HOME > キャンパス・施設

緑豊かでアカデミックな雰囲気ただようワンキャンパス
明るい講義室と図書館 豊富な実験施設

都会と自然が同居する緑豊かな吉祥寺のキャンパス。物質生命理工学科の学生は、物理・化学・生物というこれまでの学問分野にとらわれない柔軟な思考法を元に、ナノサイエンスやライフサイエンスそして地球環境問題など次世代に繋がる最先端の知識とテクノロジーを学びます。
その学舎(まなびや)である施設・設備の一端を紹介しましょう。

キャンパス紹介

欅並木

成蹊学園が池袋から吉祥寺に移転した後1924年(大正13年)に植樹された欅並木。高さ25mを超える欅の高木が、本館前と外周路を合わせて120本以上。成蹊だけではなく武蔵野市のシンボルとしても親しまれています。

ワンキャンパス

当大学では1年生から4年生まで、全ての学部の学生が吉祥寺駅から歩いて15分ほどのところにある自然に恵まれたひとつのキャンパスで学びます。個性を尊重する教育はこの人と人とが身近にふれあえる環境に守られています。

情報図書館

欅並木を進み、正門を入ると左手に情報図書館があります。2006年にオープンした情報図書館は、書籍の他にデータベースやインターネット等の最新の情報検索手段を備えています。また、地下には東京で最大規模を誇 る自動書庫があり、閉架の蔵書をスピーディに手元に届けることができます。ガラス張りのアトリウムと、欅をイメージしたドーム型のグループ閲覧室は開放感があり、快適な学習環境を提供します。落ち着いて学習をしたい人のためにも、266席の個室閲覧室が設けられています。



14号館

欅並木からキャンパスを通り抜けると2002年に竣工した14号館があります。ここには理工学部で使用する実験室、演習室、パソコン室、製図室などがあります。実験・実習の多くや大学院の講義は新しいこの建物で実施されます。

学科の教育施設

学生実験用実験室

2年〜3年次に開講される「物質生命実験 I〜III」では、学生実験だけのための専用実験室において、化学・生物・物理分野における基礎から応用に至る多くの内容を、実験・実習を通して体験的に学びます。


物理系実験室


化学・生物系実験室

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.