程でガイダンスを開催します。必ず出席して下さい。
6日のガイダンスを都合により欠席した経済学部生は、法学部、文学部のガイダンスに出席して下さい。

<プレ就職活動ガイダンス開催日程>
理工学部: 7月7日(水)   18:30〜19:30
法学部  : 7月8日(木)   18:30〜19:30
文学部  : 7月12日(月) 18:30〜19:30

会場はすべて4号館ホールです。必ず学生証を持参して下さい。

詳しくはこちら(キャリア支援センターページ)
ページの先頭へページの先頭へ
ニューステコンドーサークルCHONJIの学生が第10回埼玉県テコンドー選手権大会で入賞しました!
7月4日(日)に埼玉県の戸田市スポーツセンターで行われた「第10回埼玉県テコンドー選手権大会」で、河合敦史さん(理工学部2年)がマッソギ(組手)有級スーパーマイクロ級で優勝、福田彩子さん(文学部2年)がトゥル(型)黄緑帯成年女子の部で第2位の好成績を修めました。おめでとうございます!今後のご活躍も期待しています。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース新たに、大学卓球場入口にAEDが設置されました。
6月30日(水)、AED(自動体外式除細動器)が新たに大学卓球場に設置され、大学卓球場はもちろん、隣接する北プールやテニスコート、サッカー場等から、緊急時には逸早く取りに行くことができるようになりました。

学園内AED配置場所
AEDを用いた救急蘇生法(PDF)
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース「地球温暖化対策と国際貿易の法律問題」の講演会が行われました。

6月30日(水)、成蹊大学5号館にて、松下滿雄名誉教授による法学研究会講演会「地球温暖化対策と国際貿易の法律問題」が行われました。約200名の来場者の方が訪れ、先生のお話に熱心に耳を傾けていました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース水泳部が水球競技で一部へ昇格しました!
7月3日(土)・4日(日)に、2010年度関東学生水球リーグ戦兼第86回日本学生選手権水泳競技大会(水球競技)関東支部予選会が行われ、水泳部が出場しました。
3日(土)は明治大学を8-5で破り、二部準優勝、日本学生選手権(インカレ)への出場権、一部入替戦の権利を獲得しました。2009年度よりインカレの出場枠が予算の関係で14校から10校に削減されたなか厳しい戦いでした。
また、4日(日)には一部入替戦が行なわれ、仙台大学を10-5で破り12年ぶりの一部昇格を果たしました。
先日の高校水泳部が27年ぶりの関東大会出場、今回の大学水泳部の一部昇格と快挙が続きました。

<水泳部主将コメント>
皆様のご支援、ご協力のお陰で念願の一部昇格を果たすことができました。
近年成績が振るわない状況でありながらも、切磋琢磨し合える機会を設けて下さる学校・関係者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
私たちはこの結果に甘んじることなく、日本学生選手権大会に向けて日々練習に精進していきます。ありがとうございました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊教養カリキュラムの駒谷真美非常勤講師の授業がテレビ朝日の「はい!テレビ朝日です」で放送されます。
テレビ朝日「はい!テレビ朝日です」で、成蹊教養カリキュラムの駒谷真美非常勤講師(昭和女子大学准教授)が取材協力をした授業が放送されます。ぜひご覧ください。

<番組名>テレビ朝日 はい!テレビ朝日です 出前授業@テレ朝(テレビ局の仕事やニュースが放送されるまでの仕組み等を紹介するコーナー)
<放送予定内容>6月21日(月)に4号館ホールにて行われた駒谷先生の授業風景  東京大学×テレビ朝日共同研究の「ろっぽんプロジェクト」の3年間の総括中心+大学の出前授業を紹介
<放送日時>7月18日(日)午前4:50〜5:20

番組ホームページはこちら(無料配信公開予定)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の田中俊光教授が日本機械学会環境工学部門功績賞を受賞しました。

6月26日(土)、理工学部の田中俊光教授が日本機械学会環境工学部門功績賞を受賞しました。この賞は毎年1名が選出されるもので、環境工学部門長や第一技術委員会(振動騒音)委員長などを歴任し同部門の発展に貢献したことに対して授与されました。おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース本当の就職力が育つ大学ランキングで成蹊大学が第3位となりました。

日経HRより出版された冊子「受験から就職まで 親と子のかしこい大学選び」2011年版に掲載されている、『本当の就職力が育つ大学ランキング』にて成蹊大学が3位となりました。ぜひご覧ください。

出版社:日経HR
冊子名:受験から就職まで 親と子のかしこい大学選び 2011年版(日経キャリアマガジン特別編集)
発行:2010年6月10日
定価:980円(税込み)

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の西崎文子教授がTBSテレビ「サンデーモーニング」に出演しました。

7月4日(日)放送のTBSテレビ「サンデーモーニング」に、法学部の西崎文子教授が出演しました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生環境委員会「桃球」がタンブラーの販売を開始しました。(紀伊国屋ブックセンターにて販売中)
桃球が、紀伊国屋ブックセンターにて、タンブラーの販売を開始しました。タンブラー利用を普及させることにより、ペットボトルごみの削減を目指しています。
斜めにしてもこぼれない仕様になっており、また、ワンコイン(500円)で購入することができます。タンブラーを購入する際、柄(台紙)を2種類選択することができます。SEIKEIのロゴ入りの柄もあり、自分の好みに合せてコーディネートできます。柄の種類も今後増やしていく予定です。
欅祭等のイベント時にも販売し、売り上げの一部を「緑の募金」に募金する予定ですので、是非チェックしてみてください。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース第42回成蹊レガッタが開催されました。

6月24日(木)に戸田オリンピックボートコースで成蹊レガッタが開催されました。昭和44年に第1回大会が行われてから、今回で42回目となります。成蹊レガッタは成蹊大学体育会本部主催・成蹊大学体育会漕艇部後援で毎年6月下旬に開催され、成蹊大学の学生・教職員であれば誰でも参加することができます。学生たちはサークル、ゼミ、研究室などから5人1組のチームを結成し、ナックル・フォアという艇でのレースに参加します。
今年も 晴天に恵まれ、ゼミやクラブの学生、学長や教職員など多くの参加者が青空の下で白熱したレースを繰り広げました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース経済学部の丸山桂准教授が生活経済学会より生活経済学会奨励賞を受賞しました。

経済学部の丸山桂准教授(専門分野:社会保障論・女性労働論)が、著書「就業形態の多様化と社会保険の適用状況に関する国際比較」(全労済協会・2008年)にて、生活経済学会より2009年度生活経済学会奨励賞を受賞しました。おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース漕艇部が第32回東日本大学選手権競漕大会に出場し優勝しました!
6月12日(土)・13日(日)に行われた第32回東日本大学選手権競漕大会に漕艇部が出場し、主将の大河原忠輝さん(理工学部4年)が男子シングルスカルの部で見事優勝しました。おめでとうございます!

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の今井貴子准教授の記事が朝日新聞に掲載されました。

法学部の今井貴子准教授の記事が、6月11日(金)朝日新聞朝刊15面オピニオン欄に掲載されました。ぜひご覧ください。

テーマ:二大政党制のいま
記事タイトル:社会とのつながり再構築を

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース四大学運動競技大会闘魂決起大会が行われました。
6月8日(火)本館前にて四大学運動競技大会闘魂決起大会が行なわれました。亀嶋庸一学長、三浦國泰学生部長による激励の挨拶の後、参加者全員で、優勝目指して戦い抜くことを誓いました。
今年の四大学運動競技大会第 61回大会は10月 15日(金)〜17日(日)まで 学習院大学で開催されます。
優勝を目指してがんばってください!

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース学生環境委員会のメンバーが高尾山にゴミ拾いに行きました。
6月6日(日)に学生環境委員会「桃球」のメンバーが高尾山にゴミ拾いに行きました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュースダンスサークルDance Team JAM[z]がDANCE@LIVE FINAL2010に出場し大学生部門で日本一になりました!

4月25日(日)に両国国技館で行われたストリートダンス大会「DANCE@LIVE FINAL2010」に、ダンスサークル「Dance Team JAM[z]」から、小林悠里さん(文学部英米文学科4年)、鎌田達也さん(経済学部経済経営学科4年)、根津遼平さん(経済学部経済経営学科3年)の3名が、成蹊大学代表として今大会の大学生部門の最終決戦に出場しました。見事優勝し、大学生部門で日本一になりました!おめでとうございます!引き続き、今後のご活躍も期待しています。

<出場者の小林悠里さん(文学部英米文学科4年)のコメント>
私達は真剣にストリートダンスと向き合い、3人で成蹊大学の看板を背負ってこの1年間戦い続け、結果日本一になれて本当にうれしく思っています。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース2010年度学内陸上競技大会を開催しました。
5月28日(金)に2010年度学内陸上競技大会(通称「学陸」)がけやきグラウンドで行われました。本年度は天候に恵まれ、団体・個人競技ともに、体育会・文化会団体やクラス・ゼミ単位で多数の学生が参加しました。大会終了時には優勝団体にトロフィーなどが贈られ、学生たちの晴れ晴れとした表情を見ることができました。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の原節子教授が日本油化学会にて学会賞を受賞しました。

理工学部の原節子教授(専門分野:脂質化学・食品化学)が、「天然油脂の品質管理と有効活用に関する研究」の研究業績により、第44回日本油化学会学会賞を受賞しました。おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース経済学部の幸村千佳良特任教授の記事が日本経済新聞に掲載されました。
経済学部の幸村千佳良特任教授 (専門分野:応用マクロ経済学・金融論・景気循環論)の景気動向指数に関する記事が、5月31日(月)日本経済新聞朝刊19面「経済教室」に掲載されました。ぜひご覧ください。

「経済教室」:景気動向指数に課題/『実態』と乖離(かいり)、見直し急げ
 

幸村千佳良特任教授ホームページの景気動向指数に関する掲載はこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の小島紀徳教授が日本沙漠学会にて学会賞を受賞しました。

理工学部の小島紀徳教授(専門分野:化学工学・環境工学・エネルギー工学)が、「乾燥地の工学的利用と大規模植林による炭素固定に関する一連の先進的な研究」の研究業績により、日本沙漠学会学会賞を受賞し、5月29日(土)の日本沙漠学会第21回学術大会にて表彰式が行われました。おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース文学部の浅見和彦教授の新刊本『古事談抄全釈』(笠間書院)が出版されました。

成蹊大学文学部学会では研究成果出版助成を行っています。その研究成果出版助成による文学部の浅見和彦教授の新刊本『古事
談抄全釈』(笠間書院)が出版されました。本書は、初めて「古事
談抄」の全訳がなされたものです。
ご興味のある方はぜひお求めください。

  

  『古事談抄全釈』
浅見和彦・伊東玉美・内田澪子・蔦尾和宏・松本麻子編
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース第89回関東学生陸上競技対校選手権大会(後半戦)400mリレーで6位に入賞しました。

5月22日(土)、23日(日)に第89回関東学生陸上競技対校選手権大会(後半戦)が行われました。
男子2部400mリレーは34大学が参加する中、準決勝を4位で通過し、決勝では並みいる強豪と良く戦い、成蹊大学は41秒33という記録タイムで昨年同様6位に入賞する事ができました。おめでとうございます! 
結果と選手のプロフィールは下記の通りです。

400mリレー決勝 
1着 大東文化大 40秒36
2着 日体大   40秒37
3着 都留文科大 40秒54
4着 駿河台大  41秒02
5着 東京経済大 41秒05
6着 成蹊大   41秒33
7着 横浜国立大 41秒35
8着 東京学芸大 41秒56

成蹊大学選手
第1走者 松崎靖英 理工学部4年
第2走者 宮崎宏仁 法学部3年
第3走者 小野塚司 理工学部1年
第4走者 田中俊  法学部4年

なお今後の試合予定は下記の通りです。応援宜しくお願いいたします。

6月26日 私学4大学戦(明学、独協、上智) 於:町田市立陸上競技場
7月3日 私学8大学戦(成蹊主催) 於:八王子上柚木陸上競技場

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース第89回関東学生陸上競技対抗選手権大会 男子2部100m決勝で法学部4年田中俊君が3位、法学部3年宮崎宏仁君が7位に入賞しました。

5月15日(土)、16日(日)の2日間、関東学生陸上競技連盟に所属し所定の標準記録を突破した90校、1800名の選手が国立競技場に集い、各種目に覇を競いました。
成蹊大学は、昨年末にけやきグラウンドが完成し選手のモチベーションも高いなか、100m2名、400mリレー、1600mリレーに合計11名の選手が参加しました。
男子2部100m決勝では、強豪日体大を相手に善戦し、昨年度まで2連覇している法学部4年田中俊君が3位に入賞し表彰台に上がりました。また、法学部3年宮崎宏仁君が7位入賞し、成蹊大学からは100m決勝2名出場という快挙を達成しました。おめでとうございます!

男子2部100m決勝タイムは下記の通りです。
1位 福島裕之(日体大)10秒44
2位 平山大樹(創価大)10秒56
3位 田中俊(成蹊大法4年)10秒62
7位 宮崎宏仁(成蹊大法3年)10秒74


10月には箱根駅伝予選会が立川市内周回コースで開催されます。箱根駅伝の本戦に出場することは至難の業ですが、予選会も2万人近い応援の人で道路が溢れます。ぜひ、けやきグラウンドで日々走り込む選手たちへの応援宜しくお願いいたします!

100m予選での
田中俊君の快走(予選一着)
100m入賞者表彰式 成蹊大学100m入賞の二人
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース『成蹊大学人文叢書』第7巻「探究するファンタジー〜神話からメアリー・ポピンズまで」を出版しました。
成蹊大学文学部学会では、学生や一般の方向けの図書である『成蹊大学人文叢書』をほぼ毎年編集・出版しており、2009年度末で第7巻となりました。1巻を除きまして、風間書房から出版され、市販もされております。第7巻は『探究するファンタジー〜神話からメアリー・ポピンズまで』です。
ご興味のある方はぜひお求めください。

【執筆者紹介】
吉田敦彦(よしだ あつひこ)
 学習院大学名誉教授。神話学。
三浦國泰(みうら くにやす)
 成蹊大学文学部教授。ドイツ文学・芸術理論。
多ケ谷有子(たがや ゆうこ)
 関東学院大学文学部教授。中世英文学、比較文学、比較文化学。
田辺春美(たなべ はるみ)
 成蹊大学文学部教授。英語史、中英語。
正岡和恵(まさおか かずえ)
 成蹊大学文学部教授。イギリス・ルネサンス期の文学。
伊藤盡(いとう つくす)
 信州大学人文学部准教授。英語史、古北欧語。
大熊昭信(おおくま あきのぶ)
 成蹊大学文学部教授。イギリス文学。
遠藤不比人(えんどう ふひと)
 成蹊大学文学部准教授。イギリス文学、文化理論。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学ラグビー部が東日本大学セブンズ大会コンソレーショントーナメントで優勝しました。
5月9日(日)、秩父宮ラグビー場第11回 東日本大学セブンズ選手権大会(主催:関東ラグビーフットボール協会)が開催されました。
成蹊大学ラグビー部は、午前中に行われた1回戦で大東文化大学に12対26で敗れたものの、午後から始まったコンソレーション(敗者復活戦)では、埼玉工業大、中央大、東京都市大に勝利し、日本体育大学と17対17で引き分けて両校優勝となりました。

平成16年(2006年)から東日本大学セブンズに出場して以来、初めての優勝です。おめでとうございます!
 

関東ラグビーフットボール協会のホームページはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース剣道部3年生の平野寛俊さん、尾花春貴さんが第58回全日本学生剣道選手権大会への出場権を獲得しました。

5月9日(日)に第56回関東学生剣道選手権大会が日本武道館にて開催されました。
関東という激戦区を本学剣道部出場5名中、以下の2名が第58回全日本学生剣道選手権大会(インカレ)への出場権を獲得しました。
第58回全日本学生剣道選手権大会への出場枠はエントリー490名中56名です。

平野寛俊さん(文学部3年生)
尾花春貴さん(法学部3年生)

剣道部としては史上初の複数名のインカレ出場とのことです。
おめでとうございます。

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学研究所設立記念 第3回私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウムを開催します。

理工学研究所設立記念
第3回 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム(公開)

「人と環境に優しい統合化された社会システム研究基盤整備」

日      時:2010年5月15日(土) 13:00〜17:00
場     所:成蹊大学 大学14号館5階 実験演示室

開催のご案内・お問合せはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
ニューステコンドーサークルCHONJIが第5回アジアテコンドー選手権大会に出場し銅メダルを獲得しました!
4月24日(土)〜28日(水)にカザフスタンのアルマトイで行われた第5回アジアテコンドー選手権大会に、主将の大谷悟さん(経済学部4年)が日本代表として出場し、団体トゥル(型)で見事第3位に入賞して銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!

ページの先頭へページの先頭へ
 
ニュース法学部の高安健将教授がBSフジ「プライムニュース」に出演しました。
5月7日(金)放送のBSフジ「プライムニュース」に、法学部の高安健将教授が出演しました。

5月7日(金) 20:00〜21:55
BSフジ 「プライムニュース」<速報!イギリス総選挙 日本政界地図も激編?>
ページの先頭へページの先頭へ
 
ニュースハイチ支援に対する正式な受領報告と感謝状がありました。
ハイチ支援募金活動に関する、企画者文学部国際文化学科3年の岡田宏太君(協力:学生ボランティア本部 Uni、学生有志)からの報告を以下の通り掲載いたします。

日本赤十字社より、ハイチ支援に対する正式な受領報告と感謝状がありました。この感謝状は、ハイチのために行動を起こした
成蹊大学の学生や教職員の皆様全員に宛てられたものです。改めまして皆様の温かいご協力に感謝します。

受領報告の感謝状はこちら

 
ページの先頭へページの先頭へ
 
ニュース経済学部の丸山桂准教授の記事が朝日新聞に掲載されました。
経済学部の丸山桂准教授の子ども手当に関する記事が、4月22日(木)朝日新聞朝刊17面「耕論」に掲載されました。

「耕論」テーマ:子ども手当は役に立つか
記事タイトル:満額支給よりサービス充実を
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース理工学部の佐々木成朗教授のグループの研究が日刊工業新聞で紹介されています。
日刊工業新聞の4月5日(月)朝刊18面の「キラリ☆研究開発」で、理工学部物質生命理工学科の佐々木成朗教授のグループの研究が「分子ボールで摩擦ゼロ!?ナノの世界を調べよう(前編)」という記事で紹介されています。ナノテクノロジー研究の悪戦苦闘の現場と、摩擦を制御する事で広がる技術発展の可能性が、マンガで平易に解説されています。後編は4月19日(月)掲載予定です。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース大学入学式が行われました。

4月3日(土)、ほぼ満開となった桜が咲くなか、2010年度入学式が行われました。学部生1814名(大学院生186名)の新たな仲間を迎え入れた学内は、勧誘に励む在学生たちの声で賑わい、初々しいスーツ姿の新入生が先輩たちの声に耳を傾けていました。
なお、成蹊大学の入学式当日の模様は、明日4月6日(火)のフジテレビ「めざましテレビ」で7:30〜7:45頃放送される予定です。

今年の入学者は以下の通りです。

 学部    研究科    
 経済学部

501名 

 理工学研究科 博士前期課程 106名 博士後期課程  4名
 理工学部

363名 

 経済経営研究科 博士前期課程  10名 博士後期課程  0名
 文 学 部

483名 

 法学政治学研究科 博士前期課程   1名 博士後期課程  1名
 法 学 部

467名 

 文学研究科 博士前期課程  18名 博士後期課程  5名
     法務研究科

41名

 学部計

1,814名

 大学院計
 (前期・後期・法科)
             186名

 

ページの先頭へページの先頭へ
ニュース法学部の富田武教授の記事がロシアの学術誌「Voprosy istorii」3月号に掲載されました。
法学部の富田武教授が、ロシアの代表的な歴史学術誌「Voprosy istorii(歴史の諸問題)」3月号に「日本帝国主義の政策に関する偽造された文書」を投稿、掲載されました。
1927年田中義一首相が天皇に上奏したとされる偽書で、ロシアでは今日も本物扱いされているため、モスクワ公文書館の文書に基づき反証したものです。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース新入生へのクラブ・サークル団体の勧誘活動が行われました。
4月1日(木)、この春新たに成蹊大生となる新入生がプレースメントテストや学生証交付、健康診断などのためキャンパスを訪れました。初々しい新入生に対し、各種クラブ・サークル団体の先輩たちが熱心に勧誘活動を行っていました。構内の桜も随所に花開き、3日(土)の大学入学式や4日(日)の成蹊桜祭の頃には、満開に近い見頃の時期となりそうです。
ページの先頭へページの先頭へ
ニュース成蹊大学ラグビー部が「第52回 YC&AC JAPAN SEVENS」に出場します。
成蹊大学ラグビー部が4月4日(日)、横浜市中区のYC&AC(横浜カントリー&アスレチッククラブ)において開催される「第52回 YC&AC JAPAN SEVENS」に出場します。
これは、2016年からのオリンピック正式種目に決まり、注目を集める7人制ラグビーの大会です。初戦の対戦相手は早稲田大学です。入場無料ですのでぜひ皆さま応援に来てください。

日本ラグビーフットボール協会公式ホームページはこちら

ページの先頭へページの先頭へ
大学TOPへ

お問合せ先
成蹊大学企画運営部企画運営課
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3531