HOME > 研究室紹介

研究室紹介

物質・ナノサイエンス分野

数理解析研究室

近 匡 profile homepage

物質・生命・人間・社会。
背後にひそむ数理を探る

科学技術の基礎となる様々な自然現象を数理物理学の立場から捉え直し、コンピュータシミュレーションの手法を用いてその解析と理論的予測を行っています。具体的には、加速器実験における素粒子反応、ナノテクノロジーの実現に結びつく量子力学的世界の視覚化、カオスや自己組織化に代表される様々な複雑系現象、社会インフラ整備問題などを研究対象としています。

物理シミュレーション研究室

富谷 光良 profile homepage

コンピュータは地球を救う

量子効果を利用したナノサイズのデバイスの基礎的研究を、コンピュータシミュレーションで行っています。量子コンピュータの実現も、もうすぐかも。また、リモートセンシングで地球を覗いてみましょう。そして、頭脳の働きをコンピュータ上に再現したニューラルネットワークで衛星からの画像データを解析していきます。この研究室 には刺激的で身近なテーマが不足することはありません。

薄膜・表面物性研究室

中野 武雄 profile homepage

原子・分子を思い通りに積み重ねて
最先端材料を生み出す

原子・分子から堆積させた固体薄膜の作製法や、その性質について物理工学の立場から研究しています。固体の表面・界面を用いた信号・エネルギー・物質流のより良い制御を可能とし、新たな最先端機能デバイスの実現を目指していきます。

 

物質計測・イメージング研究室

青柳 里果 profile homepage

生体分子の分布や構造変化を明らかにする

物質の性質は、不純物や化学状態に大きく支配されています。本研究室では電子、イオン、電磁波を使って半導体などのハイテク材料を原子・分子レベルで正確に 計測し、未来の材料開発に応用する研究に取り組んでいます。さらに、この計測技術を、新たにバイオ材料の評価や環境計測に応用するための研究も行っています。

ナノ物性研究室

門内 隆明 profile

非平衡統計力学を構築しナノサイエンスを切り拓く

平衡統計力学はアボガドロ数個の原子・分子からなるマクロ系に対して定量的な解析が可能な唯一無二の理論です。しかし、ナノサイエンスで扱うような微小な対象や輸送現象は従来成立範囲外とされてきました。従って、これらを扱える理論の構築は急務です。
本研究室では、非平衡統計力学を構築するための実践の場としてナノ系や冷却原子系を位置づけて、操作的な観点からのアプローチを行っています。

 

化学・ライフサイエンス分野

天然物応用化学研究室

原 節子profile homepage

天然物の機能を解明し、その向上と活用を図る

食品・化粧品・医薬品に利用できる様々な高機能性脂質を天然脂質から酵素的に調製するとともに、これらを安全に利用するために必要な、新たな酸化防止法について、各種天然化合物を用いて検討しています。また、未利用油脂資源に含まれる各種機能性物質の有効利用法の開発を含め、脂質を中心とした天然物をヒトとの関わりの中から研究しています。

細胞分子デバイス研究室

久富 寿 profile homepage

バイオテクノロジーによる医療貢献

病気の発症や進行には細胞中の遺伝子やタンパク質の変化が関係しています。その変化を解明し、分子レベルで正しい状態に戻すことができれば、病気の予防や治療に役立ちます。我々は、未知の遺伝子やタンパク質の新たな機能の発見などを通じ、病気の発生原因の解明や効率的な治療薬、再生医療への応用などを目指しています。

有機化学研究室

横山 明弘 profile homepage

医薬品からプラスチックまで幅広く研究する

私たちの身の周りには医薬品やプラスチックなど数多くの有機化合物が存在し、日常生活において重要な役割を果たしています。これらの効率的な合成方法の開発や、画期的な生物活性あるいは面白い構造を持つ新規化合物の合成を目指しています。

応用錯体化学研究室

坪村 太郎 profile homepage

無限の力を持つ金属元素の化学

自然界では植物の光合成、血液中の酸素運搬をはじめ、金属元素が中心的な働きをしている化合物(錯体)が数多くあります。本研究室では新しい錯体を次々に合成して、構造や性質を調べています。合成した錯体について、発光素子など新材料としての機能、触媒としての応用のほか、イオン液体中での金属の挙動など新しい分野でも多くの機器を駆使して研究しています。

生体分子化学研究室

戸谷 希一郎 profile homepage

甘いだけじゃない、糖が制御する生体機能の研究

糖鎖は糖タンパク質や糖脂質の構成成分としてわれわれの体の機能を調節する生体情報分子です。その糖鎖情報はインフルエンザ、ガン、糖尿病、アルツハイマーなどの発症にも関与するため、糖鎖機能の解明はこれらの予防・診断・治療に繋がります。糖鎖機能を分子レベルで理解することを目指し、糖鎖生命現象を化学的に探るケミカルバイオロジー研究を展開していきます。

環境・エネルギー分野

環境化学工学研究室

山崎 章弘 profile homepage

環境問題の解決に必要な道具を作り出す

われわれを取り巻く環境は、大気、水、土壌、生態系、そして人間といったさまざまな要素が複雑に絡まり合った巨大なシステムです。研究室では、環境をシステムとしてとらえ、化学工具を道具にしてよりよい環境を創造するための技術の研究を行っています。具体的な対象としては、地球温暖化対策としての温室効果排出削減技術、廃コンクリートやプラスチックなどのリサイクル技術を中心に、地球環境から地域環境まで幅広い範囲の環境問題を科学技術の力で解決することを目標としています。

環境材料化学研究室

里川 重夫 profile homepage

地球を守る技術の研究

環境汚染、地球温暖化、資源枯渇など人間社会を取り巻く環境はますます厳しくなります。これらの諸問題を解決する手段として、新規のナノ細孔材料を設計、合成し、環境エネルギーに関わる反応への新たな提案を行います。

プロセスシステム研究室

小島 紀徳 profile homepage

地球環境・エネルギー・材料・分離

世界の国々や私たちの子孫のことも考え、地球人類にとって必要なことを行う―それが私たちの使命です。今後窮乏が心配される様々な資源。その資源を有効に使い、リサイクルする新しいプロセス。地球環境問題、地球温暖化、砂漠化、酸性雨。これらの問題を防ぐための、地球に優しいプロセス。私たちはシステム的アプローチで解決を目指します。

バイオエレクトロニクス研究室

鈴木 誠一 profile homepage

生体に学び、生体を超える

電子工学技術を用いて、細胞・DNA・タンパク質などの生体試料を対象に研究しています。分野に依存しない自由な発想で生物を研究し、ヒューマンインターフェース、医用工学、環境問題などのさまざまな分野で、新しい応用を創り出していきます。

分野 物質・ナノサイエンス 環境・エネルギー 化学・ライフサイエンス
理学 物理学・数学など 化学・生物学など
研究室 ナノテクノロジー 環境化学工学 天然物応用化学
薄膜・表面物性 環境材料化学 細胞分子デバイス
物質シミュレーション プロセスシステム 有機化学
物質情報計測 バイオエレクトロニクス 応用錯体化学
数理解析 生体分子化学
工学 計測工学・物理工学 材料化学・環境工学・
化学工学
応用化学・生物化学
就職先 光、通信、エレクトロニクス、計測など プラントエンジ、環境、
エネルギー、化学など
化学、製薬、医療、
化粧品、食品、香料など

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.